会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

リコピン

リコピンとは、果物や野菜に豊富に含まれるファイトケミカル(植物化学物質)で、トマトなどに
含まれるカロチンの一種。
力□チンは-カロテンが有名だが、リコピンの抗酸化作用はβ-力□テンの2倍あるといわれており、
ガンや動脈硬化の予防に期待できる。活性酸素は侵入した細菌を殺す役目があるが、過剰になると
正常な細胞まで破壊するようになり、これがガンや老化の原因と考えられている。
リコピンのすぐれた抗酸化物質は、体内で発生した活性酸素を除去してくれる効果がある。

血中のリコピンは年齢とともに減少するため、50歳以上の人は効率のよい摂取がすすめられている。
実際、生のトマトだけで1日に必要なリコピン(15mg)を摂るには、大きなトマトを2個。
トマトジュースならば1缶弱、トマトケチャップなら大さじ4杯ほど。

リコピンは脂溶性のため、油と一緒に調理すると吸収率がアッップする。
熱に強く、炒めたり煮込んでも成分が大きく減少する心配はない。

リコピン摂取で期待できる効果・効能】
ガン予防/心臓疾患、高血圧、動脈硬化予防/老化防止/美肌効果

【リコピン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る