会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引 A

ARA
ARAとは、アラキドン酸のこと。ARAは、細胞膜などを形成しているリン脂質を構成する脂肪酸の一種。アラキドン酸は必須脂肪酸の一つで、γ-リノレン酸とともにビタミンFとも呼...
AHA
AHAとは、Alpha Hydroxy Acidの略。 アルファヒドロキシ酸のこと。 <AHAの特徴・効果・効能> エステティックサロンなどの施術で使用...
ADL
ADLとは「Activities of Daily Living」の略。 ADLは、食事、排泄、着脱衣、入浴、移動、寝起きなど、日常の生活を送るために必要な基本動作すべてを指す。高齢者の身体...
AHA
AHAとは、アルファヒドロキシ酸(Alpha Hydroxy Acids)の略。 りんごやレモンなどフルーツに含まれている天然成分をさし、フルーツによく含まれているところからフルーツ酸</...
エアロゾル
エアロゾルとは、大気中に浮遊している固体あるいは液体の微細な粒子のこと。 <エアロゾルの種類> 自然発生したものから、人間活動によって生成されるものま...
AHCC
AHCCとは、複数のキノコ菌糸体からの抽出物を交配し、培養、酵素反応させてつくった免疫賦活物質。 <AHCCの効果・効用> AHCCがガンの治療に...
AST
ASTとは、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼの略。 ASTは、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素。 ASTは、主に心筋、肝...
ALT
ALTとは、アラニン・アミノトランスフェラーゼの略。 ALTは、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素。 ALTは、肝臓に多く含まれ...
一日許容摂取量
一日許容摂取量とは、通常,人が一生、毎日食べ続けたとしても健康に影響を及ぼさないと判断される量。 一日許容摂取量は、一日当たりの体重1キログラムに対するmg数(m...
アレルギー
アレルギーとはギリシャ語の「allos(違った)」と「ergon(作用)」の合成語で、1906年にオーストラリアの医師ピルケーが論文の中で使ったのが最初とされる。 <アレルギー</s...
アジア水環境パートナーシップ
アジア水環境パートナーシップとは、2003年に開催された第3回世界水フォーラム。 環境省が水環境管理改善のために打ち出した自主的取組みの1つ。同フォーラムは、水問題を通じて地球の将...
アジア版鳥類レッドデータブック
アジア版鳥類レッドデータブックとは、アジア地域における絶滅の危機に瀕した鳥類の現状について、環境省が関係国政府、NGO及び鳥類専門家と協力して調査を実施し、国際的な鳥類保護団体である...
アジア太平洋環境会議
アジア太平洋環境会議とは、1991年から環境省がほぼ毎年主催しているアジア太平洋地域の非公式環境大臣会合。「エコアジア」とも呼ばれる。 <アジア太平洋環境会議の目的> 各国...
アジア森林パートナーシップ
アジア森林パートナーシップとは、日本を始めとするアジア諸国や国際機関、NGO、企業などが協力し、アジアの持続可能な森林経営を目指すもの。 <アジア森林パートナーシップの活動内容...
AQL
AQLとは、合格品質水準。 AQLは、Acceptable Quality Levelの略。 <品質管理とは> Quality Control(QC)と同義。製品の品質を一定の...
アジェンダ21
アジェンダ21とは、「リオ宣言」の理念を具体化し、21世紀に向けた行動計画を示したもの。 <アジェンダ21の内容> 1992年にリオデジャネイロで開催された国連...
AISET
AISETとは、アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポのこと。 アンチエイジングに関連するさまざまな企業、団体がアンチエイジングなライフスタイル、商品、情報、サービスなどの紹介...
アカウンタビリティ
アカウンタビリティとは、「説明責任」と訳される。個人や組織の行動を対外的にきちんと説明する責任のこと。行政など成果が単純に収益などで測定できない組織の場合、特にこのアカウンタビリテ...
ADI
ADIとは、食品添加物・農薬の一日摂取許容量。 人が一生涯にわたって毎日その農薬をとり続けたたとしても安全性に問題がないとされる量のこと。

>>トップページへ戻る