会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引こ

コンプライアンス・オフィサー認...
コンプライアンス・オフィサー認定試験とは、コンプライアンス・オフィサー認定機構主催の資格試験で、企業の実務に精通しつつ、企業倫理・コンプライアンス(法令遵守)専門家として幅広い知識...
ゴマージュ
ゴマージュとは、「やさしくすり込む」という意味で、オイルやクリームなどを肌に優しくすり込み、古くなった角質を取り除いたり、毛穴の奥の汚れを落とす技法。 ゴマージュ</str...
抗しわ成分
抗しわ成分は・・・ 加齢とともに、表皮のターンオーバーの速度が遅れたり、真皮層の弾力成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸等の量が減ってくる。その結果、真皮層が薄く...
厚生労働大臣承認マーク/HAC...
総合衛生管理厚生労働大臣承認マークとは、厚生労働大臣により承認された「総合衛生管理過程(HACCPシステム)」により行われている工場等で製造された食品に表示される...
コールラビ
コールラビとは、葉が巻かずに、茎がかぶのように肥大したキャベツの一種。 別名、かぶキャベツ、球茎(きゅうけい)かんらん。 コールラビの茎は5?8cmぐらいの...
高麗ニンジン
高麗人参とは、中国東北部から朝鮮半島にかけて自生しているウコギ科の植物。 オタネニンジン、朝鮮人参とも呼ばれる。 高麗人参</stro...
こづゆ(福島県)
こづゆとは、会津の伝統的な郷土料理。 ホタテの貝柱をだ し汁の中でもどし、ほぐした貝柱に豆麩、椎茸、ニンジン、ギンナン、里芋、しらたき等 を加え醤油、塩、酒で味を調える薄味の料...
香道(こうどう)
香道(こうどう)とは、 華道、茶道とともに、古典芸能のひとつ。 香道では、一定の作法のもとに香木を炷(た)き、五感を研ぎ澄ませて「香」を鑑賞し、味わう。...
琴(こと)
琴(こと)とは、和の心を堪能できる楽器の代表格の楽器。 琴には大きく分けて生田・山田の2流派がある。 琴の特徴は平(ひら)調子・雲井(...
ゴスペル
ゴスペルとは、 「God Spell, Good News(神の言葉、よい知らせ)」にちなんで名付けられた、19世紀後半にジャズ、ブルース、ラップなどの黒人音楽をルーツとして発祥した音楽。ゴスペ...
ゴマリグナン
ゴマリグナンとは、ゴマに含まれる抗酸化物質で、セサミン、セサミノール、セサモリンなど数種類が存在する。 中でもセサミンの抗酸化力は強力で、最近ではセサミン入りの健康食品が数...
コメ胚芽油
コメ胚芽油とは、イネの種子から抽出される米ぬかが原料の粘性のオイル。 コメ胚芽油は、ビタミンAやビタミンEを多量に含んでおり、血行促進効果、保湿効果、消炎効...
米胚芽
米胚芽は、通常精米の過程で取り除かれてしまうものだが、人間にとって欠かすことの出来ない重要なビタミン・ミネラルがバランスよく、豊富に含まれている。 米胚芽に...
米胚芽セラミド
米胚芽セラミドとは、 主に小麦胚芽や米胚芽に含まれている。 セラミドとは角質細胞をつなぐ角質細胞間脂質の約50%を構成する成分で、米胚芽セラミドは保湿効果が高...
コーヒーエキス
コーヒーエキス(コーヒー種子エキス、コーヒーノキエキス)とは、アカネ科植物コーヒーの木の種子及び葉から得られるエキス。有効成分にカフェインやクロロゲン酸を含む。 コ...
海洋性コラーゲン
海洋性コラーゲンとは、魚から抽出した魚由来のコラーゲン。 従来、コラーゲンは牛や豚、鶏などの動物性コラーゲンが主流だったげ、狂牛病などの問題から、安全性に対する疑問が近年生じ...
米粉
米粉とは、米を製粉したもので、穀粉(こくこ)ともいう。 米粉には、アミノ酸スコアの高い良質のたんぱく質が小麦粉の約1.5倍も含まれており栄養も高い。 近年...
米パン
米パンとは、米粉精白米を粉砕した粉を原料に小麦グルテンを加えて作るパンのこと。 水分含有率が高くパンの中がもっちりやわらかしている。 米パンは、たんぱ...
コンフォート
コンフォートとは、フランス料理用語の一つ。 果実などのシロップ煮のことを指す。
コントルノ
コントルノとは、イタリア料理での「付け合わせ」のこと。 野菜が中心。
コキーユ
コキーユとは、フランス語で帆立貝。 貝殻、または貝殻型の容器に詰めたグラタンを表現するときに使われる言葉。
濃茶(こいちゃ)
濃茶(こいちゃ)とは、多めの抹茶を練ってたてるお茶。 一椀を複数の客でまわし飲みする。 ⇔薄茶(うすちゃ)
コニャック
コニャック とは、フランス中西部のコニャック地方でつくられたブランデーのうち、フランス政府の原産地呼称統制法(A.O.C.)という法律の条件を満たし、検査をパスしたもの。 コ...
ゴミシ(チョウセンゴミン)
ゴミシ(チョウセンゴミン)とは、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などの漢方薬やサプリメントに、口渇、発汗、痰の緩和目的に配合される生薬。 マツブサ科の落葉藤木で夏に新しい茎の...
ゴシツ(イノコズチ)
ゴシツ(イノコズチ)とは、婦人の月経不調、神経痛、水腫に用い疎経活血湯などの漢方薬に 配合される生薬。 山野に自生するヒユ科の多年草。 草高1mに達し、夏に穂状の緑色...
コウボク(ホウノキ)
コウボク(ホウノキ)とは。胸腹部の膨満、腹痛、咳などを目的として平胃散などの漢方薬に配合されるほか、家庭薬に配合される。 モクレン科、各地の山野に自生する落葉高木で、高さは30...
コウブシ(ハマスゲ)
コウブシ(ハマスゲ)とは、気うつ症、胃痛、腹痛、月経痛、食欲不振などを目的として香蘇散などの漢方薬や婦人用の家庭薬に配合される生薬。 砂地に自生する、カヤツグリグサ科の多年草...
コウカ(ベニバナ)
コウカ(ベニバナ)とは、月経痛、婦人病、冷え性、更年期障害などを目的に、家庭薬、漢方薬に配合される植物。また、古来より着色料として食品や化粧品に使われている。 キク科、エジプ...
コリン
コリンとは、卵黄や大豆に含まれるリン脂質。 コリンは、脳や神経組織、細胞膜の構造の一部を成す極めて重要な物質。
米ぬか
米ぬかとは、玄米の白米へと精米する際にとれる外皮の肺が部分。 <米ぬかの成分> 米ぬかは、玄米を食べたのと同様の効果を得ることができる。 米ぬかの...
小麦胚芽
小麦胚芽とは、小麦の胚芽(芽の出る部分)のこと。 小麦胚芽より小麦胚芽油が生成される。 <小麦胚芽の効果・効能> 小麦粉に...
骨形成
骨形成とは、骨芽細胞によって、しなやかで弾力性のある新しい骨がつくられること。 鉄筋にあたるコラーゲンをつくりつつ、血液中からカルシウムを取り込んで、破骨細胞が溶かしたところ...
黒米
黒米とは、原産地が中国・狭西漢中地方で、古代から作られ食べられているもち米の一種。 黒米は、中国・漢の時代に発見され、以来歴代の皇帝が不老長寿の米として食した...
抗ヒスタミン剤
抗ヒスタミン剤とは、ヒスタミンの作用を抑制し、あるいはその分解を促す薬。 体内にヒスタミンが大量に生じるために起こると考えられる、じんましん・鼻炎・喘息(ぜんそく)などのアレル...
口内炎
口内炎とは、口の中の粘膜に炎症が起こった状態。 <口内炎の種類> 比較的広い範囲に病変が発生し、口の中に原因があって起こる場合と、全身的な病気の症状と...
香水
香水とは、数十種類の香料を調香してできるあるイメージに沿ったにおいのする香製品。 香水の主な成分は香料とアルコール。香料の濃度によって分けられる。
好中球
好中球とは、白血球の一つ。 細胞内にある顆粒(かりゆう)が中性色素に染まるもの。食作用が強いので、大食細胞に対して小食細胞ともいう。
抗体
抗体とは、生体内に抗原が侵入したとき、それに対応して生成され、その抗原に対してのみ反応するたんぱく質。 実際に抗体として働くのは免疫グロブリン。
交感神経
交感神経とは、外界からの刺激(ストレッサー)に対して反応する自律神経系のひとつ。 交感神経は、副交感神経と相反する作用をもち生体内のホルモンなどを制御している...
コンフィ
コンフィ とは、フランス料理の調理法の一つで、鴨肉、鶏肉などの肉類を、低温の脂で煮たもの。 脂に漬けたまま冷やして固め、保存食にもする。肉類のコンフィは、脂を...
コルニション
コルニションとは、キュウリの一種で、5センチ前後の時に収穫され、酢漬けにされたもの。 コルニションは、パテやテリーヌ、ハム、ソーセージのつけ合わせとしてフラン...
コンソメ
コンソメ とは、フランス料理におけるスープのひとつで、肉、魚、野菜などからとった出汁、 もしくはそれを元にして作ったスープ。 コンソメとは仏語で「完成さ...
コーンサラダ(マーシュ)
コーンサラダ(マーシュ)とは、ヨーロッパ、北アフリカ原産でオミナエシ科一年草のハーブ。 フランスでよく食べられるサラダ用の葉で、別名マーシュ。 <strong...
コーンスターチ
コーンスターチとは、とうもろこしから作られた純白で無味無臭のさらさらとした澱粉のこと。 コーンスターチは、他の澱粉に比べて吸湿性が低いため、ケーキやクッキーに...
コリンズグラス
コリンズグラスとは、トール・グラス(背高グラス)、チムニー・グラス(煙突型グラス)とも呼ばれる 円筒形の背の高い大形グラス。 コリンズスタイルのカクテルや発泡性のロングカ...
コブレット
コブレットとは、一般にコップと呼ばれるタンブラーに脚の付いたグラス。 ビールや氷をたくさん使ったカクテルなどに用いられる。トロピカルなカクテルにもよく使われる。 もともと...
御膳味噌(ごぜんみそ)
御膳味噌(ごぜんみそ)とは、阿波伝統(徳島)の赤色甘口味噌。 藩主の御膳に供されたことからこの名がついた。 塩分そのものは、辛口味噌と大差はないが、麹歩合が高く、甘めで豊...
鍋巴(ゴォバァ/コーパー)
鍋巴(ゴォバァ/コーパー)とは、おこげを油で揚げ、あんをかけて食べる中華料理の一つ。 もともとは鍋釜にこびりついた、ご飯のおこげのこと。
小房に分ける
小房に分けるとは・・・ ひとかたまりになっている野菜を食べやすい大きさに分けること。 一般的には、ブロッコリーやカリフラワーのような房状の野菜を小さく切り分けることをい...
五枚卸し(ごまいおろし)
五枚卸し(ごまいおろし)とは、魚のおろし方の一種。 片身を二枚づつと、中骨とで、五枚におろす方法。
衣(ころも)
衣(ころも)とは、揚げ物、和え物、菓子などで、材料を覆ったり、 包んだりまぶしたりするものを指す。 <衣(ころも)の例> 天ぷら衣、フライ衣、アー...
昆布締め(こぶじめ)
昆布締め(こぶじめ)とは、昆布のうま味と香りを利用して材料にうま味を移す方法。 材料は主に淡白な白身魚。 <昆布締め(こぶじめ)レシピ> 軽く塩を...
米とぎ器
米とぎ器とは、米を自動でといでくれる電動式の調理器具。 米の計量からこめとぎを自動で行う米とぎ器、水を使わずに米をとぐ米とぎ器などがある。
こね鉢
こね鉢とは、うどんなどをつくる際に、生地をこねるため使用する鉢のこと。 練り鉢とも呼ばれる。 こね鉢(練り鉢)の材質は陶器や木鉢が多く、アルミ製のもの...
こま板
こま板とは、麺棒で平らに伸ばされた生地を包丁で切るときに、 一定間隔で切るために使用する包丁のあて板のこと。 うどんやそばを作るときに使用されている調理器具。
ゴムヘラ
ゴムヘラとは、食品に触れる先の部分がゴムで出来たへらのこと。 万能ベラやスパチュラとも呼ばれる。 先についているゴムの弾力により、ケーキの生地をさっくりと混ぜ合わせたり...
ココット
ココットとは、小さな耐熱性の陶器製焼き型のこと。 スフレ皿やスフレ型とも呼ばれる。 ココットは卵料理やスフレ、プリンなどを作る時に使われる。 また...
コストマリー(アレコスト、バル...
コストマリー(アレコスト、バルサムギク )とは、キク科の多年草ハーブ。 レモンとミントの香りが特徴。 【コストマリーの効果・効能】<br /...
コリアンダー(コエンドロ)
コリアンダー(コエンドロ)とは、リナロール ゲラニオール、ボルネオールなどの成分を含むセリ科のハーブ。 刺激感の強いスパイシーな鋭さに、樟脳のような甘さを加え...
こんにゃく(蒟蒻)
こんにゃく(蒟蒻)は、その97%は水分で、固形分はわずか3%。 原料のこんにゃく芋は同じ芋の仲間のじゃがいもやさつまいもなどの他の芋と違い、でんぷんなどのエネル...
ごまめ(カタクチイワシ)
ごまめ(カタクチイワシ)とは、うま味成分のイノシン酸が多いため煮干し(イリコ、稚魚はシラス)に主に利用される。 真イワシと同じようにミネラルや脳の発達に関係す...
抗酸化物質(スカベンジャー)
抗酸化物質(スカベンジャー)とは、発生する活性酸素を消すためのもの。 「活性酸素」は、人体にとって病原体からの防御力として必要な反面、過剰に生産されたものはかえって私達の体の...
小型焼却炉
小型焼却炉とは、一般的に法規制の網がかからない焼却炉のこと。 <小型焼却炉とダイオキシン問題> 2002年12月から本格的に始まった焼却炉に対するダイオキシ...
コメヌカスフィンゴ糖脂質
コメヌカスフィンゴ糖脂質とは、コメ胚芽の含有成分で植物性セラミドの一種。 酵母エキスやキノコにも含まれる。 すこやかな肌の角質層には細胞間脂質が満たされているが、乾燥やダ...
コハク酸
コハク酸とは、動植物に広く含まれている有機酸で、水、アルコール、グリセリンなどによく溶ける性質を持っている。無?白色の結晶または白色の結晶性の粉末で、においがなく特異な酸味がある。<...
ゴミ持ち帰りツアー
ゴミ持ち帰りツアーとは、「自分が出したゴミは自分で持ち帰ろう」という環境にやさしいツアーの考え方。 <日本のゴミ持ち帰りツアー> 夏山シーズンに、登山...
ゴミ分別
ゴミ分別とは、家庭や事業所などから出るごみを分別排出すること。 <ゴミ分別方法>  燃えるごみ  燃えないごみ  資源ごみ  粗大ごみな...
ゴミ発電
ゴミ発電とは、ごみを焼却する際に発生する余剰熱量を電力として回収して発電すること。 <ゴミ発電と環境問題> ゴミ発電は、燃料が廃棄物で...
合流式・分流式下水道
合流式・分流式下水道とは、汚水と雨水を1つの管路で一緒に下水処理場まで送る方式の下水道。 <合流式・分流式下水道の特徴> 合流式では、雨水が洗い流した...
合成洗剤
合成洗剤とは、主な洗浄作用が純石けん分以外の界面活性剤の働きによるものを指す。 合成洗剤には、洗濯用、台所用、住宅・家具用などがある。 <合成...
コンポスト
コンポストとは、生ごみなどの有機性廃棄物からできた堆肥、または堆肥化手法。 <コンポストの名前の由来> コンポストは本来、古くからあった廃棄物処理方法...
コミュニティプラント
コミュニティプラントとは、下水道区域外の集落や団地などに設置された地域し尿処理施設。 コミュニティプラントは、複数の家庭から排出されるし尿と生活雑排水を処理す...
コプラナPCB
コプラナPCBは、ダイオキシンと似た化学構造を持つ。 ダイオキシンの10分の1から1万分の1の毒性を持つと言われ、変圧器の絶縁材や潤滑油などに使われたPCBに含まれていたほか、ゴミ焼却...
こども葉っぱ判定士
こども葉っぱ判定士とは、環境省が植物の働きを知ってもらうために、小学生と中学生を対象に行っている認定事業。 <こども葉っぱ判定士の認定方法> 樹木の吸...
こどもエコクラブ
こどもエコクラブとは、環境省が進める小・中学生を対象にした環境活動クラブのこと。 <こどもエコクラブの取り組み> 生き物調査やリサイクルなど自主的な取...
コジェネレーション
コジェネレーションとは、発電とともに発生する廃熱を有効に活用する自家発電システム。 <コジェネレーションの特徴> コジェネレーションの場合は80%以上...
古紙リサイクル
古紙リサイクルとは、製品としての使用を終えた紙、すなわち古紙を製紙原料などに再生してトイレットペーパーや各種用紙など他の紙製品に再利用したり、他の用途に用いること。 <<stro...
湖沼法
湖沼法とは、全国で10の湖沼を指定し、その水質改善を図る法律。 湖沼法の正式名称は、湖沼水質保全特別措置法。 <湖沼法適用の湖> 1...
国立公園
国立公園とは、国が指定した公園。 <国立公園の歴史> 1934年に「雲仙国立公園」など3つの景勝地が国立公園に指定されたのが初めて。 現在までに約30の...
国土交通省
国土交通省とは、行政改革に伴う省庁再編により、建設省・運輸省・国土庁・北海道開発庁が統合されて2001年1月に発足した省。 <国土交通省の任務> 国...
交通需要マネジメント
交通需要マネジメントとは、自動車の利用方法を見直すことで交通渋滞の緩和を図ること。 交通需要マネジメントは、英語でTransportation Demand Management。頭文字をと...
高断熱・高気密住宅
高断熱・高気密住宅とは、ペアガラスや高性能な断熱材を活用することで、従来の住宅よりも断熱性と気密性を高めた住宅のこと。 <高断熱・高気密住宅の利点> ...
構造改革特区
構造改革特区とは、国の規制改革の推進と地域経済の活性化などのため、全国一律の規制を緩和したり、特例的な規制を適用したり、あるいは産業・研究機関の集積を積極的に進めることが認められた...
更生タイヤ
更生タイヤとは、摩耗したタイヤに新しいゴムや再生タイヤ原料などをかぶせて、再びタイヤとして利用する方法。 <タイヤのリサイクル方法> タイヤのリサイクルは大きく分けて、...
黄砂
黄砂とは、中国奥地のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などから、春先に偏西風に乗って日本に飛来する砂のこと。 <黄砂の問題点> 年々、発生量が増えているとの指...
公害防止計画
公害防止計画とは、環境基本法第17条に基づき、公害の防止を目的として策定される地域計画。 公害が著しく、かつ公害の防止に関する施策を総合的に講じなければ公害の防止を図ることが著...
公害苦情
公害苦情とは、日本全国の公害苦情件数。 公害苦情は、1966年から日本全国の公害苦情件数が調査されており、2001年度には調査開始以来、初めて9万件を超えた。 ...
光化学オキシダント
光化学オキシダントとは、自動車や工場から排出された窒素酸化物や炭化水素類などの一次汚染物質が、太陽光線中の紫外線を受けて光化学反応を起こして発生する物質。 <光化学...
コールドスタート
コールドスタートとは、長い時間停車していた自動車を、エンジンが冷えた状態のままで発車させること。 <コールドスタートの問題点> 早く円滑な運転状況に近...
鉱物油
鉱物油とは、石油から作られる油で、化粧品やクレンジング剤などによく使われている。 鉱物油の代表的なものにワセリンや流動パラフィンがある。 以前は不純物が...
紺青(こんじょう)
紺青(こんじょう)とは、化粧品に色を付けるために用いる紺青色の粉体で、メイクアップ化粧品、アイシャドゥ、アイライナー、マスカラなどの接着剤に使用されている。 青色を表現する色...
CODEX
CODEXとは、FAOとWHOが共同で設立した合同食品規格委員会のこと。
ゴーヤ茶
ゴーヤー茶とは、ゴーヤを細かく切り、天日乾燥させた焙煎 して作られた健康茶。 ゴーヤー茶に含まれる共役リノール酸が脂肪分解酵素リパーゼ の働き...
ごまダイエット
ごまダイエットとは、抗酸化物質が豊富なすりゴマを毎日の食生活に摂り入れることにより、血液をサラサラ状態にして老化を防ぎ、食物繊維が便秘を解消するというダイエット方法。 <<st...
ごみ問題
ごみ問題とは、高度経済成長以後の日本は、大量生産・大量消費・大量廃棄型社会になり、ごみの排出量が増大した問題。政府はリサイクル法などを制定し、ごみの排出を抑制し、資源を再利用する循...
香酢
香酢とは、もち米から作られるお酢の呼称で、普通のお酢と比べると、その名前の通り香り高く、まろやかな酸味を持っています。加熱料理しても香りが失せることはなく、そのまま料理にかけるほか...
コンドロイチン
コンドロイチンとは、ネバネバした粘着物質である「ムコ多糖類」の主要な構成成分のひとつで、グルコサミノグルカンが生成分。 コンドロイチンは、コラーゲンとともに結...
コレステロール
コレステロールとは、脂質の一種の遊離脂肪酸で、細胞膜、胆汁酸、各種ホルモン、ビタミンD前駆体の原料で、健康な体を維持するには無くてはならないもの。
小麦ブラン
小麦ブランとは小麦の外皮と胚芽のことで、食物センイや良質なたんぱく質、ビタミンB1が豊富に含まれている。
小麦アルブミン
小麦アルブミンとは、小麦に含まれるたんぱく質を精製した成分。 でんぷん質は腸で吸収され、ブドウ糖になり、エネルギーとなりますが、多す ぎると脂肪細胞に蓄積されてしまう。
骨密度
骨密度とは、骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分がどのくらいしっかり詰まっているかを表し、いわば骨の強さを表す指標。 骨密度が低下すると骨がもろくなって骨...
五十肩
五十肩とは、40~60歳代の方に起こりやすい肩関節の病気。
コーデックス
コーデックスとは、FAOとWHOが共同で設立した合同食品規格委員会。 正式にはコーデックス・アリメンタリウスというラテン語。 <コーデックスの歴史> 国...
コエンザイムキューテン
コエンザイムキューテンとは、ビタミンQともいわれるビタミン様物質で、人ではその細胞中のミトコンドリアにみることができます。エネルギー生産に大きく関わる物質。
高麗人参
高麗人参とは、朝鮮、中国東北部原産のウコギ科の多年草オタネニンジンの根を乾燥させたもの。高麗人参は、漢方薬として、古くから不老長寿の薬として珍重されてきた。野菜の...
酵母
酵母とは、大きさは約5μm(長さ5~8μm×幅4~6μm)程度で、自然界に広く住みついており、多種多様な菌株があり、それぞれに特性を持っている。
酵素
酵素 とは、タンパク質の一種で体内には数千種類もの酵素が存在し化学反応の手助けをしている。
甲状腺
甲状腺とは、喉頭隆起(のどぼとけ)の下方、気管の前方に位置する H 形の内分泌器官。 甲状腺ホルモンのほか、血中のカルシウムを下げるホルモン(カルシトニン)を分泌する。
高脂血症
高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が増えすぎた状態を指す。
抗酸化物質
抗酸化物質とは、活性酸素によって細胞が酸化するのを防ぐ物質。 1.酵素(抗酸化酵素) 2.ビタミン 3.植物化学栄養素(ファイトケミカル) 4.Q10補酵素、メラトニン、グル...
抗酸化ビタミン
抗酸化ビタミンとは、体が呼吸によりエネルギーを作る時、副次的に作られてしまう活性酸素(ガンや老化と深くかかわりがあることが最近わかっています)の作用を打ち消してくれるビタミンのこと...
高血圧
高血圧とは、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上のことを指す。 血圧とは心臓から送り出された血液が、動脈の壁を押し広げる圧力のこと。
交感神経
交感神経とは、外界からの刺激(ストレッサー)に対して反応する自律神経系のひとつ。 副交感神経と相反する作用をもち生体内のホルモンなどを制御している。
口角炎
口角炎とは、口角におこる炎症で化膿菌やカンジダ菌の感染、ビタミン B2 欠乏などが原因とされています。
更新審査(ISO)
更新審査とは、ISO規格の認証登録後、定期的に実施される、審査機関による審査。 審査頻度は3年に1回である。審査内容は、登録審査と同様にマネジメントシステムの規格適合性を主眼として...
コンプライアンスプログラム
コンプライアンスプログラムとはJISによると、「事業者が、自ら保有する個人情報を保護するための方針、組織、計画、実施、監査及び見直しを含むマネジメントシステム」と定義されている。<br /...
公害防止管理者
公害防止管理者とは、大気汚染、水質汚濁、騒音、振動等の公害を防止するため、必要な技術的事項を管理する者。工場における公害防止体制を整備するため、「特定工場における公害防止組織の整備...
国際フェアトレード連盟
国際フェアトレード連盟とは、世界で約60ヶ国・260団体のフェアトレード組織が加盟する団体。 国際フェアトレード連盟は、IFATとも呼ばれている。
コンフリーエキス
コンフリーエキスとは、ムラサキ科植物のコンフリーの葉や根から抽出された天然エキス。 コンフリーエキスのなかに含まれるアラントインという成分は、炎症を鎮め、かゆみを抑える作用が...
腰十字のポーズ
腰十字のポーズとは、全身の代謝を上げて毒素を排出するヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 首への刺激で、顔の吹き出物も治りやすく。 ?直立して両足を左右に開く。<b...
国際エネルギー機関
国際エネルギー機関(IEA)とは、第1時石油ショック直後の1974年に世界の石油消費主要国によってOECD(経済協力開発機構)の下部組織として作られた機関のこと。IEAは、International Energy Ag...
コーンスターチ
コーンスターチとは、トウモロコシの胚乳から得られるデンプン。 皮膚に対して全く無害で、付着性をもつ。 食品にも一般的に使用されているが、化粧品では香りや色を調整するために...
コンポスト
コンポストとは、生ごみなどの有機性廃棄物からつくる堆肥、または堆肥化手法のこと。 装置は 大がかりなコンポスト化プラントから、家庭用の小型生ごみ処 理機まで多種多様である。最近...
国連環境開発会議
国連環境開発会議とは、1992年、ブラジル・リオデジャネイロで開催。地球規模での環境破壊の防止を国際間で強調して取り組むことを目的とする会議。 地球環境サミットとも言われる。<br /...
コリンキエ
コリンキエとは、「貝殻」の意味のショートパスタ。名前が表す通り、貝殻の形をしている。 大きさはさまざまで、コンキリエよりも少し小さいものをコンキリエッテ、さら...
硬度
硬度(こうど)とは、水中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を、それに対応する炭酸カルシウム量に変換して表したもので、1リットルあたり何mgという形で表示する。カルシウム硬度とマグ...
小麦胚芽油
小麦胚芽油とは、小麦胚芽から得られる淡黄色の透明な液状オイル。 ウィートジャームオイルとも呼ばれる。 リノール酸、オレイン酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸、およびビタミン...
ココナッツ油
ココナッツ油とは、ココヤシの種子より採取される油脂で、わずかに特有なにおいがある。別名、ヤシ油。 ココナッツ油から作られた石けんは、冷水によく溶け、泡立ちが良く、クリーム、石...
氷砂糖
氷砂糖とは、氷のように見える、とても大きな結晶の砂糖。 溶けるのに時間がかかるため、果実酒用にもっとも適した砂糖。また、キャンディとしてそのまま食べても楽しめる。 料理...
粉砂糖
粉砂糖は、白ざら糖やグラニュー糖などの純度の高い砂糖を細かくすりつぶした砂糖。 粒子が細かい雪のような砂糖。 粒子が細かいので、果物にかけたり、クッキーやケーキなど、洋菓...
コミュニティ投資
コミュニティ投資とは、SRIの代表的な3つのアプローチの1つ。 他の2つは、スクリーニング/株主行動である。 コミュニティ投資とは、通常の金融機関の融資が届きにくい、マイノリテ...
高野豆腐(しみ豆腐/凍り豆腐)
高野豆腐とは、豆腐を一度凍らせてから脱水、乾燥させたもの。「しみ豆腐」、「凍り豆腐」とも呼ばれる。 高野豆腐は普通の豆腐に比...
米酢
米酢とは、米を主原料にして造られた酢。 日本の酢の代表格で、米のみで作られた場合は純米酢という。 おだやかな酸味でコクのある旨みとやわらかな香りが特徴。 【オスス...
穀物酢
穀物酢とは、穀物が1リットル中40g以上含まれている酢のこと。 米、麦、とうもろこし、酒かすなどの穀物から造られている。 穀物酢と名のついたものは複数の穀物を組み合わせて...
昆布(こんぶ)
昆布(こんぶ)は、寒流域に育つ褐藻類昆布科の海藻の総称。 昆布には、カルシウム、鉄、カリウム、ヨードなどが豊富で、βカロテンやビタミンB1や...
コラーゲン
コラーゲンは、人間や動物の皮膚、内蔵、骨などに含まれるたんぱく質の一種で、細胞と細胞をつなぎ合わせる働きをしている。 コラーゲンは皮膚の表面から0.1mmほど...
骨盤ダイエット
骨盤ダイエットとは、骨盤のゆがみを直すことで血液の流れが良くなり、交感神経が活性化されて基礎代謝も高まるというダイエット方法。 「骨盤がゆがんでいる」というのは、骨そのものが...
粉ミルクダイエット
粉ミルクダイエットとは、1日の食事のうち1食か2食を栄養バランスのいい粉ミルクだけにして健康的に痩せるダイエット方法。粉ミルクは、赤ちゃんが育つための全ての栄養をそれだけでとることができる、安全で栄養...
呼吸法ダイエット
呼吸法ダイエットとは、正しく呼吸して体に酸素を摂り込みやすい運動をすることで、脂肪が燃焼しやすくなるというダイエット方法。体内に酸素をたくさん取り込むには、鼻から吸って口から吐くが...
五穀米ダイエット
五穀米ダイエットとは、毎日の主食を白米から食物繊維やミネラルが豊富な五穀米に変えることで、少量で満腹感になり、便秘も解消するというダイエット方法。 五穀米とは日本古来からある...
コーヒーダイエット
コーヒーダイエットとは、1日に5?6杯のブラックコーヒーを飲むだけで、脂肪がつきにくくなるというダイエット方法。 コーヒーに含まれるカフェインには、体内活動を覚醒させるアドレナリ...
粉茶
粉茶とは、玉露や煎茶の仕上げ過程で、粉だけを選別したお茶。 茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので、水に溶けない有効成分が効率的に摂取できる。 お茶を入れた時の色合いが鮮...
紅茶
紅茶には、紅茶ポリフェノールやカフェインなど健康に役立つ成分が含まれる。 紅茶は健康にも役立つ飲み物で、香りを楽しみながらおいしく味わうことで、リラックス効果ももたらしてくれ...
コロンビア
コロンビアとは、南米大陸にある世界第2位のコーヒー生産国。 また、この国で生産されるコーヒーの種類をいう。 【味の特長】 甘い香り、円やかな酸味とコク
こんにゃくチップ
こんにゃくチップとは、調理をしないと食べ難いこんにゃくを手軽に取れるように味付け加工した菓子である。味付け分だけのカロリーで食物繊維をとれるため、こんにゃくダイエットの味方である。...
こめ油
こめ油には、玄米を削って精白米にするときにできる米ぬかが原料として使われている。米ヌカは、玄米の表層部分や胚芽で、油を20%も含んでおり、精白米にはないビタミンやミネラルがたくさん含...
ごま油
ごま油は、リグナンと呼ばれる天然の酸化防止成分を含んでいるので、酸化しにくい。 脂肪酸組成のバランスが良く、必須脂肪酸であるリノール酸と、悪玉コレステロールを抑制するオレイン...
コーン油
コーン油は、酸化安定性が良い。 加熱すると香ばしい独特の香りがたつため、揚げ油に使用すると香味豊かな揚げ物に仕上がる。 【原料】 とうもろこしの胚芽
骨粗しょう症
骨粗しょう症とは、骨がスカスカになり骨折しやすくなる病気である。 骨粗しょう症は、骨折が原因で日常生活行動の低下、さらには寝たきりになってしまうことが大きな問題となっている。...
光沢剤
光沢剤とは、食品からの水分の蒸発を防いだり、逆に湿気から食品を保護するために、食品の表面に皮膜を作ったり、表面を保護して光沢を与える目的で使用される添加物。 光沢剤</s...
香料
香料とは、食品に香気を付与または増強するために使用されるもの。 香料には、化学的に合成された合成香料と、天然物から採った天然香料があり、これ...
合成添加物
合成添加物とは、化学的な方法を使って作られた添加物のこと。 天然添加物に化学的な反応を起こして使いやすい形にした場合も合成添加物ということになる。 石油製品を主体とした原...
ゴミ問題
ゴミ問題とは、高度経済成長以後の日本は、大量生産・大量消費・大量廃棄型社会になり、ごみの排出量が増大した問題。政府はリサイクル法などを制定し、ごみの排出を抑制し、資源を再利用する循...
コーポレートガバナンス
コーポレート・ガバナンスとは、企業統治と訳される。企業を健全に運営するための仕組み。 経営者に権限が集中による弊害を監視し阻止すること、組織ぐるみの違法行為を監視し阻止するこ...
ゴーヤ
ゴーヤには、食物繊維、ビタミンE、葉酸、カリウム、カルシウム、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンA(β-カロテン)といった栄養成分が豊富に含まれている。 あの独特の苦味成分のモモル...
ごぼう
ごぼうには、カルシウム、鉄、マグネシウム、銅、食物繊維などの栄養素が含まれる。 特に、食物繊維を豊富に含んでおり、便秘の改善によい。この豊富な食物繊維は、この他にもコレステロ...
コンプライアンスプログラム
コンプライアンスプログラムとは、企業の中で、法令や倫理を遵守する仕組みを作ることを指す。 コンプライアンスプログラムは、 多くの場合3つの分野で構成され  ・遵守のた...
コンプライアンスオフィサー
コンプライアンスオフィサーとは、法令遵守責任者の意味。 企業内で法令遵守のための責任者を置く場合、責任者をコンプライアンスオフィサーと呼ぶ。 最高法令遵...
コンプライアンス
コンプライアンスとは、「?を遵守する ?の期待に応える(Comply with)」という意味。 コンプライアンスは、日本語では、「法令遵守」や「企業倫理...
小松菜
小松菜は、アクの原因となる蓚酸(しゅうさん)が少なく下ゆでの必要がないため、 調理しやすい食材。 カルシウムを非常に多く含んでおり、その量はホウレンソウの3倍以上と言わ...
濃口醤油
濃口醤油とは、江戸時代、江戸を中心に発展したもので、現在では全国のしょうゆ消費量の80%以上を占めている。100ml中に含まれる塩分は15?17%。塩味、深いうま味、まろやかな甘み...
五穀
五穀とは、人が常食する5種類の穀物を表し、米・麦・アワ・豆・キビまたはヒエなどを指す。

>>トップページへ戻る