会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

ブドウ糖

ブドウ糖とは自然界に最も多く存在する糖で、ぶどうなどの果実やはちみつに多く含まれる単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)の1つで、血液中にも、血糖(ブドウ糖)として約0.1g/dL含まれる。
水に溶けやすく、砂糖に比べさわやかな甘味で、菓子や甘味料・粉末調味料、医薬用として栄養剤、注射用及び醸造用にも使用されている。
 
<ブドウ糖の働き>
食事で摂取したご飯やパンなどは消化され、最終的にブドウ糖に変化する。
ブドウ糖は全身の細胞を活動させるエネルギー源となる。血液中のブドウ糖(=血糖)は、細胞内に入ってエネルギーに変換される。
糖尿病になるとブドウ糖が細胞内に取り込まれることが難しくなり、エネルギーが不足して疲労を感じやすくなる。

<ブドウ糖を効果的に燃焼させるには>
細胞内に取り込まれたブドウ糖を燃焼させるためには、ビタミンB群とミネラルを摂取することが大切。ビタミンB群とミネラルはまるで酸素のような存在で、これらが不足するとブドウ糖が不完全燃焼をおこしてしまう。このブドウ糖の不完全燃焼が続くと体調不良に陥る。
 
<ブドウ糖が増えると糖尿病になる>
血液中のブドウ糖が増える事によって、糖尿病にかかります。
ブドウ糖が増える原因になるのがインスリンと言うホルモンの異常によるものなのです。

【ブドウ糖】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る