会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

レシチン

レシチンとは、ギリシャ語で、卵黄を意味する「レシトース」(Lekithos)からでた言葉で、「リン脂質」(フォスファチド)と呼ばれる脂質の一種。この語源の通り、卵黄にはレシチンが豊富に含まれる。
レシチンは脂質(脂肪)の一種で、リンを含んでいるために、リン脂質の一つとされている。脂質といっても、エネルギー源として使われたりする脂質で、皮下に蓄えられる脂肪とは異なり、われわれの体の各組織、特に神経系の重要な構成物質。

レシチンの働き>
・血液中のコレステロールや中性脂肪を除去する
・ビタミンAやEのような脂溶性物質の吸収を促進させたり、脂肪代謝を正常にする
・皮膚の状態を正常に保ち、肌を若々しく保つ
・血糖値を下げる
・脳の機能を活性化する
・細胞をよみがえらせる
など

【レシチン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る