会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは、自然界に豊富に存在するカロチノイドの一種で、鮭、タイやイクラ、エビ、カニの甲羅などに含まれる赤色の色素(カロチノイド類)。抗酸化力はビタミンEの約550~1000倍に相当するといわれています.海草のヘマトコッカス藻にも多く含まれている。

アスタキサンチンの効果・効能>
アスタキサンチンは、血液と共に全身に行きわたって抗酸化作用を発揮し、体内の過剰な活性酸素による酸化を抑える為、シミやしわを改善する美肌・美白効果、白内障の予防や改善、動脈硬化の予防、心臓病予防、免疫力強化、抗がん作用などがある。

アスタキサンチンとLDLコレステロール>
LDLコレステロールは、活性酸素により酸化されると、悪玉コレステロールに変わり、血管壁にたまって動脈硬化の原因になるといわれます.アスタキサンチンは、この酸化を抑えるので動脈硬化の予防になると考えられている。

【アスタキサンチン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る