会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

ビタミンK

ビタミンKとは、血液を凝固させる働きがある脂溶性ビタミン。

ビタミンKの特徴>
ビタミンKが不足すると血が固まらず出血多量になったり、鼻血や月経時の多量出血などが起こる。また、骨の形成にも欠かせないビタミンとして注目を浴びている。妊娠中や授乳中などは乳幼児のために特に意識的にビタミンKを摂取することが望ましい。

ビタミンKを多く含む食材>
納豆・青汁・クロレラ・モロヘイヤ など

ビタミンKとワーファリン>
ワーファリンには、血液のかたまり(血栓)ができるのを防ぐ働きがあるが、
ビタミンKはこの働きを妨げ、ワーファリンの効き目を弱める。
ワーファリンを服用中は、納豆・青汁・クロレラ・モロヘイヤなどのビタミンKを多く含む食品の摂取を避ける。
特に納豆は、他の食品に比べてビタミンK含有量が多い上に、摂取後に腸管内でもビタミンKを合成するため、
摂取を中止しても3~4日は阻害作用が持続しますので注意が必要。
ブロッコリー・ホウレンソウ・メキャベツ・ニラなどの青野菜もビタミンKを含んでいるが、
こちらは一度に大量に摂取しなければ、摂取を禁止する必要はない。

【ビタミンK】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る