会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引 C

co2排出係数
CO2排出係数とは、電気の供給1kWhあたりどれだけのCO2を排出しているかを示す数値です。 経済産業省・環境省令第3号に定めるCO2排出係数のデフォルト値が0.000555t-CO2です。
コンプライアンス・オフィサー認...
コンプライアンス・オフィサー認定試験とは、コンプライアンス・オフィサー認定機構主催の資格試験で、企業の実務に精通しつつ、企業倫理・コンプライアンス(法令遵守)専門家として幅広い知識...
カーボンオフセットフォーラム
カーボンオフセットフォーラムとは、環境省が設立した団体低炭素社会の実現を目指し、カーボン・オフセット活動の情報収集・提供、普及啓発、相談支援等を実施する主体であり、 「我が国におけるカーボ...
カーボンオフセット 環境省
環境省は、カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)を設立したJ-COFは、カーボンオフセットフォーラムの略環境省では、低炭素社会の構築に向け、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の主...
カーボンオフセットはがき
カーボンオフセットはがきとは、はがきを買うことにより、カーボンオフセットができるはがきのことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
カーボンオフセットはがき
カーボンオフセットはがきとは、はがきを買うことにより、カーボンオフセットができるはがきのことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
カーボンオフセット年賀状
カーボンオフセット年賀状とは、年賀状を買うことにより、カーボンオフセットができる年賀状のことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
CO2オフセット
CO2オフセットとは、CO2 を排出する活動をした際に、その CO2 の排出量を計算し、その排出量に見合った CO2 削減活動に投資や寄付することで、排出された CO2 を埋め合わせるという考え方C...
オフセット
オフセットとは、英語で「差し引き計算する(相殺する)」という意味。「カーボンオフセット」は、「二酸化炭素(カーボンダイオキサイド:carbon dioxide)を相殺する(オフセット:offset)」に由来している...
CDM
CDMとは、クリーン開発メカニズムに略先進国が開発途上国において、技術・資金等の支援を実施し、温室効果ガス排出量の削減を行い、温室効果ガスの削減分に充当する制度京都議定書の12条に...
クリーンテック
クリーンテックとは、天然資源の消費、大気への温暖化ガス排出や廃棄物を減らし、再生可能な資源を活用するさまざまな技術・製品・サービス・プロセス。ソーラー発電、風力発電、燃料電池といった代替...
CCM
CCMとは、クエン酸リンゴ酸カルシウム。 CCMは、カルシウムにクエン酸とリンゴ酸を一定の比率に従って配合したもの。 <CCMの特徴> ク...
CAE
CAEとは、植物性のヤシ油脂肪酸とアミノ酸のL?アルギニンを結合したエステルを、皮膚の天然成分のピロリドンカルボン酸で中和した塩である。 CAEは、安全性に問題の多...
バルディーズ原則(CERES原則)
バルディーズ原則(CERES原則)とは、企業が環境問題への対応について守るべき10の倫理原則。 1989年、アラスカ沖で原油流出事故を起こし、環境に多大な悪影響を与えた「バルディーズ号事...
CMC
CMCとはカルボキシメチルセルロースのこと。 数あるセルロースの中ででもポピュラーなもので、化粧品原料をはじめ様々な産業分野で用いられている、非常に機能性の高いもの。 <s...
CRO
CROとは、開発業務受託機関(治験依頼者の治験に係わる業務を治験依頼者から受託する個人又は組織・団体)
CRM法
CRM法とは、ベイズ流統計を応用して、それまで得られた情報(安全性、有効性)を早期に最大限に利用して、逐次、それらの情報を基に最適かつ安全な用量の割付および臨床的な判断(試験中断・終...
CPP
CPPとは、カゼインホスホペプチド(Casein Phosphopeptide)の略で、牛乳の主要たんぱく質であるカゼインが酵素分解されてできる成分。 CPPは、カルシウムが腸内でリン...
CODEX
CODEXとは、FAOとWHOが共同で設立した合同食品規格委員会のこと。
コンプライアンスプログラム
コンプライアンスプログラムとはJISによると、「事業者が、自ら保有する個人情報を保護するための方針、組織、計画、実施、監査及び見直しを含むマネジメントシステム」と定義されている。<br /...
CDM
CDMとは、Clean Development Mechanismの略。 日本語では、クリーン開発メカニズムと言われる。 京都議定書に盛り込まれた温室効果ガスの削減目標を達成するために導入された「柔軟...
クリーン開発メカニズム
クリーン開発メカニズムとは、京都議定書に盛り込まれた温室効果ガスの削減目標を達成するために導入された「柔軟性措置(京都メカニズム)」の一つ。 CDM(Clean Development Mechanismの...
CSR担当大臣
CSR担当大臣とは、2001年に英国(イギリス)で世界で初めて設置された大臣。 2002年には、フランスでも設置された。日本では未設置。 CSR大臣は、CSRを普及させるカタリスト(触媒...
CasaBRUTUS
CasaBRUTUS(カーサブルータス)とは、建築・デザインを楽しむライフデザインマガジン。 マガジンハウスが発刊。  ・イサムノグチ  ・無印良品  ・イームズ ...
CVM法
CVM法とは、仮想価値評価法のこと。 CVMは、Contingent Valuation Methodの略。各種の環境保全対策に投じた費用に対して、得られるメリットは環境会計として数値でとらえている。しかし、...
クリーンエネルギー
クリーンエネルギーとは、環境に負荷のかからないエネルギーを指す。 クリーンエネルギーには、太陽エネルギー/風力エネルギーなどの自然エネルギーや水素エネルギーな...
コーポレートガバナンス
コーポレート・ガバナンスとは、企業統治と訳される。企業を健全に運営するための仕組み。 経営者に権限が集中による弊害を監視し阻止すること、組織ぐるみの違法行為を監視し阻止するこ...
CSR
CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略。 日本語では、企業の社会的責任と訳される。 CSRでは、広い意味で社会的責任を位置付けている。 企業は事業活動を行なう中...
コンプライアンスプログラム
コンプライアンスプログラムとは、企業の中で、法令や倫理を遵守する仕組みを作ることを指す。 コンプライアンスプログラムは、 多くの場合3つの分野で構成され  ・遵守のた...
コンプライアンスオフィサー
コンプライアンスオフィサーとは、法令遵守責任者の意味。 企業内で法令遵守のための責任者を置く場合、責任者をコンプライアンスオフィサーと呼ぶ。 最高法令遵...
コンプライアンス
コンプライアンスとは、「?を遵守する ?の期待に応える(Comply with)」という意味。 コンプライアンスは、日本語では、「法令遵守」や「企業倫理...

>>トップページへ戻る