会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

ビオチン(ビタミンH)

ビオチン(ビタミンH)とは、現在はビタミンB群に分類されている。
パントテン酸と共に酵素を作り、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、エネルギーを作り出す
働きをしている。

ビオチン(ビタミンH)は、皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミン。
糖質がエネルギー代謝の際に作る疲労物質の乳酸が、肝臓で再利用されて再びブドウ糖に
作り変えられるときに補酵素として働く。
さらに脂質やタンパク質(アミノ酸)の代謝、核酸の合成にも関与し、体調を整えて体を動かす
エネルギーを作り出すために働く。

ビオチン(ビタミンH)を摂取することで、糖質のエネルギー代謝がスムーズに進み、
乳酸の蓄積による疲労や筋肉痛を和らげることができる。
また、健康な皮膚と髪のために必要な栄養成分であるため、不足して毛髪や皮膚の代謝が悪くなると、
抜け毛や白髪になりやすくなる上に、皮膚炎やお肌のくすみなどを引き起こすとも言われている。

【ビオチン(ビタミンH)】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る