会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

ガス

食材の下ごしらえを電子レンジで
食材の下ごしらえはガスコンロ使いよりも電子レンジを活用。電子レンジを使うことで、調理時間がガスより短縮でき、光熱費の節約につながる。また、食品の水分子に反応して熱が発生しくみになっているため、水を...
お風呂には次々に入る
お風呂に入るのにだらだらしていると、いくら暖まりにくく冷めにくい水であっても、水温が下がり、追い炊きする必要がでてくる。自動温度調節機能が付いているものは、設定した温度を保とうとするので、長い時間...
お風呂にフタを
お風呂でのガス代節約には温度低下を押さえるかということが重要。フタをすることで、温かさをできるだけ逃がさないようにする。
シャワーはこまめにとめる
シャワーは1分間で約3.6円のガス代がかかる。17分出しっぱなしにすると、浴槽1杯分のお湯がたまり、ガス料金は普通に給湯した場合もシャワーの場合も約60円程度。シャワーを使う時間を減らすとガス料金や水道料金...
食器は水洗い
冬の寒い時期は、お湯を出して食器を洗っていると思いますがゴム手袋をつけて洗うと、冷たい水でも平気。できるだけ水洗いを。ゴム手袋をはめることで手あれ防止にも。
ひとつの鍋で数品のおかず作り
「肉をゆでる」、「野菜をゆでる」、「スープをつくる」を別々の鍋でするのではなく、ひとつの鍋で仕上げてしまう。豚肉と野菜を同時にゆで、豚肉はゆで豚に、野菜はドレッシングをかけて温野菜に、ゆで汁を調味...
フライパンを上手に利用する
フライパンは底が平らで広いので、火の通りがとても早い。揚げ物、煮物も少量ならばフライパンで十分できる。うどんやスパゲティも1人分なら麺同士がくっつかないようにさえ注意すれば問題ない。もちろんフライパ...
少ないガスコンロで調理を
ガスコンロが2つも3つもあると、ついつい同時に使ってしまいがちに・・・しかしコンロはそれぞれ温めの時間を要するため、なるべく1つのコンロを続けて使うようのがコツ。点火時にもガスを多く消費するため、少な...
コンロの掃除はこまめに
ガスコンロのバーナーが目詰まりをおこしていると、火力が弱まり、十分にエネルギーを伝わらなくなってしまう。こまめに掃除することで、熱効率のロスを防ぐことができる。
給湯器のお湯を沸かす
給湯器のお湯は普通の水道水と同じように基準に合格したものなので飲んでも大丈夫。水道水をそのままやかんに入れて沸かすよりも給湯器のお湯を沸かした方が水から沸かすより時間短縮にでガス代も少なくて済む。...
お鍋の底は水気を拭いてから
濡れていると、底を乾かすためにもガス代がかさんでしまうため、お鍋の底はしっかりと水気をふいてから火にかけるようにする。
お鍋のフタは大切
フタを活用することで、熱を逃さず、調理にかかる時間を短縮することができる。汁気を飛ばす必要のない料理にはフタを。
圧力鍋や土鍋を利用する
圧力鍋や土鍋は熱が逃げにくい構造に作られているため、でガス代の節約&調理時間の短縮に。圧力鍋は特に値段も高く使い方にコツが必要なため敬遠されがちだが、慣れてしまえばとってもに楽に料理ができるように...
バスタオルでガス代節
約煮物などを作るとき、沸騰したら途中で火を止めて鍋をバスタオルでくるんで数十分・・・これで火が通ってしまう。これだけでしばらくの間は煮込んでいるのと同じ状態が保てる。
ガスコンロは中火で
一番効率のいい火加減は中火。強火にすると、必要のないところにまで炎がいき、その分が無駄になってしまったり、弱火だと逆に時間がかかりすぎる。強火で一気に炒めたり、弱火でコトコト煮込まなければならない...

>>トップページへ戻る