会員登録する(無料)


カテゴリ一覧

カルニチン

カルニチンとは、脂肪を筋肉に運び燃焼させる役割を担っているアミノ酸の一種。

カルニチンは、脂肪酸の分解(β-酸化)を促進させる。体内のカルニチンは、肝臓で生成されるか、食事から供給される。

カルニチンは、羊肉、赤肉、鶏肉、魚、乳製品などにも豊富に含まれていて、食事からも供給される。植物は、カルニチンの生成に必要な2種類のアミノ酸(リジンとメチオニン)の含量が少ないので、ベジタリアンの人は、血漿カルニチン濃度や、尿中カルニチン排出量が、低下することがある。 カルニチン(アシルカルニチン)が欠乏すると、慢性疲労症候群と言う病気になるとも、言われる。

【カルニチン】を調べた人は、他にこんな用語も調べています。

aiconグルコシノレート
aiconファイトケミカル
aiconスルフォラファン
aiconインドール3カルビノール
aiconポリアミン
aiconGABA
aicon類パロチン
aiconデセン酸
aiconプロリン
aiconシスチン

>>トップページへ戻る