会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引か

カーボンオフセットフォーラム
カーボンオフセットフォーラムとは、環境省が設立した団体低炭素社会の実現を目指し、カーボン・オフセット活動の情報収集・提供、普及啓発、相談支援等を実施する主体であり、 「我が国におけるカーボ...
カーボンオフセット 環境省
環境省は、カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)を設立したJ-COFは、カーボンオフセットフォーラムの略環境省では、低炭素社会の構築に向け、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の主...
カーボンオフセットはがき
カーボンオフセットはがきとは、はがきを買うことにより、カーボンオフセットができるはがきのことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
カーボンオフセットはがき
カーボンオフセットはがきとは、はがきを買うことにより、カーボンオフセットができるはがきのことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
カーボンオフセット年賀状
カーボンオフセット年賀状とは、年賀状を買うことにより、カーボンオフセットができる年賀状のことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<...
カーボンフリー
カーボンフリーとは、 CO2 を排出する活動をした際に、その CO2 の排出量を計算し、その排出量に見合った CO2 削減活動に投資や寄付することで、排出された CO2 を埋め合わせるという考え方<br /...
カーボンニュートラル
カーボンニュートラルとは、CO2の増減に影響を与えない性質のこと事業活動などで生じるCO2の排出量を、植林や自然エネルギーの導入などによって実質的に相殺してゼロに近づける取り組みのこと<br /...
カーボンオフセット
カーボンオフセットとは、CO2 を排出する活動をした際に、その CO2 の排出量を計算し、その排出量に見合った CO2 削減活動に投資や寄付することで、排出された CO2 を埋め合わせるという考え方<b...
CO2オフセット
CO2オフセットとは、CO2 を排出する活動をした際に、その CO2 の排出量を計算し、その排出量に見合った CO2 削減活動に投資や寄付することで、排出された CO2 を埋め合わせるという考え方C...
カーボンフットプリント
カーボンフットプリントとは、地球温暖化に及ぼす影響を、二酸化炭素(CO2)の排出量に数値換算した指標のこと個人の活動、企業による製品・サービスなどが、地球温暖化にどの程度影響を与...
カーボンオフ
カーボンオフは、カーボンオフセットの略語カーボンオフセットとは、CO2 を排出する活動をした際に、その CO2 の排出量を計算し、その排出量に見合った CO2 削減活動に投資や寄付すること...
カーボンニュートラル社
カーボンニュートラル社とは、イギリスのカーボンオフセットプロバイダー1997年よりカーボンオフセット事業に着手し、200を超える企業と50万人を超える個人にカーボ...
オフセット
オフセットとは、英語で「差し引き計算する(相殺する)」という意味。「カーボンオフセット」は、「二酸化炭素(カーボンダイオキサイド:carbon dioxide)を相殺する(オフセット:offset)」に由来している...
カーボンオフセットプロバイダー
カーボンオフセットプロバイダーとは、カーボンオフセットの仕組みを提供する事業を行う団体のこと英国においては、2006年に約500万トンCO2/年のクレジットがカーボンオフセットを目的として取引さ...
カーボンフォトプリント
カーボン・フットプリントとは、地球温暖化に及ぼす影響を、二酸化炭素(CO2)の排出量に数値換算した指標のこと個人の活動、企業による製品・サービスなどが、地球温暖化にどの程度影響を...
カーボンオフセット年賀
カーボンオフセット年賀とは、年賀状を買うことにより、カーボンオフセットができる年賀状のことカーボンオフセット年賀は1億枚の発行のうち約1381万枚(19年12月27日時点)が販売された<br...
褐色脂肪細胞
褐色脂肪細胞とは、体内に蓄積された余分なエネルギーを熱に変え放出する細胞のこと。 脂肪には、体内に入ったエネルギーをを中性脂肪の形で蓄積する白色脂肪細胞と体内に蓄積された余分...
カバノアナタケ
カバノアナタケとは、シラカバなどの幹に規制する耐寒性のキノコ。 カバノアナタケは、ロシア名はチャーガといわれるものの菌糸体で多くの有効成分を持っている。 ...
観光土産品推奨マーク
観光土産品推奨マークとは、年1回行われる全国推奨観光土産品審査会で合格した土産品に付けられているマーク。 観光土産品推奨マーク審査の基準は、 (1)観光...
カラギーナン
カラギーナンとは、食品添加物のひとつ。 カラギーナンは、海藻(江藻類)のスギノリやツノマタ等を原料として抽出精製された成分で、アイスクリームなどの食品にも用い...
過酸化ベンゾイル
過酸化ベンゾイルとは、食品添加物のひとつ。 過酸化ベンゾイルは、製パン性の向上のため食品に添加される。 【過酸化ベンゾイルの使用目的】...
カイラン
カイランとは、ケールと同じ種類でキャベツの仲間の中国野菜。 別名、チャイニーズケール。 開花直前のつぼみとその花茎や若葉を食す野菜で、アスパラの芯を柔らかくしたような食感。 中華料理...
甘草(かんぞう)
甘草(かんぞう)とは、マメ科の多年草の根・根茎。 甘味料として用いられるグリチルリチンを含む。 甘草(かんぞう)は、脾臓や心臓の働きを助け、また、痰を取...
かんてん
カンテンとはテングサなどの海草を煮た汁を固めて乾燥させたもの。 カンテンに含まれる豊富な食物繊維は、腸内に溜まってしまった、コレステロールや老廃物などを体の外...
カンテン
カンテンとはテングサなどの海草を煮た汁を固めて乾燥させたもの。 カンテンに含まれる豊富な食物繊維は、腸内に溜まってしまった、コレステロールや老廃物などを体の外...
かぶら寿司(富山県)
かぶら寿司とは、石川県金沢が発祥、富山県が名産地となっている郷土料理。 かぶら寿司は、塩漬けしたかぶらに、塩漬けした鰤(ぶり)を挟んで麹(こうじ)で漬けた発酵...
かつおめし(千葉県)
かつおめしとは、千葉県の郷土料理のひとつ。 このかつおめしはもともと船の上で漁師が食べる料理だったそうで、水揚げしたばかりのかつおを米と一緒に豪快にしょうゆ煮...
がんづき(岩手県)
がんづきとは岩手県、気仙地方を代表する郷土料理のひとつ。 日常のおやつや農繁期 の小昼として、冠婚葬祭の引き出物としても食べ継がれてきたもの。 丸いがんづき</stron...
かぼちゃ汁粉
かぼちゃ汁粉とは、北海道の帯広の郷土料理のひとつ。 帯広地方のおやつで、昔はもち米が穫れなかったために、代わりに豊富に 獲れたかぼちゃを 餅代わりに入れて炊いたお汁粉。</p...
岩盤浴
岩盤浴とは心地よい温度に温めた天然の鉱石の上にバスタオルなどを敷いて横たわり、サウナ以上の発汗作用を得られる「お湯を使わないお風呂」の事。 <岩盤浴の特徴>...
カリグラフィー
カリグラフィーとは、、「CALLI(美しい)」と「GRAPHEIN(書く事)」 というギリシャ語に由来する言葉で、意味は「美しき書き物」。 アメリカやヨーロッパでは日本での書道...
牡蠣の土手鍋
牡蠣の土手鍋とは、広島県南部の郷土料理の一つ。 広島湾で養殖された牡蠣を使った鍋料理。味噌を土鍋の縁に土手のように盛って、溶かしながら食べるところから『土手鍋...
からすみ
からすみとは、ボラの卵巣を塩漬けして、乾燥整形したもの。 サバの卵巣で作ることもある(香川県)。 からすみに含まれる栄養素、DHA、POA、LA等は、成人病を予...
カプレーゼ
カプレーゼとは、イタリア料理の一つ。トマト、モッツァレラチーズ、バジルを組み合わせたサラダのこと。 本来はカプリ風のという意味だが、日本では Insalata di Caprese (インサラータ...
カナッペ
カナッペとは、小さく切った薄切りのトーストに卵や肉、野菜などの様々な具をのせたもの。 オードブルによく用いられる。
カトラリー
カトラリーとは、ナイフ、フォーク、スプーンなどの食器のこと。
ガトー
ガトーとは、フランス語で「焼き菓子」を意味する。
カルヴァドス
カルヴァドス とは、フランスのノルマンディ地方、カルヴァドス県でつくられるりんごのブランデーのこと。 ただし、カルヴァドス産のりんごのブランデーがすべて「カルヴァドス</...
カナディアンウイスキー
カナディアンウイスキーとは、カナダでつくられるウイスキーの総称。 ライ麦を主原料とし、穏やかな香りをもつ、フレーバーリング・ウイスキーと、とうもろこしを主原料とし、クリーン...
カッコン(葛・クズ)
カッコン(葛・クズ)とは、発汗、解熱の目的で葛根湯(かこんとう)の主薬として重用される生薬。 根から取ったデンプンは食用としても利用される。 山野に自生するマメ科のつる性...
甘草(カンゾウ)
甘草(カンゾウ)とは、気管支炎、咳などに対する家庭薬として配合されるほか、葛根湯(かっこんとう)、桂枝湯(けいしとう)、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)などの多くの漢方薬に用いられ...
ガジュツ(紫ウコン)
ガジュツ(紫ウコン)とは、健胃作用に優れた生薬。 インド原産で各暖地に栽培されるショウガ科の多年草。高さ1mほどの楕円状の大きな葉をだし、 夏に穂状で淡黄色の花をつける。薬...
夏枯草(カゴソウ・ウツボグサ)
夏枯草(カゴソウ・ウツボグサ)とは、肝臓病、膀胱炎の緩和を目的に漢方薬などに配合される生薬。 山野や路ぼうに自生するシソ科の多年草で、初夏に15?30の花茎をだし、穂状で紫色の小花...
カンゾウ(甘草)
甘草(カンゾウ)とは、気管支炎、咳などに対する家庭薬として配合されるほか、葛根湯(かっこんとう)、桂枝湯(けいしとう)、大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)などの多くの漢方薬に用いられ...
関節痛
関節痛とは、間接の痛み。 加齢などにより関節表面を覆っている軟骨の磨耗や変性が起こり、土台の骨そのものにも変形が生じる。 それが原因で「関節炎」という炎症が生じ、関節の痛...
眼圧
眼圧とは、眼球の内圧、簡単にいえば眼の硬さのこと。 眼の硬さは眼の中の水の量によって自然に調節されているが、何らかの理由で水が増えて眼圧が高くなると硬くなり、減ると眼圧は下が...
カロリー
カロリーとは、栄養学などで用いる熱量の単位。 <カロリーの算出方法> 一カロリーは純粋の水一グラムの温度を一気圧のもとでセ氏一四・五度から一度だけ上げ...
カルニチン
カルニチンとは、脂肪を筋肉に運び燃焼させる役割を担っているアミノ酸の一種。 カルニチンは、脂肪酸の分解(β-酸化)を促進させる。体内のカルニチンは、肝臓で生...
かりん
かりんとは、バラ科に属する果実。 <かりんの成分> 果実は晩秋に黄色に熟し、芳醇な香りがする。実は硬く渋みが強いので、生では食べられない。 ジャム、ゼリー、砂糖漬...
ガラナ
ガラナとはブラジルやウルグアイなど、アマゾン地帯に分布する果実。 ガラナは、南半球で親しまれているハーブ。南米で「エネルギー」の同義語にもなっているガラナは強...
カムカム
カムカムとは、グアバと同じくフトモモ科の植物。ビタミンCを多く含むとされる植物。ビタミンCの量は、レモンの約60倍。 <カムカムの原産> カムカム<...
花粉
花粉とは、種子植物の雄しべの葯(やく)の中にできる粉状の細胞。 雄性の配偶体。雌しべの柱頭につくと花粉管を伸ばす。
カビ
カビとは、細菌(バクテリア)やウイルスと同じく微生物の仲間であり、学問的には「真菌類」と呼ばれている。 「真菌類」は、「べん毛菌類」・「接合菌類」・「子のう菌類」・「担子菌類」及び「不...
カバノアナタケ
カバノアナタケとは北海道やロシアなどに生息する非常に希少なキノコ。 <カバノアナタケの栄養素> カバノアナタケに含まれるビタミン、ミネ...
可塑剤
可塑剤とは主に、酸とアルコールから合成される化合物(一般にエステルといわれるもの)。 酸としては、フタル酸、トリメリット酸、アジピン酸などがある。また、アルコールはオクタノー...
カゼイン
カゼインとは、牛乳の80%を占めるタンパク質。カゼインは「乾酪素」とも呼ばれる。牛乳には約3%(全タンパク質の約80%を占める)、母乳には約1%含まれています。牛乳を温めるとできる...
カシス
カシスとは、欧州やアジアの寒冷地で生育しているユキノシタ科の潅木で、広く栽培されている。独特の良い香りのある直径1cm弱の濃い紫色の実で、ベリー類の一種。果実は、ジュースやジャム、...
過酸化水素水
過酸化水素水とは、無色透明で過酸化水素を34.5?35.5%含有する液体 一般にオキシドールあるいはオキシフルといわれているものは過酸化水素の3%水溶液のことをいう。 <...
過酸化水素
過酸化水素とは、活性酸素の一種。 <過酸化水素の特徴> 過酸化水素は、不対電子を持たないため酸化力は大きくないが、とても不安定で、わず...
牡蠣
牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど、良質のタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く含んでいる貝類。かき(牡蠣)には、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、リン な...
潰瘍
潰瘍とは、皮膚・粘膜層において、上皮組織の部分的欠損が深部に及んでいるもの。 潰瘍としては、胃潰瘍、十二指腸潰瘍が代表的。 皮膚と違って胃や十二指腸は...
カイザーゼンメル
カイザーゼンメルとは、オーストリアのテーブルパン。 現在は、ドイツ全般にも普及しているパン。 丸めた生地に5本のカーブした切れ目を入れて焼いた、王冠を型どったパン。<br /...
カクテルグラス
カクテルグラスとは、主にショートカクテル用のグラス。 容量90mlが標準。 逆三角形の部分(ボウル)が鋭角なほど強いカクテルに。 ※カクテルグラスの...
カバ
カバとは、スペインのスパークリングワイン(スペインではエスプモーソ:Esupumosoという)の中で シャンパン方式(瓶内二次発酵法)でつくられたもののこと。 カバ</str...
カルタワイン
カルタワインとは、ラインガウ(ドイツ北方のワイン産地)伝統の辛口ワインを復活させようという意図で1984年にスタートしたカルタワイン醸造所同盟が提唱するワインのこと。<...
ガゴメ昆布
ガゴメ昆布とは、北海道の函館から室蘭にかけて生息する昆布。 表面にかごの目に似た突起があることからこの名がついている。 とても粘り強いのが特徴で、甘味が強い昆布。 <p...
加賀味噌(かがみそ)
加賀味噌(かがみそ)とは、長期熟成型で、きりっとした甘みに特徴がある米味噌。 加賀前田藩の貯蔵用の味噌として造られた塩分の多い辛口味噌。 色は淡めの赤色。 <<st...
広東料理(かんとんりょうり)
広東料理(かんとんりょうり)とは、中国の南部、広東省の料理。 広東語である飲茶ヤムチャやワンタンが英語でも日本語でもそのまま使われていることからも 分かるように、世界中に...
掻い敷(かいしき)
掻い敷(かいしき)とは、料理を盛るときなどに敷くもの。 主に用いられるのは、天ぷらなどの揚げ物の下に敷く、「紙掻い敷」。 奉書紙などが使われ、釉(うわ...
海水程度の塩水
海水程度の塩水とは・・・ 海水とほぼ同じ、3%くらいの塩分を含んだ水のこと。 アサリやハマグリなどの貝類の砂はかせには、この濃度がちょうど良い。
懐石料理(かいせきりょうり)
懐石料理(かいせきりょうり)とは・・・ 茶席の食事のこと。 「懐石」には、空腹をしのぐもの、という意味が含まれており、本来は茶席で濃茶の前に出す 簡単な食事。一汁...
隠し味
隠し味とは、味を引き立てるためにごく少量調味料を加えること。 例えば、餡(あん)を作るときに少量の塩を加えるなど。 加えた塩が、砂糖の甘みを引き立てる隠し味</st...
隠し包丁
隠し包丁とは、表面から見えない部分に入れる包丁の切り目のこと。 忍び包丁ともいわれ、大根の厚切りや丸のままのカブなどによく用いられる。 隠し包丁を入れ...
飾り包丁
飾り包丁とは、材料の表面に包丁で切り目を入れること。 見栄えと火の通りや味の含みをよくする目的がある。 ナスやしいたけ、魚の表面につけるものなどが飾り包丁</stro...
片開き(かたびらき)
片開き(かたびらき)とは、魚の開き方の一種。 方袖開きともいわれ、アジなどの開き(干物)にも用いられる。 頭をつけたまま、背から包丁を入れて中骨にそって開き、はらわたを...
桂剥き(かつらむき)
桂剥き(かつらむき)とは、野菜の切り方の一種。 5?6cmの長さに切った材料を皮を剥く要領で、回しながらごく薄く切ること。 大根、にんじん、きゅうり、うどなどに用いられ...
金串
金串とは、魚介などの焼き物に用いる金属製の串。 焦げる心配がなく、繰り返し使える。
鹿の子(かのこ)
鹿の子(かのこ)とは、包丁目の入れ方の一つ。 材料の表面に細かく斜めの格子の切込みを入れること。 イカを鹿の子切りにして火を通すと、きれいに仕上がり、...
カネロニ
カネロニ とは、太い筒状に巻いたパスタ、およびパスタ料理。 シート状のパスタに具をのせて巻き、グラタン仕立てにすることが多い。 最初から筒状になった乾麺もある。
ガレット
ガレットとは・・・ 円形状の平たいお菓子のことで、このような形に成形することを『ガレット状』にするという。 フランス語で小石をガレ(galet)と言うことか...
カレダニョー
カレダニョーとは、子羊の背肉のこと。
ガルニ
ガルニとは、メインの料理に添えられる付け合せのこと。 日本では「ガルニチュール」の省略形として使われている。
カスーレ
カスーレ とは、南西フランス、ラングドック地方の名物で、 白インゲン豆と肉類の煮込み料理。
カルト
カルトとは、フランス語で品書き、メニューのこと。 ※フランスでメニュー(現地発音でムニュ)は、コース料理の意味。
カーブ
カーブとは、地下にあるワイン蔵のこと。 ワインセラー。
蒲焼き(かばやき)
蒲焼き(かばやき)とは、うなぎなどを開いて串刺しにし、タレをつけて焼いた料理。 うなぎはかつては、丸ごと串に刺して焼かれており、その形「がまの穂」に似ていたことから 「...
カベルネ・ソーヴィニヨン
カベルネ・ソーヴィニヨンとは、ブドウ品種のひとつで、主にフランス・ボルドー地方の赤ワインの主原料。 世界的に人気が高く、カリフォルニアや南半球のワインにも使用されている。
カビネット
カビネットとは、熟した果実から造られ、一般にQ.m.pの中で最も辛口のワイン。 生産者の味筋の一番よく判るワインと言われるクラスで、価格も手ごろ。
乾煎り(からいり)
乾煎り(からいり)とは、水や油を使わずに材料をいること。 鍋やフライパンに材料を入れて火にかけ、材料をころがしたり、 混ぜ合わせたりしながら加熱することをいう。 ...
空焼き(からやき)
空焼き(からやき)とは、フライパンや鍋を殻の状態で熱すること。 特に、鉄の中華鍋やフライパンで調理をするときに、はじめに煙が出るぐらいまで 空焼きして...
皮霜(かわしも)
皮霜(かわしも)とは、魚の皮のついている方に熱湯をかけ、白くすること。 霜が降りている様子に似ていることからこの名が付いた。 皮にうま味がある、鯛やヒラメ、スズキなどを...
皮をこそげる
皮をこそげるとは・・・ 包丁の峰(背)やたわしなどで皮をこすりとること。 ごぼう、里芋、粒じゃがいもなど、皮の薄い野菜の皮むきにこの方法が用いられる。
観音開き(かんのんびらき)
観音開き(かんのんびらき)とは、肉や魚の厚い部分を切り開く手法のこと。 厚い部分の真ん中に縦に包丁を入れ、厚みの半分まで切ってから、左右に包丁を入れて開く。 仏壇の扉の...
ガーリックプレス器
ガーリックプレス器とは、ニンニクをプレス器にはさみ、グリップを握るだけで 穴から押しつぶされたニンニクが出る調理器具。 おろしショウガなどを作る時にも使用することができる...
かつお節削り器
かつお節削り器は、木箱に大工道具のカンナを逆さまにした物がついた形をしたもので、かつお節を削るのに使用する専用調理器具。 ただし、かつお節を削るために刃の出し具合で調整する...
カラーパンクチャー
カラーバンクチャーとは、西ドイツの療法家であるピーター・マンデルによって研究、開発されたヒーリング方法。 カラーパンクチャー、身体各部に対し...
カイロプラクティック (Chiropr...
カイロプラクティック (Chiropratic)とは、身体の構造を改善することで脳・神経・リンパなどの働きを調整し自然治癒力を高める医学療法。 カイロとはギリシア語で「手...
カパ
カパとは、アーユルヴェーダ※で使われる、体質をあらわすドーシャの1つ。 土と水のエネルギーを合わせ持つドーシャのこと。 <カパの性質>...
カウスリップ(キバナノクリンザ...
カウスリップ(キバナノクリンザクラ)とは、地中海沿岸からアジア南西部にかけてが原産地のサクラソウ科の多年草ハーブ。 根、葉には肺を刺激して温める性質があり、特...
ガーデンルー(ヘンルーダ)
ガーデンルー(ヘンルーダ)とは、ミカン科の南ヨーロッパ原産の多年草ハーブ。 消毒用にと床に撒かれるハーブ。 【ガーデンルー</st...
カレープラント
カレープラントとは、地中海沿岸が原産のキク科の葉の色が銀色の多年草ハーブ。 その名の通り、草全体からカレーの匂いがする。(カレー粉の原料ではないそうだが)...
かれい
かれい(鰈)とは、白身魚の代表でその淡白な味が好まれ広く親しまれている。「左ひらめに右かれい」といわれ、そのほとんどが体の右側に目がついている。 かれ...
からし(辛し)
からしにはいくつかの種類があるが、アブラナ科の「からし菜」が原料。 からし菜にもいくつか種類があるが、からしには種子の部分を使用する。 からし</s...
からし菜
からし菜とは、その種子が「からし(辛子)」の原材料になっている葉物野菜で、葉にもピリッとした辛味がある。アブラナ科の仲間であるからし菜は元々は中央アジアに野生して...
ガスール
ガスールとは、モンモリロナイトの一種のモロッコ産のクレイで、単独使用はもちろん手作り化粧品の基剤として非常に使い勝手のよい優れたクレイ。 ガスールの主な有効成...
カワラヨモギエキス
カワラヨモギエキスとは、キク科の植物であるカワラヨモギの花、葉、茎から抽出した化粧品成分エキス。キク科の多年草で"川原や海岸の砂地に多く自生するヨモギ</stro...
かぶれ
かぶれとは、接触性皮膚炎の俗語で、皮膚に接触したいろいろの物が原因で発生した湿疹のことである。 かぶれの原因物質は様々。肌質にあわない化粧品...
かおり環境
かおり環境とは、生活や周辺環境に密着した地域独特のかおりがあるという考え方/環境のこと。 <かおり環境と環境省> 臭覚を通じて人を刺激する感覚を、不快な...
合併処理浄化槽
合併処理浄化槽とは、各家庭に取り付ける汚水処理装置のこと。生活排水を浄化して近隣の河川などに放流する。 <合併処理浄化槽の種類> トイレの汚水(し尿)...
ガス化溶融炉
ガス化溶融炉とは、ごみを還元雰囲気下で燃焼・ガス化し、分離したガスと固形分を外部からエネルギーを投入せずにさらに高温燃焼し、残った灰分を溶融する技術。 <ガス化溶融...
学習指導要領
学習指導要領とは、全国どこでも一定水準の教育が受けられるようにするため、各学校がカリキュラムを編成する際の基準として国が定めたもの。小学校、中学校、高等学校、盲学校、聾学校、養護学...
外来生物法
外来生物法とは、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律。 2005年6月に施行された。 <外来生物法の内容> 日本に「入れない」、飼っている外来生物を「捨...
外来生物
外来生物とは、もともとその地域に生息していなかったのに、人間の活動によって外国から入ってきた生物のこと。 <外来生物の背景> 国際化の進展によって海外...
外来種
外来種とは、人間の活動によって植物や動物が移動し、それまで生息していなかった地域に定着し、繁殖するようになった種のこと。 <外来種の例> スポーツフィ...
外部不経済
外部不経済とは、財やサービスの生産・流通、使用などの各段階について市場の外部で発生するマイナス財(バッズ)を、適正に処理する費用が市場メカニズム自体に存在しない結果、環境破壊や健康...
間伐材
間伐材とは、間伐の為、伐採された材木。 <間伐の目的> 間伐しなければ木の根付きが悪く、大雨による土砂災害や、倒れた木が川に流出して河川沿いの人家に大きな被害をもたらす...
間伐
間伐とは、スギやヒノキなどの人工林で、生長の段階に合わせて一定面積あたりの本数を減らす間引きのこと。
感染性廃棄物
感染性廃棄物とは、人に感染する、あるいは感染する可能性のある病原体を含む廃棄物のこと。 <感染性廃棄物の種類> 多くは医療機関や研究機関から排出される...
環境ボランティア
環境ボランティアとは、環境やそれに近い分野で活動するボランティアの総称。 <環境ボランティアの種類> 環境ボランティアには、自然保護や...
環境保全型農業
環境保全型農業とは、地生産性との調和を図りながら、環境に与える負荷をできる限り低減していく農業のこと。 <環境保全型農業推進の背景> 生産性向上のため...
環境保全型科学技術
環境保全型科学技術とは、原料の採取、輸送、製造、消費者への製品輸送、廃棄等の過程で環境負荷の低減を考慮した科学技術。 <環境保全型科学技術の背景> 地...
環境福祉学
環境福祉学とは、環境と福祉の相互関係を考えることにより、それぞれの理解を更に深め、両者の発展につなげていこうとする新しい学問領域。 <環境福祉学の現状><br ...
環境ビジネス
環境ビジネスとは、環境への負荷が少ない製品・サービスや、環境保全技術・システムなどを提供するビジネス全般のこと。 <環境ビジネスの例> 公害防止装置廃...
環境費用
環境費用とは、企業活動などに伴って発生する環境への負荷を低減させることを目的とした費用や、それに関連した費用のこと。 <環境費用の算定方法> 環境保全...
環境標語
環境標語とは、環境保護や環境活動などを促進する標語。 環境標語は、学校や職場、地域などで、環境啓発活動の一環として活用されている。
環境パフォーマンス評価
環境パフォーマンス評価とは、EPE(Environmental Performance Evaluation)といい、組織の環境に関する活動や実績などを、定性的・定量的に評価する手法のこと。 <環境パ...
環境犯罪
環境犯罪とは、環境に関する犯罪の総称。 <環境犯罪の例> 環境犯罪には、有害廃棄物やオゾン層破壊物質、保護されている野生動植物などの不...
環境配慮活動促進法
環境配慮活動促進法とは、国や自治体などに毎年、環境報告書の作成と公表を義務付け、自主的な環境保全活動の推進を目指す法律。 環境配慮活動促進法は、2004年3月に法...
環境の日
環境の日とは、1972年にストックホルムで開かれた国連人間環境会議を記念し、同会議の開催日である6月5日を環境の日と定め、6月の一カ月間を環境月間、同日を初日とする1週間を環境週間とし...
環境難民
環境難民とは、海面上昇や砂漠化など、環境・気候の著しい変化によって居住地を離れることを余儀なくされた人々。 <環境難民の事例> 特に地球温暖化による気...
環境デューデリジェンス
環境デューデリジェンスとは、環境影響、汚染状況を入念に調査し、適正に評価すること。 <環境デューデリジェンスの例> 汚染土壌の売買の場合、土壌の汚染状況を知らずに購入す...
環境整備船
環境整備船とは、東京湾や伊勢湾など閉鎖性海域において、海面の油やごみを回収する船のこと。 <環境整備船の目的> 水質計測などモニタリング機能も有してお...
環境政策優先度指数
環境政策優先度指数とは、企業や製品、製造工程などにおける大気汚染や水質汚染の環境影響を、「エコポイント」という単一の尺度で統一的に評価するもの。 <環境政策優先度指...
環境触媒
環境触媒とは、環境保全の為に利用される触媒。 <環境触媒の種類> 環境中に排出されてしまった汚染物質を除去するための「直接型」と、汚染物質が環境中に排...
環境省
環境省とは、行政改革に伴う省庁再編により誕生する日本初の環境問題担当省で、地球環境保全、公害防止、自然環境の保護・整備その他の環境の保全などを図ることを任務とする。設置や任務、所掌...
環境首都
環境首都とは、環境先進国ドイツの中でも環境保全に関して特に優れた取り組みをしている自治体に与えられる称号。ドイツ環境・自然保護協会(BUND)が選定する。 <環境首...
環境コミュニティー・ビジネス事...
環境コミュニティー・ビジネス事業とは、地域の企業や市民団体、NPO法人など地域コミュニティーを形成する主体が連携・協働し、地域が持つ環境問題の解決に役立つまちづくり活動を、経営感覚...
環境コミュニケーション大賞
環境コミュニケーション大賞とは、地球・人間環境フォーラムが主催、環境省ほかが後援する従来の「環境レポート大賞」が、04年からテレビ環境CM部門の新設を機に改称されたもの。 ...
環境効用(エコエフィシェンシー...
環境効用(エコエフィシェンシー)とは、製品やサービスに求められる本質的な機能(効用)を向上させるとともに、ライフサイクル全体での環境負荷を低減する考え方のこと。 <...
環境権
環境権とは、誰もがより良い環境を享受できる権利のこと。 <環境権の歴史> 環境権は、ミシガン大学のサックス教授により1960年代後半に提唱された。1972年に...
環境計量証明
環境計量証明とは、環境に係る計量証明及びその事業のこと。 環境測定・調査を行う事業所は、計量法に基づき事業所登録を行わなくてはならない。また、適正計量管理事業所としての登録を...
環境計量士
環境計量士は、大気、水(工場排水・河川など)、土壌などに含まれる有害物質の濃度や、環境中の振動・騒音の計測を行う。 環境軽量士は、経済産業省大臣認定の国家資格。
環境形成型地区
環境形成型地区とは、みどり豊かな町づくりを目指し、地区を設定して緑化などに重点的に取り組むこと。 <環境形成型地区の取り組み/効果> 東京都では、該当...
環境共生住宅
環境共生住宅とは、環境住宅ともいい、エネルギー・資源・廃棄物など環境に配慮した住宅の総称。 <環境共生住宅の目的> 大きく分けて地球環境の保全、居住環...
環境教育推進法
環境教育推進法とは、国民一人一人の環境保全に対する意識・意欲を高め、持続可能な社会作りにつなげることを目的とした法律。正式名称は「環境の保全のための意欲の増進及び環境教育の推進に関...
環境教育
環境教育とは、環境問題を解決するために行われる教育。 <環境教育の内容> 環境や自然についての知識を学ぶだけでなく、自然体験や、さまざまな環境保全活動...
環境基本法
環境基本法とは、環境についての基本となる理念を示した法律。 <環境基本法の内容> 国、地方公共団体、事業者、国民の責務を明らかにするとともに、環境保全...
環境基本計画
環境基本計画とは、環境基本法第15条の規定に基づいて、地球環境保全を積極的に進めていくために国が定める計画。 <環境基本計画の取り組み> 環境基本法がう...
環境危機時計
環境危機時計とは、地球環境の危機レベルを時刻で表したもの。 <環境危機時計の見方> 環境が悪化して地球が滅亡する時刻を12時に設定し、  0?3時は「...
環境家計簿
環境家計簿とは、毎日の生活の中で環境に関係する出来事や行動を記録し、家庭でどんな環境負荷が発生しているか、どのように改善していけばよいのかがわかる出納簿のこと。 <...
環境カウンセラー
環境カウンセラーとは、市民やNGO、事業者などが行う環境保全活動に対する助言を行う人材のこと。 <環境カウンセラーとしての登録> 平成8年環境庁(当時)告示...
環境改善型予防医学
環境改善型予防医学とは、次世代を担う子供や胎児をこれらの環境因子から守るために、生活の中で防御しようという考え方である。特に医学的な観点から、これまでなかったゼロ次予防という提案も...
簡易分析法
簡易分析法とは、短時間、低コストで目的とする化学物質を検出できる手法で、特にダイオキシン類分析の分野で注目されている。 <簡易分析法の特徴> ダイオキ...
川の日
川の日とは、国土交通省は7月7日を川の日と定めている。7月はまた、河川愛護月間でもある。 <川の日の背景> 川は命の水を与えてくれ、憩いの場、レクリエ...
川の通信簿
川の通信簿とは、河川を五段階で評価したもの。 <川の通信簿の背景> 魅力ある河川空間の保全、悪い点の改善につなげていくことを目的に、国土交通省が2002年...
カルタヘナ議定書
カルタヘナ議定書とは、地球サミット(1992年)で発効された生物多様性条約に基づき2000年に採択された議定書で、正式名称は「バイオセイフティに関するカルタヘナ議定書」。 <<strong...
火力発電
火力発電は、石炭、石油、天然ガス(LNG)などの燃料をボイラーで燃やして得た、高温、高圧の蒸気でタービンを回して発電する。 <火力発電と環境問題> 電力に...
紙リサイクル
紙リサイクルとは、紙はパルプを原料とし、比較的リサイクルしやすい特徴があり、循環型資源の典型といえる。 <日本の紙リサイクル> 日本の製紙原料に占める...
神の子たち
神の子たちとは、フィリピンのマニラ郊外にあるごみ処理場を舞台に、「ごみ」を生活の糧として生きるスカベンジャー(不要品の収集・処理をする廃品回収業など)を主人公としたドキュメンタリー...
花粉症
花粉症とは植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気のこと。 <花粉症の症状> 鼻炎や結膜炎、喘息、咽頭炎などが主な症状となる。 <<stron...
カネミ油症事件
1968年、九州を中心に発生したPCBによる大規模な中毒事件。福岡県下で多発した皮膚病を発端に、手足のしびれやいわゆる「黒い赤ちゃん」の確認など深刻な健康被害が相次ぎ、疫学調査の結果、カネミ倉庫社製の...
カドミウム
カドミウムとは、亜鉛鉱石に多く含まれる重金属で、鉄や銅メッキ、黄色塗料、充電式電池などに多く用いられてきた。 <カドミウムの問題> カドミウム<...
カッセル・プロジェクト
カッセル・プロジェクトとは、生分解性プラスチックを実際に1つの町に大々的に普及させ、その使用が循環型社会の形成に貢献するかどうか実証するため、2001年5月から翌年11月までドイツのカッセ...
活性炭
活性炭とは、ある物質を選択して分離、除去、精製するため、活性化と呼ばれる化学的、物理的な処理を施して吸着効率を高めた炭のこと。 <活性炭の性能/活用方法><b...
活性汚泥モデル
活性汚泥モデルとは、排水処理方式の一つである活性汚泥法における様々な微生物の中で、最も重要な役割を果たす3つのグループ(従属栄養生物、硝化細菌、リン蓄積生物)を選び、その増殖する様...
活性汚泥処理
活性汚泥処理とは、微生物の集まりである「活性汚泥」を利用して排水を浄化する手法で、下水処理や産業排水処理などに広く用いられている。 <活性汚泥処理の方法><b...
家畜排せつ物法
家畜排せつ物法とは、家畜排せつ物を肥料などとして有効に活用すること、また、家畜排せつ物が地下に浸透して地下水を汚染することなどがないよう適正に管理すること、などを義務付ける法律。<b...
仮想水(バーチャルウォーター)
仮想水とは、農産物や製品の製造に使われた水を、その製品の購入者が間接的に消費したとする考え方のこと。 <日本の仮想水> 日本は多くの農産物を輸入してい...
河川水辺の国勢調査
河川水辺の国勢調査とは、国土交通省が1990年度から実施しているもので、河川やダムなどで生物、植物、魚類などの調査。 <河川水辺の国勢調査の内容・結果> 2...
河川フレッシュ度
河川フレッシュ度とは、河川本来水量が全河川水量全体に占める割合。 河川フレッシュ度は、2003年度に国土交通省河川局が導入した新しい指標。 <河川...
化石燃料
化石燃料とは、動物や植物の死骸が地中に堆積し、長い年月の間に変成してできた有機物の燃料。 <化石燃料の種類> 化石燃料には、石炭、石油、天然ガスなどが...
カスケード利用
カスケード利用とは、資源を1回だけの使いきりにするのではなく、使って性質が変わった資源や、使う際に出る廃棄物を別の用途に使用し、その使用の後も更に別の用途に使用する、という具合に資...
化審法
化審法とは、環境への蓄積性が高く、健康被害や環境汚染を引き起こす可能性のある化学物質について、製造や輸入等を規制する法律。昭和48年に制定されたもので、正式には「化学物質の審査及び製...
化学物質過敏症
化学物質過敏症とは、微量の化学物質に接するだけで体調異常を引き起こす症状。 <化学物質過敏症の原因> 日常生活の中で特定の化学物質に長期間接触し続ける...
化学物質アドバイザー
化学物質アドバイザーとは要請に応じて説明会や勉強会に講師として参加し、化学物質に関する情報を分かりやすく解説してくれる。環境省が2003年度から始めたパイロット事業。 <<strong...
科学的自然減衰
科学的自然減衰とは、汚濁物質が自然の浄化作用により分解され、濃度が低減していく現象のこと。 <科学的自然減衰の効果> 土壌に含まれる汚染物質は、化学的...
化学的酸素要求量(COD)
化学的酸素要求量(COD)とは、水中の有機物を酸化剤で酸化するのに消費される酸素の量で、水質汚濁の指標の1つとなっている。湖沼・海域で環境基準値が定められている。 化学的...
海洋投棄
海洋投棄とは、廃棄物を海に投棄すること。 <海洋投棄の現状> 廃棄物の処分は原則的に陸上で行うことになっているが、技術的・経済的理由などにより海洋に投...
海洋温度差発電
海洋温度差発電とは、海洋の表層と水深数百メートルの深層の温度差を利用して発電するシステム。 <海洋温度差発電の取り組み> 佐賀大学で先端的な研究が進め...
海洋汚染
海洋汚染とは、工場排水、産業廃棄物、廃プラスチック、タンカー事故による油、生活排水などが海洋を汚染すること。 海洋汚染は、国内外で深刻な問題として受け止められ...
界面活性剤
界面活性剤とは、液体や気体、固体などのうち、2つの物質の界面(表面)に働いて、境界面の性質を変える物質。 <界面活性剤の成分・使用方法> 界面活性剤の分...
開発教育
開発教育とは、世界の誰もが共に生きることのできる公正な地球社会を作っていくため、様々な社会的な課題に取り組む教育活動のこと。 <開発教育の歴史背景> ...
改正廃棄物処理法(2003年版)
改正廃棄物処理法(2003年版)とは、不適正処理への対応とリサイクル促進を強化したのが法律。 <改正廃棄物処理法(2003年版)の内容> 不法投棄未遂罪の創設...
改正土地改良法
改正土地改良法とは、2002年に施行されたもので、農業農村整備の事業実施の原則として、生態系を含む環境との調査への配慮が法的に位置付けられた。 <改正土地改良法...
海水淡水化
海水淡水化とは、海水に含まれる塩分を除去して飲料水に転換すること。離島や慢性的な水不足に悩む地域における渇水対策として活用される。 <海水淡水化の取り組み>...
海岸ごみ
海岸ごみとは、海岸に漂着、打ち上げられたごみの総称。 <海岸ごみの原因・種類> 海岸ごみには、さまざまな使用済製品や工場などからの廃棄品、船からの投棄...
カーボンニュートラル
カーボンニュートラルとは、二酸化炭素の増減に影響を与えない性質のこと。カーボンとは炭素のこと。 <カーボンニュートラルとバイオマス> 地球温暖化防止、...
カンフル
カンフルとは、くすの木からとれる精油成分で、医薬品として虫除けに使われ、化粧品成分としては荒れ防止の薬効成分として配合される。別名、樟脳(しょうのう)。 カンフル</str...
カーボンブラック
カーボンブラックとは、天然ガスや液状の炭化水素を不完全燃焼または熱分解して得られる炭素で、黒色の微粉末で化粧品に色を付けるために用いる。 着色力がとても強いため、少量の配合で...
寒天
寒天とはテングサなどの海草を煮た汁を固めて乾燥させたもの。 寒天に含まれる豊富な食物繊維は、腸内に溜まってしまった、コレステロールや老廃物などを体の外に排出し...
賀茂なす(かもなす)
賀茂なす(かもなす)とは、ボリュームのある円形、つやつやと光る深い紫色をした「なすの女王」とも呼ばれる京野菜。ヘタが3片で、ずっしり重いのが特徴で、肉質が緻密で、煮...
賀茂とまと(かもとまと)
賀茂とまと(かもとまと)とは、昔ながらの栽培方法(赤く熟れるまで収穫しない、ロックウール栽培)で作られている京野菜。 ビタミンAやビタミンC、食物繊維、カリウ...
γ-リノレン酸
γ-リノレン酸とは、人間の体に必ず必要な必須脂肪酸の一つ。 γ-リノレン酸は、母乳に含まれており、通常の食事から摂ることは困難。本来は植物油脂に含まれるリノール...
γ-アミノ酪酸
γ-アミノ酪酸とは、動植物界に広く分布しているアミノ酸の一種で人間の脳にも広く存在している。 英語名が、gamma-AminoButyric Acidなので頭文字を取って「GABA(ギャバ)」と略称され...
γ-GTP
γ-GTPとは、GOT・GPTと同じくたんぱく質を分解する酵素のひとつ。 γ-GTPは、アルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したときや、結石・がんなどで胆管が閉塞したときに、...
ミルクカルシウム
ミルクカルシウムとは、別名乳清カルシウムといい、牛乳の水溶性部分から分離・精製して作られリン・マグネシウムがバランス良く含まれています。 牛乳から作られるので吸収率が高いカル...
カバノアナタケ茶
カバノアナタケ茶とは、北海道やロシアなどに生息する非常に希少なキノコの、カバノアナケを原料とする健康茶。別名、チャーガ茶。 ...
開脚前屈のポーズ
開脚前屈のポーズとは、太ももをすっきりさせ、骨盤の矯正にも役立つヨガポーズ(ホットヨガポーズ)。 ?開脚し、手首を合わせて手のひらを前の床に置く。 ?息...
かいわれ大根
かいわれ大根には、ビタミンC、鉄、カルシウム、葉緑素などの栄養素が含まれる。 発芽の状態で収穫されるため、栄養価が高く、吸収されやすい。また、体内の活性酸素と闘う抗酸化物質の葉...
カリン
カリンとは、バラ科に属する果実。 <カリンの成分> 果実は晩秋に黄色に熟し、芳醇な香りがする。実は硬く渋みが強いので、生では食べられない。 ジャム...
ガジュツ
ガジュツとは、屋久島産のショウガ科の多年草で、通称は紫ウコン。 <ガジュツ(紫ウコン)の成分> 紫ウコンにはクルクミンはほとんど含まれていない。その代...
ガウクルア
ガウクルアとはやまいもの一種。 <ガウクルアの産地> 東南アジアのタイやミャンマーが産地。 タイでは現在もガウクルアの根をすりつぶし、はちみつなど...
カイアポイモ
カイアポイモとは、ブラジルのカイアポ山地を中心に栽培される白サツマイモ。 <カイアポイモの効果・効果> 昔からインディオの間で伝承され、傷の治療や滋養...
核酸
核酸とは、私たちの体の細胞が正常に働くようにする物質のひとつ。 核酸の注目されている機能のひとつが、アポトーシス誘導作用です。
冠動脈疾患
冠動脈疾患とは、動脈硬化症が原因で血管の内側が狭窄して心筋への血液の供給が減少したり、血液が途絶えることによって心筋が必要とする酸素需要量と動脈血からの酸素供給量のバランスが崩れ虚...
関節炎
関節炎とは、関節や結合組織に炎症や損傷が起こる症状。 <関節炎の種類> ・化膿性関節炎 黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌など細菌によって、関節...
患者同意
患者同意とは、臨床試験を実施するにあたり、症例となることを患者(またはその家族)が了承することおよびその手続き。 <患者同意と同意撤回> 一旦取得され...
監査報告書(医療)
監査報告書(医療)とは、監査担当者が監査の結果の評価を記述したもの。 <監査報告書(一般)> 監査報告書とは、監査人が監査を行った結果...
観察研究
観察研究とは、患者さんを観察し、データを集めて分析をする研究。 <介入研究(intervention study)と観察研究(observational study)> 疫学研究の方法(研...
還元パラチノース
還元パラチノースとは、砂糖に酵素を作用させて得られるパラチノースに水素添加して製造される糖アルコールの一種。 還元パラチノース(パラチニット)を使った菓子・食...
眼球乾燥症
眼球乾燥症とは、涙の出る量自体が少なくなることで、目の表面が乾いて角膜や結膜に障害が出る病気。 眼球乾燥症は目が疲れる、開けにくくなる、目がゴロゴロする、充血...
カロテン
カロテンとは、カロテノイドのうちの炭化水素のこと。 精製したものは暗赤色板状、または柱状の結晶。 カロテンは、動物の体内でビタミン A に変わり、視覚・光合...
カロテノイド
カロテノイドとは、動植物界に広く分布している赤・橙・黄色などの色素の総称。 自然界には600以上ものカロテノイドが知られ、日常摂取する野菜や果物にも40?50...
カルシフェロール
カルシフェロールとは、ビタミンDのこと。 <カルシフェロールの特徴・効果・効能> カルシフェロールは、脂溶性があり、腸管でのカルシウム吸収促進・骨の形成...
ガルシニア
ガルシニアとは、多雨地帯に自生するオトギリソウ科の常緑樹の果実。 ガルシニアは、ガルシニア・カンボジアとも言われる。 別名をゴラカ、またはタマリンドマラ...
カルシトニン
カルシトニンとは、甲状腺の濾胞(ロホウ)間の結合組織から分泌されるホルモン。 血液中のカルシウムやリン酸を低下させる作用をもち、パラトルモンと拮抗的に働いて血液中のカルシウム...
カリウム
カリウムとは、ナトリウムと共にエネルギーの代謝、神経や筋肉の機能を正常に保つ、細胞内外のミネラルバランスを維持するなど重要な働きをしているミネラル。 <カリウム</str...
ガラクトオリゴ糖
ガラクトオリゴ糖とは、牛乳に微量含まれているオリゴ糖。 乳糖(ラクトース)を原料とし、さわやかな甘味がある。 ガラクトオリゴ糖は、大腸まで消化されずに届...
カプサイシン
カプサイシンとは、唐辛子の辛さのもとになる成分。 ちなみに、、、カプサイシンダイエットとは、トウガラシの辛味成分であるカプサイシンに、体内...
カバ
カバとは、コショウ科の多年草でポリネシア原産。 カバの根は塊形で刺激性の苦味がある。
果糖
果糖とは、白色の結晶で、甘味はお砂糖の1.25?1.7倍ある。 果糖は、リンゴ、トマトなどに多く含まれている。 果糖は、高温で甘味度が低下する性...
カップリングシュガー
カップリングシュガーとは、ショ糖にブドウ糖を結合させて作る甘味料。 カップリングシュガーは、虫歯になりにくいため、幼児用菓子などに使われている。...
活性酸素
活性酸素とは、原子状態の酸素や電子状態が不安定な酸素分子のこと。 活性酸素は、生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与している。 活性...
脚気
脚気とは、ビタミン B1 欠乏による栄養失調症のひとつ。 脚気の症状としては、末梢神経が冒されて、足がしびれたり、むくんだりする。 <脚気...
肩こり
肩こりとは、肩が「重い」「だるい」「痛い」等の感覚を、総称して「肩こり」と呼ばれている。 肩こりは病名ではなく、結果としての症状であり症候群ともいえる。 ...
カゼインホスホペプチド
カゼインホスホペプチドとは、牛乳のたんぱく質から取り出した成分。 カゼインホスホペプチドは、カルシウムと一緒に配合することで、カルシウムの吸収性を高める力を持...
カゼインドデカペプチド
カゼインドデカペプチドとは、牛乳蛋白を加水分解して作られた成分。 <カゼインとカゼインドデカペプチド> カゼインには、カルシウムの吸収を促進する働きが...
風邪
風邪とは、急性の上気道の炎症(鼻炎、咽頭喉頭炎、扁桃炎)を総称したもの。 風邪の大部分が「かぜウィルス」と呼ばれるウィルス群の感染により起こる。 疾患名...
角質ケア
角質ケアとは、アミノ酸をきちんと角質層に補い、ひとつひとつの角質細胞にNMFをキープさせて正常な肌の新陳代謝を保つための手法。 <角質ケアをする理由> 肌...
核酸
核酸とは、全ての生物の細胞中に含まれており、生命現象に重要な働きをする物質。 核酸は、人間を始めとした動植物の、遺伝情報を担っているDNAもその一種。 DN...
牡蠣エキス
牡蠣エキスとは、生ガキを煮出し、濃縮したもの。 牡蠣(カキ)は欧米では「海のミルク」と呼ばれ、その栄養価が高いことで知られています。 <牡蠣エキスの成...
介入研究
介入研究とは、研究者が対象者の食生活デザインに積極的に介入する研究のこと。 <介入研究(intervention study)と観察研究(observational study)> 疫学研...
壊血病
壊血病とは、貧血や衰弱から始まり、しだいに歯肉や皮膚からの出血が起き、腎臓や肺の障害から死にいたる血液に関係する病気。 <壊血病の歴史> 大航海時代の...
監査法人
監査法人とは、監査業務を組織的に行うため、公認会計士法の定めるところにより公認会計士が設立した特殊法人を指す。 <監査法人の存在理由> 個人の公認会計...
監査
監査 とは、組織のマネジメントシステムが要求事項に適合していることを確認する為のプロセス。大別して社内で行う内部監査と社外からの外部監査がある。
家電製品アドバイザー
家電製品アドバイザーとは、循環型社会における「メンテナンス体制の充実」に対応し、02年3月に第1回試験が実施された資格。流通関係の販売・営業系業務の従事者や消費者からの各種相談を受ける...
環境家計簿
環境家計簿とは、1980年に大阪大学の盛岡通教授などによって「新しい家計簿」の名称で家庭での環境負荷を下げる提案がされたことがはじまり。 <環境家計簿の歴史><b...
ガーデニング
ガーデニングとは、庭やベランダに花や植物を育てること。 <ガーデニングの人気> 1990年前後より、日本では庭やベランダに花や植物を育てる...
カルボマー
カルボマーとは、カルボキシビニルポリマーの略称であり、化学合成物質の一つ。 天然ガム質と違い、増粘効果、品質の均一性、温度変化に対する粘度の安定性にすぐれ、皮膚上ではさらっと...
拡大生産者責任
拡大生産者責任とは、生産者が、生産した製品をただ売るまでだけでなく、それらが廃棄された後の処理まで追う責任のこと。循環型社会形成推進基本法により生産者の責任として規定された。...
合蹠(がっせき)腰上げのヨガポ...
合蹠腰上げのポーズとは、胃腸を伸ばし消化を促すヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 便秘解消にも。 ?仰向けになり、仰向けのまま両足を合わせる。 ?両手を肩の...
ガス抜きの変形ポーズ
ガス抜きの変形ポーズとは、仰向けで胃腸を縮め、排泄を促進する ヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 ?「前屈の変形ポーズ」から、体を倒し、息を吸いながら左ひざを曲...
カオリン
カオリンとは、粘土鉱物を粉砕して得られる、含水ケイ酸アルミニウム。 花崗岩の細片が堆積して風化し、かつ炭酸ガスを吸収して変化したものといわれている。 粒子がきわめて小さく...
環境ラベル
環境ラベルとは、製品に関する情報を消費者に提供する一つの手段。 TYPE??TYPE?の3種類があり、TYPE?はISO14024で制定されており、第三者が環境配慮型製品の判定基準の制定・認証を行う。...
環境目的
環境目的とは、環境方針に基づく事業活動の全般的な到達点。組織が自ら設定し、可能な場合は定量化されるもの。
環境方針
環境方針とは、組織理念に基づく環境への取り組みに関する基本方針。 環境方針には以下のことが記載される。 ・活動等に対する適切性 → 業種内容や規模などにふさわしいこと。...
環境適合設計
環境適合設計とは、環境に配慮した製品・サービスの開発・設計を行うこと。DfEとあらわされる。
環境側面
環境側面とは、環境に影響を及ぼしているか、又は可能性のある組織の活動、製品及びサービスの要素。
環境税
環境税とは、製品やサービスなどの価格に、環境負荷(環境の利用)に応じ た税金を上乗せする課徴金制度のこと。環境保全費用の財源 となり、環境負荷を軽減する効果があると報告されている。一...
環境影響評価
環境影響評価とは、環境に影響を及ぼすおそれのある活動、製品又はサービスについて、組織があらかじめ、環境に与える影響について調査・予測・評価を行い、環境保全対策を検討すること。...
環境アセスメント
環境アセスメントとは、環境に影響を及ぼすおそれのある活動、製品又はサービスについて、組織があらかじめ、環境に与える影響について調査・予測・評価を行い、環境保全対策を検討すること。<b...
環境NGO
環境NGOとは、リサイクルや身近な問題から国際的な問題まで、環境全般を支援する非政府団体。NGOは、非政府機関の略称で、国際援助協力に従事する民間の国内団体、国際団体などを指す。 <p...
家電リサイクル法
家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用...
改正省エネ法
改正省エネ法とは、99年より施行されることとなった省エネ法。 97年12月に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)で、温室効果ガスの排出削減目標が合意されたことを受け、その対応策と...
片足抱え上げのポーズ
片足抱え上げのポーズとは、股関節をゆるめ、骨盤を整えるヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 「大船のポーズ」→「片足抱えのポーズ」→「ワニの変形ポーズ」の順に片足づつ行...
合蹠(がっせき)前屈のヨガポー...
合蹠(がっせき)前屈のポーズとは、股関節をゆるめて骨盤を矯正する ヨガ(ホットヨガ)のポーズ。腰周りと足の筋肉もほぐれて、血行がアップする。 ?足の裏を合...
環境調和型設計
環境調和型設計とは、「環境」がデザインの方向性の決定を支援するという考え方。 環境が製品開発におけるナビゲーターの役割を果たすということである。 環境調和型設計において、...
環境配慮設計
環境配慮設計とは、「環境」がデザインの方向性の決定を支援するという考え方。 環境が製品開発におけるナビゲーターの役割を果たすということである。 環境配慮設計において、環境...
カッペリーニ
カッペリーニとは、「髪の毛」という意味を持つパスタ。 カッペリーニの直径は1.0mm前後で、ロングパスタの中でも細い種類のパスタ。 【カッペリーニ</...
カッコンキス
カッコンエキスとは、クズの乾燥根から得る植物エキス。 クズ切り、クズ湯の原料であるクズは日本、韓国、中国産のマメ科の多年草。生薬名は葛根(カッコン)でイソフラボン配糖体、ダイ...
海洋深層水
海洋深層水とは、太陽光線の届かない海面下200mより深い深海からくみ上げられた海水のこと。一年を通して9.5℃ぐらいと、低温で安定した水温で、しかも表層水のような環境汚染の影響が少...
カルナウバロウ
カルナウバロウとは、南米に生育するカルナウバロウヤシの葉、および葉柄から得られる淡黄色?淡褐色の植物性のワックス。 つや、光沢性、強じん性、硬さ、微結晶性などが植物性ワックス中...
カカオ脂
カカオ脂とは、熱帯アメリカ地方に自生するアオギリ科の植物カカオの種子から得た淡色黄色の常温で固体の脂。カカオバターともいう。 カカオ脂にもカカオのポリフェノー...
顆粒状糖
顆粒状糖(かりゅうじょうとう)とは、固まりにくく、溶けやすいのが特徴の、多孔質、高純度な砂糖。 非常に水に溶けやすいので、アイスコーヒ ーなどの冷たい飲物に入れたり、ヨーグルト...
角砂糖
角砂糖とは、グラニュー糖を四角に固めたもので、コーヒーや紅茶用によく使われる砂糖。 また、1個の重量が決まっているので、お菓子や料理用にも便利。 【オススメの使い方】<br...
株主行動
株主行動とは、SRIの代表的な3つのアプローチの1つ。 他の2つは、スクリーニング/コミュニティ投資である。 株主行動とは、社会的責任の観点から企業行動を改善させるために、株主...
加工乳
加工乳とは、生乳(牛乳)を主原料として、脱脂粉乳、クリーム、バターなどの、規定された乳製品を加えて、消費者の嗜好に合わせて加工されたもの。 乳製品以外の成分が加えられていない...
カカオポリフェノール
カカオポリフェノールはココアに含まれるポリフェノール。 <カカオポリフェノールの効能・効果> 【効能・効果】 抗酸化作用/動脈硬化予防/ガン予防/...
CasaBRUTUS
CasaBRUTUS(カーサブルータス)とは、建築・デザインを楽しむライフデザインマガジン。 マガジンハウスが発刊。  ・イサムノグチ  ・無印良品  ・イームズ ...
香りダイエット
香りダイエットとは、「やせる香り」をかぐだけで自律神経を刺激し、脂肪を燃焼させて代謝を高め太りにくくなるというダイエット方法。ハーブや柑橘系の果物の香りには、交感神経の働きを活発に...
褐色脂肪ダイエット
褐色脂肪ダイエットとは、やせる体脂肪「褐色脂肪」を活性化させて、余分な脂肪を燃焼させて痩せやすい体にするダイエット方法。 体脂肪には「白色脂肪」「褐色脂肪」の2種類あり、「褐色...
岩盤浴ダイエット
岩盤浴ダイエットとは、温めた天然鉱石の上に一定時間横になって寝ることで、岩盤から放射されるマイナスイオンや遠赤外線の効果により大量に発汗し、体内の老廃物や毒素を放出するというダイエ...
噛み噛みダイエット
噛み噛みダイエットとは、食べ物をひと口50回以上噛むことで、満腹感が得られて食べる量が自然に減らすことができるというダイエット方法。食べ物を食べてから脳が満腹感を感じるのに通常20分ぐ...
カテキン
カテキンとは、緑茶の味(渋味)の主力成分「ポリフェノール」の一種で、美容・健康をサポートしてくれる栄養成分。 カテキンは、茶葉が日光を浴びることで生成されるた...
カルニチンダイエット
カルニチンダイエットとは、必須アミノ酸から生成されるカルニチンが、血液中の脂質を筋肉に運んで代謝を促進し、中性脂肪や脂肪酸を活発に燃やしてくれるダイエット方法。 必須アミノ酸...
カボエイラダイエット
カボエイラダイエットとは、ブラジル生まれの格闘技を行なうことによって、普段使わない太ももの裏やヒップの筋肉を使うので自然と下半身痩せにつながり、同時に有酸素運動で脂肪も燃焼するとい...
カフェイン
カフェインとは、コーヒー豆、茶葉、カカオ豆などに含まれるアルカロイド(含窒素化合物)。コーヒーの重要成分で、興奮、強心、利尿作用がある。 カフェインが脳に届くのは約30分後といわれてお...
カモミール
カモミールとは、ヨーロッパ原産のキク科の代表的なハーブであり、ハーブティーや精油の原料である。日本名はカミツレという。 カモミールの精油には、抗菌・抗炎症作用がある。日焼け後...
かき
かき(牡蠣)には、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2、リン などの栄養成分が含まれる。 アミノ酸の一種タウリンが非常に多く含まれており、タウリンは、血圧や血中のコレステロール値を下げ...
カプサイシンダイエット
カプサイシンダイエットとは、トウガラシの辛味成分であるカプサイシンに、体内でノルアドレナリンやアドレナリンを分泌させ、体脂肪を燃焼させる働きを利用した、ダイエット...
カフェイン
カフェインとは、コーヒー・カカオ・茶の葉などの中に含まれるアルカロイドの一種で、薬効成分。 カフェインは大脳皮質を刺激して感覚や思考を高め、眠気を覚ます効果があることが知られ...
かつお
かつお(鰹)には、ビタミンD、ナイアシン、たんぱく質、 鉄、ビタミンB1などの栄養成分が含まれる。 良質のたんぱく質が豊富に含まれ、筋肉や臓器を作るのに役立つ。かつおのたんぱく質は100g中25....
ガムベース
ガムベースとは、チューインガムの基材となる物質のことで、長時間咀嚼(そしゃく)しても水に溶けないもの。ガムベースに、糖類、香料、着色料などを加えたものが、チューイ...
環境マネジメントシステム
環境マネジメントシステムとは、企業などの組織が自主的に環境保全の取り組みを進めていくにあたって、活動の方針や目標を自ら設定し、その達成にむけて取り組むことを指す。 現在、地球...
環境ホルモン
環境ホルモンとは、正式名称は「外因性内分泌撹乱物質」。 生物の内分泌系を撹乱し、人間の健康や生態系に悪影響を与える化学物質をいう。 1996年に米国で出版された「奪われし未来...
環境経営
環境経営とは、企業活動のあらゆる場面で環境に配慮して経営すること。 製品開発にはLCAを導入し、環境配慮で使った費用は製品のコストに算出する。そのうえで、コストダウンを追及し、競...
環境基準
環境基準とは、人の健康を保持し、生活環境を保全するうえで、維持されることが望ましい基準を数値で定めたもの。大気汚染/水質汚濁/土壌汚染/騒音の4種が定められている。 環...
拡大生産者責任
拡大生産者責任とは、廃棄物問題が深刻化し、製品のライフサイクルにわたる環境負荷の低減を企業が負うという考え方。拡大生産者責任は、EPR(Extended Producer Responsibility)とも言われる...
加工助剤
加工助剤とは、食品加工の段階で使用され、最終の製品は残存しないもの。食品衛生法で、表示を義務付けられていない添加物のひとつ。 (例:大豆から大豆油を抽出するために使われた溶剤...
柿には、ビタミンC、ビタミンA(β-カロテン)、カリウムなどの栄養成分が含まれている。 特に、ビタミンCについては、みかんの約2倍に値する。血圧を下げる効果 があるとされているタ...
環境会計ガイドライン
環境会計ガイドラインとは、企業が環境保全活動を効果的に行う目的として、環境保全のコストとその活動による効果を可能なかぎり定量化して報告する環境会計のガイドラインのこと。 環境...
カリフラワー
カリフラワーには、ビタミンC、食物繊維などの栄養素が含まれている。 特に、ビタミンCが豊富に含まれており、茹でた時のビタミンCの損失率は他の野菜に比べて低い。このため、ウィル...
環境会計
環境会計とは、企業等が事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定する会計手法のこと。 企業の利...
環境報告書
環境報告書とは、企業等の事業者が、経営責任者の緒言、環境保全に関する方針・目標・計画、環境マネジメントに関する状況(環境マネジメントシステム、法規制遵守、環境保全技術開発等)、環境...
環境報告書ガイドライン
環境報告書ガイドラインとは、環境省が作成した、企業が環境保全に関する 方針、目標、計画、マネジメントの状況や、環境保全活動を報告するための基準を示したガイドライン。 GRI...
かぼちゃ(南瓜・カボチャ)
かぼちゃ(南瓜・カボチャ)は、栄養価の高い緑黄色野菜。 ビタミンA(β-カロテン)がたくさん含まれているため、粘膜を丈夫にする働きがあり、風邪に対する 抵抗力を高める効果...
かぶら(蕪)
かぶら(蕪)には、根と葉に含まれる栄養成分で大きな差がある。 根は淡色野菜で、ビタミンCを多く含み、その他でんぷん消化酵素のアミラーゼが含まれている。 アミラーゼは胸や...
カルシウム
カルシウムとは、丈夫な骨と歯をつくるために必要な栄養素。成長期の子供や妊婦・授乳婦は、多く必要とし、不足の状態が続くと骨や歯からカルシウムが溶け出してしまうため、成長期だと歯の質が...
岩塩
岩塩とは、地殻変動などで陸地に閉じ込められた海水の水分が蒸発し、そのあとに残った塩の結晶が土砂にうまってできたもの。地中深く埋もれている間にミネラルが流出し、ナトリウムの純度が高く...

>>トップページへ戻る