会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

インシュリン

インシュリンとは、すい臓のランゲルハンス島というところから分泌されているもの。
ブドウ糖の利用、たんぱく質の合成、中性脂肪の形成・貯蔵を促進するもので、生命維持にとって不可欠。
インシュリンの作用>
ものを食べる → 血糖値が上がる → インシュリンの放出 → 脂肪細胞の蓄積

インシュリンには、血中の糖がエネルギーとして消費されるのを促進する働きと、消費されずに残った糖を脂肪細胞に運んで蓄えさせる働きがあり、 このインシュリンの分泌量を低く抑えると、糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなるだけでなく、脂肪細胞からエネルギーを引き出して消費させるグルカゴンの分泌が促進されるようになるといわれている。
このインシュリンの働きに注目した「低インシュリンダイエット」は、自然な食品によるものなので、リバウンドなど肥満体質になるような副作用がなく体質そのものを改善できるといわれており、注目を浴びている。

【インシュリン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconあか・あかすり
aiconあか・あかすり
aicon白色脂肪細胞
aiconインシュリン
aicon褐色脂肪細胞
aiconホルモンバランス
aiconリンパ節
aiconリンパ管
aiconリンパ液
aicon類パロチン

>>トップページへ戻る