会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

ビタミンP

ビタミンPとは、ビタミンに近い働きをするビタミン様物質。
ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称。
ビタミンPは、フラボノイド化合物、バイオフラボノイドなどと呼ばれることもある。

ビタミンPは、ビタミンCの吸収を助け、ビタミンCが体内で十分機能を果たす上で欠かせない栄養素。
特に毛細血管の結合組織のコラーゲンを作るビタミンCの働きを補強し、毛細血管を丈夫にするため、
毛細血管浸透性因子とも呼ばれている。
その他、感染に対する抵抗力向上、高血圧の予防や脳出血などの出血性の病気予防、めまい緩和
などの効果も期待されている。

人の体内でビタミンPが不足すると、歯ぐきから血が出やすくなったり、
青アザができやすくなったり、風邪もひきやすく、疲れやすくなったりする。

ビタミンPを多く含む食材】
みかん/レモン/オレンジ/あんず/さくらんぼ/ブラックベリー/そば、など
※柑橘類には、うす皮の部分に多く含まれている

【ビタミンP】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る