会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

カロテン

カロテンとは、カロテノイドのうちの炭化水素のこと。
精製したものは暗赤色板状、または柱状の結晶。
カロテンは、動物の体内でビタミン A に変わり、視覚・光合成などで重要な機能を果たす。
カロテンは、ニンジンの根やトウガラシの果実には多量に含まれている。

<βカロテン(βカロチン)>
βカロチンは一般的に呼ばれている呼び名でβカロテンは栄養学上の呼び方。βカロテンは主に緑黄色野菜に含まれ、有名なものはほうれん草やにんじん等に多く含まれている。βカロテンには抗酸化作用があり、健康増進や目の疲れにも。βカロテンは口から摂取すると体内でビタミンAに変わり力を発揮いたします。またその外にも美容などにも βカロテンが重要な役割を担っている。

【カロテン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る