会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

ヒスタミン

ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種。普通は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに存在するが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出される。
放出されたヒスタミンは体内各所にあるヒスタミン1型受容体(H1受容体)というたんぱく質と結合し、鼻水、発赤・かゆみ・浮腫(ふしゆ)・痛み・気管支収縮といったアレルギー症状が起こす。
 
ヒスタミンを抑えるためには抗ヒスタミン薬が有効です。
抗ヒスタミン薬類は以下の症状を防ぎます。

・ 気管支の収縮
・ じんま疹
・ 皮膚の赤み、痒み
・ 流涙
・ 鼻漏

【ヒスタミン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconあか・あかすり
aiconあか・あかすり
aicon白色脂肪細胞
aiconインシュリン
aicon褐色脂肪細胞
aiconホルモンバランス
aiconリンパ節
aiconリンパ管
aiconリンパ液
aicon類パロチン

>>トップページへ戻る