会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引け

毛蔓小豆(けつるあずき)
毛蔓小豆(けつるあずき)とは、ブラックマッペとも呼ばれ、日本では緑豆と共にもやしの原料となる豆。 インドで古来より作られており、今でもインドで多く栽培されている。 第二次...
ゲシュタルトセラピー
ゲシュタルトセラピーとは、アメリカ人心理学者フリッツ・パールズと妻ローラによって開発された心理療法(カウンセリング)の一手法。 ゲシュタルトセラピーは、ゲシュ...
けんさ焼き(新潟県)
けんさ焼きとは、新潟県の郷土料理のひとつ。 けんさ焼きは、握ったご飯にショウガ味噌をつけて焼いてもので、古くから「お正月の夜食」として 食べられている。...
けの汁(青森県)
けの汁とは、青森県の郷土料理のひとつで、大根・人参・こんにゃく・油揚げなどを細かく切り、味噌仕立ての汁で煮る、鍋もの。 けの汁は、米が貴重だった昔、山菜や野菜...
げんのしょうこ
げんのしょうことは、山地・野原・道端などに、ごく普通に野生している多年草で、茎は地面を這うようにのび、7?9月に白色または紅紫色の花をつける薬草。 げんのしょうこ</stro...
ケイ素
ケイ素とは、酵素と共に生物界に最も多く存在する元素の一つ。 体内には18g程度とかなり多い保有量が検出され、皮膚に最も多く分布し、爪・毛・髪・そして骨にも比較的多く分布している...
鶏飯<鹿児島県>
鶏飯とは、奄美大島(鹿児島県)の代表的な郷土料理で、奄美で夏の定番とも 言われる鶏雑炊。 「けいはん」と呼ぶ。 鶏飯のだしには、パパイヤ漬け(奈良漬を代用...
ケルシュ
ケルシュとは、 ドイツのケルン地方で製造されてい伝統的なビール。 上面発酵酵母を使用しながら、下面発酵並みの低温で熟成させるので、苦味の強いものが多く、また酵母に由来する新鮮な...
ゲンノショウコ
ゲンノショウコとは、昔から下痢止めの薬草として古来より重用される生薬。 山野に自生するフウロソウ科の多年草。 茎は分枝し、下部は横に広がる植物。夏に白色、紫紅色、紅色の花...
ゲンチアナ
ゲンチアナとは、胃の諸症状の改善を目的として配合される生薬。 ヨーロッパの高山帯を原産地とするリンドウ科の多年草。 秋に黄色の花をつけ、薬用部分の根、根茎は非常に苦味があ...
KW乳酸菌
KW乳酸菌とは、100種類以上ある乳酸菌のひとつ。 <KW乳酸菌の効果・効能> KW乳酸菌は、アレルギー症状を抑える働きがあるとして注目されて...
倦怠感
倦怠感とは、体調の変化に伴い  ・身体的  ・精神的  ・認知的という3つの異なった側面に関して  エネルギーや活動能力の低下により休息しても回復しない持続的な...
減感作療法
減感作療法とは、アレルギー症状を起こす原因物質(花粉症の場合はスギ花粉など)のエキスを、長い時間をかけ少しずつ注射し、体を徐々に慣れさせていく治療法。 減感作療法</str...
ケルセチン
ケルセチンとは、別名ビタミンPと、フラボノイドの中でもフラボノールに分類されるポリフェノール化合物の一種。ケルセチン(クエルセチン)はヨーロッパでかなり研究の進めら...
月桃
月桃とは、インド南部、東南アジア、南西諸島を含む亜熱帯に群生するショウガ科植物です。沖縄では、主に野山に自生する他、民家の庭先にもよく植えられています。 月桃...
月経前症候群
月経前症候群(PMS)とは、月経前2週間以内に周期的に発症し、月経開始後まもなく消失する精神的ならびに身体的症状。この症状の主体が精神緊張であるために、月経前緊張症とも呼ばれる所以で...
血液検査
血液検査とは、血液を採ってその成分や、病原菌、免疫反応などを調べること。 <血液検査の特徴> 血液検査は、一度に多くの病気の影があるかどうかを調べるこ...
化粧水
化粧水とは、一般には透明の液状を呈した化粧品で、洗顔料等によって皮膚に付着した汚れや垢を十分に取り除いた後に、皮膚の角質に水分や保湿成分を補給し、皮膚の生理作用を整えることを目的と...
経路
経絡とは、「経」は縦の流れ、「絡」は横の流れの意》漢方で、つぼの筋道。 気血の循環系で、一二の臓腑(ぞうふ)に対応する一二の正経と八の奇経(きけい)があり、これに沿って経穴(つぼ...
化粧塩(けしょうじお)
化粧塩(けしょうじお)とは、魚を美しく焼き上げるためにふられる塩のこと。 あらかじめ塩をしておいた魚に焼く直前にもう一度軽く塩をふること。 この化粧塩...
計量スプーン
計量スプーンとは、材料を計量するときに使用するスプーン型の調理器具。 大さじは15cc、小さじは5cc。 計量スプーンの小さじ3杯と大さじ1杯は同じ量。 単位に使われてい...
計量カップ
計量カップとは、材料を計量するときに使用するカップ状の調理器具。 通常1カップは200cc。 しかし、お米などを計るときは1合(180ml)などの単位を使う。 「ml」と「cc...
ポピー(ケシ)
ポピー(ケシ)とは、元々は種子を鎮痛剤や下痢止め、咳止めなどに使われていたハーブで、現在においては鎮静剤であるモルヒネやコデインの原料とされている。反面、未熟果に...
ゲッケイジュ(ベイ/スウィート...
ゲッケイジュ(月桂樹)とは、クスノキ科のベイ、スウィートベイ、ローリエなどの名でも知られる常緑性の樹木ハーブ。<b...
ケミカルピーリング
ケミカルピーリングとは、酸性の薬剤を用いて老化した角質を溶かし、新しい角質を再生させて美肌を作る「スキントリートメント」。 ケミカルピーリングには、主にAHA(ア...
下水道技術開発(SPIRIT21)
下水道技術開発(SPIRIT21)とは、下水道で重点的に技術開発が必要な分野について、民間主導型の技術開発を推進し、早期の実用化を図るための計画のこと。国土交通省下水道部が平成14年度から設置。 <下...
下水道水環境保全率
下水道水環境保全率とは下水道に求められる様々な機能がどれくらい整備されているかを示す指標。 <下水道水環境保全率> 東京都は人口普及率97.6%と全国トップであるが、東京湾の水質保全のため...
建設リサイクル法
建設リサイクル法とは、一定規模以上の建築物の解体・新築工事を請け負う事業者に、建設工事で出る廃棄物(建設廃棄物)の分別・リサイクルなどを義務づけた法律。2000年に制定。
建設発生土
建設発生土とは、建設工事から発生する土砂の総称。 <建設発生土の現状> 国土交通省の平成12年度調査によると、2億8400立方mが工事現場から排出され、このう...
建設廃棄物
建設廃棄物とは、建設工事に伴って排出される廃棄物のこと。 <建設廃棄物の現状> 建設省等の調査では、排出量では全産業廃棄物の2割だが最終処分量では4割...
建設混合廃棄物
建設混合廃棄物とは、建設工事現場や解体現場などから排出される建設廃棄物のうち、ガラスくずやがれき、コンクリート片など多種多様な素材が交じり合った廃棄物のこと。 <建...
建設工事資材再資源化法
建設工事資材再資源化法とは、不法投棄の最大の原因となっている建設・解体廃棄物のリサイクルを促進し、不適正処理を防止するために、建設省が厚生省と共同で2000年の第147通常国会に提出、成...
嫌気性廃水処理
嫌気性廃水処理とは、大規模なビール工場や食品工場などから発生する排水のように、高濃度で大量に発生する有機性排水に向く処理技術。 <嫌気性廃水処理技術と活性汚...
ケミカルリサイクル
ケミカルリサイクルとは、化学的に処理して、製品の化学原料としてリサイクルすること。 <ケミカルリサイクルの現状> ペットボトルの材料であるPET(ポリ...
ケミカルフリータウン
ケミカルフリータウンとは、シックハウス、シックスクールなどの化学物質過敏症で困っている人などを対象にして、化学物質を極力避けた住宅、更に広げた街づくりの構想を提案したもの。 <p...
ケナフ
ケナフとは、アオイ科ハイビスカス属の植物で、熱帯性の1年草。 ケナフは、半年で高さ3?4メートル、茎の太さが3?4センチに生育する。 <ケナフ</stron...
携帯電話リサイクル
携帯電話リサイクルとは、携帯電話の各部品をリサイクルして活用すること。 <携帯電話リサイクルの現状と課題> 携帯電話の中には、金、銀、銅、パラジウムな...
形質変更
形質変更とは、04年度の廃棄物処理法改正で新たに導入された項目。 正式には、「廃棄物が地下にある土地の形質変更」。 <形質変更の内容> 最終処分場や...
経済産業省
経済産業省とは、行政改革に伴う省庁再編で2001年1月に通商産業省が改編されて発足。 <経済産業省の任務> 経済産業省設置法によると...
ゲル
ゲルとは、液体的な柔軟性を持ちながら固体のような弾力性を発揮する吸水性高分子素材の状態のことをいう。自然界の植物や動物の体内に存在しているゼリー状の粘質のこと、またはその状態でもあ...
減肥茶
減肥茶とは、中華人民共和国江蘇省に昔から伝わる健康茶。 減肥という葉っぱはなく、簡単に言えば、和漢混合ブレンド茶。はぶ草茶、ハスの葉、杜仲茶...
ゲンノショウコ
ゲンノショウコとは、江戸時代からの代表的な民間薬。 下痢止めとして乾燥した茎葉を煎じて飲むと、20分ぐらいで効果が現れ、「現の証拠」と名付けられた。 夏から秋に白色か紅色の...
ケフィア
ケフィアとは、長寿で有名なコーカサス地方の伝統的発酵乳。 日本では発酵乳はヨーグルトと呼ばれ、これは乳酸菌だけで発酵するが、ケフィアは乳酸菌と酵母で牛乳を発酵...
健康日本21
健康日本21とは、「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」の「趣旨」、「基本的な方向」、「目標」、「地域における運動の推進」などについて、その概要を解説するとともに各分野の...
健康増進法
健康増進法とは、国民の健康の増進の総合的な推進に関し基本的な事項を定め、国民の栄養の改善その他国民の健康の増進を図るための措置を講じ、国民保健の向上を図ることを目的としている法律。...
ケラチン
ケラチンとは、皮膚、爪、毛髪を構成する成分で、20種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質です。アミノ酸の組成により、毛や爪の硬ケラチン、皮膚の角質層の軟ケラチンなどに分けられます。...
血栓
血栓とは、血管の中にできる血のかたまりのこと。 血栓は、破れた血管を修復して止血するために不可欠。
血清コレステロール
血清コレステロールとは、血液中のコレステロールの濃度のこと。
ケール
ケールとは、地中海地方原産のアブラナ科の野菜で、キャベツの原種と言われている。 ケールはヨ?ロッパでは食用としてス?プにも使われるそうだが、日本人の味覚には合わ...
経済人コー円卓会議
経済人コー円卓会議とは、1986年にオランダのフレデリック・フィリップス(元フィリップス社社長)とフランスのオリビエ・ジスカールデスタン(元ヨーロッパ大学院副理事長)が、激化する貿易摩...
建設リサイクル法
建設リサイクル法とは、建設関連のリサイクル法。 建設リサイクル法の正式名称は、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」といい、建設工事において、資源の有...
健康365(雑誌)
健康365とは、体・脳・心が若返る人生応援マガジン。 健康365 (ケンコウ サン ロク ゴ) は、若々しい体、柔軟な脳、みずみずしい心を保つための運動や食品、生活習慣について、最も効...
鶏卵
鶏卵は、卵黄と卵白に分類される。 卵黄はたんぱく質と脂肪が主成分で、卵白はたんぱく質が主成分で脂肪は含まれていない。 鶏卵は含まれているたんぱく質のア...
玄米酢
玄米酢とは米酢の一種で、主に玄米を原料に作った酢。 味、香り、コクとも米酢よりも強く、色もやや濃いめ。 【オススメの使い方】 寿司や酢の物など、酢が主役の和食料理...
月刊環境ビジネス
月刊環境ビジネスとは、環境ビジネス雑誌。  1. テーマは環境  環境をテーマに新たなビジネスチャンスを捉えるための情報を提供。  2. 環境ビジネス市場の動向がわかる<br...
化粧品
化粧品とは、人体を清潔にし、美化し、皮膚・毛髪を健やかに保つことを目的としたもので、効能や効果は表示できない。 メークアップ化粧品、基礎化粧品、シャンプー、オーラルケア用品、...
玄米茶
玄米茶とは、水に浸して蒸した玄米を炒り、これに番茶や緑茶などを、ほぼ同量の割合で加えたお茶のこと。緑茶の持つ渋みが、玄米の持つでんぷん質と炒った香ばしさにより中和され、口当たりの良...
ケイヒ
ケイヒとは、桂皮と書き、圭の木の皮を乾燥させたものである。テルペン類を含む独特な甘い香りのため、生薬や香辛料・化粧品原料になる。 ケイヒのうち、ベトナムや中国...
結晶セルロース
結晶セルロースとは、樹木や綿実からとれたパルプの非結晶部分を除去して純粋な結晶部分だけを取り出して精製した物質である。ファンデーションなどの粉状化粧品のベースや錠剤の結着剤として用...
ゲルマニウム
ゲルマニウムとは、化学元素のひとつで人体の治癒力を高めるといわれている物質。 ゲルマニウムには、細胞内の電流バランスを整える作用があり、血液をサラサラにして血行をよくする効果...
減塩味噌
減塩味噌とは、塩分含有量が普通の味噌の50%以下のものにのみ表示可能。
減塩醤油
減塩醤油とは、塩分を普通の醤油の半分以下にして製造されたもの。塩分が少ない分、カビも繁殖しやすいため冷蔵庫保存が必要。
減化学肥料栽培農産物
減化学肥料栽培農産物とは、化学肥料使用量を、およそ5割以下にし栽培している農産物。
減農薬栽培農産物
減農薬栽培農産物とは、化学合成農薬の使用量をおよそ5割以下にし栽培している農産物。

>>トップページへ戻る