会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引ひ

ひよこ豆
ひよこ豆とは、原産地は西アジア?地中海沿岸の豆でガルバンゾーとも呼ばれる。 古くから栽培されており、南ヨーロッパではスープや煮込み料理に、中近東インドでは主要食品として扱われて...
皮蛋(ぴーたん)
皮蛋(ぴーたん)とは、アヒルの卵を、塩、石灰、灰、もみ穀などをこねた泥で包んで長期間おいたもの。 食欲不振や消化不良に効き、眼精疲労にも効果があり、薬膳料理の際、お粥に添えら...
白朮(びゃくじゅつ)
白朮(びゃくじゅつ)とは、胃内停水、肝臓機能の委縮による尿の頻数、減少などの改善を目的に薬膳料理などに使われる食材。 キク科オオバナオケラの根茎を乾燥させたもの。 <stron...
ヒプノセラピー
ヒプノセラピーとは、日本語に訳すと「催眠療法」のこと。 催眠状態になり、深くリラックスすることによって、潜在意識に働きかけるセラピー。 ヒプノセラピー...
ヒラヤーチ<沖縄県>
ヒラヤーチとは、沖縄の郷土料理の一つで、韓国のチヂミに近い、沖縄ではポピュラーな家庭料理。 おやつに酒の肴にと沖縄の代表的もの。 沖縄の言葉でヒラヤーチ...
冷や汁<宮崎県>
冷や汁とは、宮崎県の郷土料理の一つ。 そもそもは、朝の残りご飯にさめたみそ汁をかけてかきこんだ、農漁村のお昼からきているようで、現在ではみそを焼いてから入れたり、焼いたあじ、...
櫃まぶし(ひつまぶし)
櫃まぶし(ひつまぶし)とは、名古屋(愛知県)の名物郷土料理。 うなぎの蒲焼を1センチ幅ほどの短冊に刻み、おひつの中に入れたご飯の上にまぶしたもの。 【櫃まぶし(...
ピータン
ピータンとは、石灰、塩、灰などを水でこねて殻つきのアヒルの卵の表面に塗り、もみ殻をまぶして 数ヶ月放置した中国の食材。 白身は黒いゼラチン状になり、黄身の硬さは三段階に...
ピルスナービール
ピルスナービール とは、チェコ・ピルゼン地方の淡色、二条大麦である「ピルスナー麦芽」を使ってつくられた、ホップのきいた爽快な香味の淡色の下面発酵ビール。 今日では世界のビール生...
ビール
ビール とは、大麦の麦芽(または小麦麦芽)、水、ホップを主原料として発酵させた醸造酒。 炭酸ガスを含み、ホップ独特の香りや苦味を持つのが特徴。 発酵の方法や色などの基準で...
ビャクジュツ(オケラ)
ビャクジュツ(オケラ)とは、胃内停水、肝臓機能の委縮による尿の頻数、減少などの改善を目的に十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、平胃散(へいいさん)などの漢方薬に配合される生薬。 <br...
PMS
PMSとは、承認を受けた新薬が実際に医療の現場で使われた状況の中での、安全性、有効性、品質にかかわる情報を収集し、評価、検討して適正使用情報を提供、伝達することをいう。
BMI値
BMI値とは、世界共通の体格指数のこと。 身長と体重から算出する(BMI=体重(kg)÷身長(m)日本では18.5未満はやせ、18.25未満は普通。25以上は肥満で理想値は22といわれている。
BHT
BHTとは、酸化防止剤の一種。 BHTは、ジブチルヒドロキシトルエンの略。 <BHTの特徴> BHTは、油脂、バター、魚介冷凍品、ガムなどの...
ピロリ菌
ピロリ菌とは、ヘリコプターのような鞭毛をもつ螺旋状の菌。 <ピロリ菌の特徴> 胃酸の影響で普通の細菌は澄むことができないと思われていた胃の中から1982年...
ビール
ビールとは、大麦を筆頭にホップや酵母などを原料として作られたお酒の一種。 ビールは、ビタミンB群や、必須アミノ酸、ミネラル、食物繊維などの多様な栄養素をバラン...
ピーリング
ピーリングとは、老化した古い角質を脱いで肌本来の輝きと美しさを取り戻す最先端のメディカルスキンケア。 ピーリングには、ケミカルとクリスタルの2種類がある。一種...
標準体重
標準体重とは、健康な人間の性別、年齢別、慎重別の標準的な体重。 標準体重は、一般的には公式(身長cm―100)×0.9kgを用いる。
日焼け止め
日焼け止めとは、紫外線対策として肌に塗る製品。 日焼け止め製品には、クリームタイプやローションタイプのものがある。 日焼け止めの成分には...
ヒビテン
ヒビテンとは、強い抗菌力と抗菌スペクトルをあわせもつ物質。 <ヒビテンの特徴> ヒビテンは、比較的難溶なため、持続抗菌作用を必要とされ...
必須アミノ酸
必須アミノ酸とは、アミノ酸のうち、ロイシン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、メチオニン、スレオニン、バリン、ヒスチジン、トリプトファンの9種類。たんぱく質を構成している単位...
ビタミンK
ビタミンKとは、血液を凝固させる働きがある脂溶性ビタミン。 <ビタミンKの特徴> ビタミンKが不足すると血が固まらず出血多量になったり、...
ビタミンB2
ビタミンB2とは、糖質やタンパク質の代謝、脂肪の分解をする水溶性ビタミン。 脂肪分の多い食事をする人には欠かせないビタミン。 ビタミンB2は水溶性で、酸や熱...
ビタミン
ビタミンとは、身体に必要な五大栄養素のひとつ。 <ビタミンの特徴> 現在は13種類のビタミンが認められている。ビタミンは炭水化物やタンパク質などの働きを...
pH調整剤
pH調整剤とは、食品のpH値を適切な範囲に調整し、食品の変質や変色を防いで品質を 安定させたり、他の食品添加物の効果を向上させるために使用する添加物。 <p...
プロピレングリコール(PG)
プロピレングリコール(PG)とは、化粧品に使用されるアルコール類の中でも比較的分子量が 小さく、グリセリンに似た外観、特性を持っている。グリセリンに比べて粘度が低いためさっぱ...
ビオチン(ビタミンH)
ビオチン(ビタミンH)とは、現在はビタミンB群に分類されている。 パントテン酸と共に酵素を作り、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け、エネルギーを作り出す 働きをしている。<...
ビタミンP
ビタミンPとは、ビタミンに近い働きをするビタミン様物質。 ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称。 ビタミンPは、フラボノイド化合物、バイオフラボノイ...
ピタパン
ピタパンとは、中近東で食べられている中が空洞になっている白い楕円形のパン。 半分に切って中をポケット状に開き、好みの具を詰めて食べるるため(ハムや野菜、炒めものなど)、ポケッ...
日高昆布(ひだかこんぶ)
日高昆布(ひだかこんぶ)とは、別称、「三石昆布(みついしこんぶ)」とも呼ばれる。 薄くてやわらかく、煮上がりが早いため、主に煮物用。 出汁(だし)は少し青白く濁るが、クセ...
ビン熱成
ビン熱成とは・・・ 白ワインは数カ月、赤ワインは1?2年の樽熟成を経てビンに詰めて寝かせておく。 この間に瓶の中の酸とアルコールが結合してブーケ(熟成香)が生まれる。<br...
ピノ・ノワール
ピノ・ノワールとは・・・ 葡萄の品種の1つで、フランスのブルゴーニュを原産地とする。 ほとんど黒に近い、紫みを帯びた青色の果皮を持ち、赤ワインを造る代表的な品種の1つであ...
ピック
ピックとは、飾り付き楊枝のこと。 プラスチック製や金属製など色々な素材で作られたもやカラフルなものがある。 手を汚さないで料理が食べられるよう、お弁当のおかずやオードブ...
ピーラー
ピーラーとは、野菜や果物などの皮をむく万能皮むき器のこと。 表面が平らな大根や人参などの皮をむくだけでなく、刃が皮をむく素材の形状に沿って動くので、じゃが芋などのでこぼこし...
平茸(ヒラタケ)
平茸(ヒラタケ)とは、一般にはシメジという名称で販売されているきのこで、鍋物、炒め物、煮物、汁物など和食、洋食、中華すべての料理に適しているキノコ。 ヒラタケ</stron...
一摘み(ひとつまみ)
一摘み(ひとつまみ)とは、親指、人差し指、中指の指先で軽くつまんだ分量のこと。 よく使われるのが、「塩ひとつまみ」の表現。 ※この場合、小さじ1/5?1...
一煮立ち(ひとにたち)
一煮立ち(ひとにたち)とは、一呼吸ほど煮汁をにたてた状態。 ※例えば、汁物や煮物の仕上げにしょう油などを入れたとき、最後に一煮立ちさせることによって、...
人肌に冷ます
人肌に冷ますとは・・・ 人の体温くらいまでに冷ますこと。 手で触れてみて、やや温かいと感じる程度が体温に近い状態。 ※ちらし寿司のすし飯は、人肌程度に冷ま...
平串(ひらぐし)
平串(ひらぐし)とは、串のうちかたのひとつ。 材料をうねらせたり、曲げたりせずにまっすぐに打つ方法。 <平串(ひらぐし)の例> 小魚をひと並べにし...
ピッタ
ピッタとは、アーユルヴェーダ※で使われる体質をあらわすドーシャの1つ。 火と水のエネルギーを合わせ持つドーシャのこと。 <ピッタの性質...
ピオニー(シャクヤク)
ピオニー(シャクヤク)とは、漢方薬として用いられるボタン科の多年草ハーブ。 花は、美しく華麗なことで広く知られている。中国では血行をよくする薬用ハーブ...
ヒソップ(ヤナギハッカ)
ヒソップ(ヤナギハッカ)とは、シソ科の半常緑の多年生低木のハーブ。 のどのトラブルに効果のあるハーブティーとしてヨーロッパでは古くから利用さ...
ピコグラム(pg)
ピコグラム(pg)とは、1兆分の1グラムを表す重さの単位。 ピコグラム(pg)のピコとは、極小のものを表すときに用いる接頭語。 ナノグラム(ng)の1000分の1、マイクログラム(μ...
琵琶湖・淀川流域の森林保全覚書
琵琶湖・淀川流域の森林保全覚書とは、幅広い関係者の参加と連携を図りながら、森林の保全・活用策を模索すること定めたもの。具体的には、里山としての景観保全や文化継承、木材利用、二酸化炭...
琵琶湖
琵琶湖とは、わが国最大の湖。 <琵琶湖の環境問題> 琵琶湖は、昭和40年代頃より、工業排水や生活排水などによる水質汚染が問題になってきた。 現在は、...
ビスフェノールA
ビスフェノールAとは、生物の体内で性ホルモンに似た働きをする「環境ホルモン(内分泌かく乱物質)」として挙げられている化学物質の一つ。 <ビスフェノールAと健康...
ビオトープ管理士
ビオトープ管理士とは、ビオトープを通じて地域の自然、自然生態系を守り、創造する役割を担う資格。 財団法人日本生態系協会が実施。 ビオトープ管理士には、1級と2級があり、合格率は13~26%。
ビオコリドー
ビオコリドーとは、生物の移動が可能な連続性のある自然経路。 <ビオコリドーの目的> 森林と森林の間を都市が分断している状況では、森林間の生物の移動は難...
非飛散性アスベスト廃棄物
非飛散性アスベスト廃棄物とは、非飛散性アスベストの廃棄物。 非飛散性アスベストとは、大気中に容易に飛散する恐れのある吹き付けアスベストなどを飛散性アスベストと...
飛灰
飛灰とは、ごみなどを焼却した際に発生する灰のうち、排ガス出口の集塵装置によって集められたばいじんと、ボイラ等に付着して払い落とされたばいじんの総称。 焼却施設の炉底などから排...
東アジア酸性雨モニタリングネッ...
東アジア酸性雨モニタリングネットワークとは、東アジア地域の酸性雨について、人と環境への影響を防止・軽減するための情報収集・提供を目的に、東アジア地域の国々が参加するネットワーク。</...
光触媒
光触媒とは、光(紫外線)を受けて、化学反応を促進させる物質。 <光触媒の実用例> 光触媒として有名なのは半導体の酸化チタン。光が当たる...
非開削技術
非開削技術とは、地下にもぐってトンネルを掘り、鉄道や道路、通信線、上下水道管などのライフラインを埋設する技術。 <非開削技術の例> 長さ3kmの管を埋設...
ヒートポンプ
ヒートポンプとは、熱の移動によって取り出すシステム。 <ヒートポンプの特徴> ヒートポンプは、動力エネルギーの3倍近くの熱を利用できる...
ヒートアイランド現象
ヒートアイランド現象とは、都市部の気温は、アスファルト舗装、ビルの輻射熱、ビルの冷房の排気熱、車の排気熱などによって、夏になると周辺地域よりも数度高くなる現象。 <...
PA
PAとは、Protection Grade of UVAの略で、UVA(紫外線)の防御レベルのこと。PAは日焼け止めクリームなどのUVAの防御レベルを示し、PA+、PA...
PVA
PVAとは、ポリ酢酸ビニルから作られる粉体で、徐々に水に溶けて乾かすと、皮膜を作る特性がある。別名、ポリビニルアルコール。 PVAには優れた...
光害
光害とは、照明器具からの光が照明対象範囲外に漏れる「漏れ光」や、人や生物の活動に悪影響を及ぼす「障害光」など、光による影響全般のこと。 <光害の問題> 街灯や広告の明か...
ビューラー
ビューラーとは、化粧用小物のひとつで、まつげをきれいにカールさせる道具。 別名、アイラッシュカーラー。 ビューラーは、まつ毛のあたる部分...
BMI
BMIとは、ボディ・マス・インデックス(Body Mass Index)の略。 <BMIの計算方法> 「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出される体格指数のことで、肥満...
非ヘム鉄
ヘム鉄とは、体内に吸収されやすい鉄分で肉や魚などの動物性食品に多く含まれている。植物性食品に多く含まれる非ヘム鉄に比べて10倍近くも吸収率が良いとされている。ヘム鉄は血液中のヘモグロビンと結びつき...
ヒスチジン
ヒスチジンは必須アミノ酸の一種。名前はギリシャ語で「組織」という意味。 種々のたんぱく質に含まれ、ヘモグロビンに最も多い。幼児では合成が少ないため必須アミノ酸。腐敗・分解して...
ピロリ菌
ピロリ菌とは、胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられている菌。 1980年代に発見された細菌で、人間の胃の中に生息し胃の粘膜障害を引き起こす原因として注目さ...
非臨床試験
非臨床試験とはいわゆる「動物実験」です。小さい動物(ネズミなど)から始まり、大きな動物(山羊など)まで色々な動物を使って薬のデータ取りを行います。ここで生体への基礎的な効果を見極め...
肥満細胞
肥満細胞とは、主に皮膚の結合組織に分布する細胞で、免疫などに関係する細胞。生体が自己防御をする仕組みの中で、重要な役割を担っている。   <例えば・・・> 花粉症で...
ビフィズス菌
ビフィズス菌とは1900年にフランスのティシエ(Tissier)が母乳を飲んでいる赤ちゃんの糞便から初めてビフィズス菌を発見。生後3?5日程度を経過した母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内は、95%...
ヒドロキシラジカル
ヒドロキシラジカルとは活性酸素の一種。体をサビさせ、老化を早める活性酸素の一つ。しかも活性酸素の中でも最も強い毒性を持つ。 活性酸素の中で最も反応性が強く、酸化力も強い。これが生活習慣病やがん...
ビタミンB2
ビタミンB2とは体内の細胞の再生や体の成長に欠かせない発育ビタミンです。皮膚、髪、爪などを健康に美しくすることから、美容のビタミンとも呼ばれます。 脂質や炭水化物の代謝に影響を...
ヒスタミン
ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種。普通は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに存在するが、外傷や火傷、毒物、薬物、アレルギーの原因となる物質が体内に入ると活性化し、細胞から放出さ...
被験者
被験者とは、治験に参加して頂く方をいいます。 治験によっては、薬効成分を含まない対照薬(プラセボ)をおいている場合があります。そのような対照薬を飲んでいる方も被験者といいます。<...
ピクノジェノール
ピクノジェノールとはフランスの南西部ボルドー地方に成育するフランス海岸松の樹皮から抽出したビタミンCやEよりもはるかに強い抗酸化作用を持った水溶性の安全な自然食品栄養素で流動性の赤...
皮下脂肪
皮下脂肪とは、皮膚のすぐ下についている「つまめる」脂肪。 皮下脂肪は内臓脂肪に比べてたまりにくいが、一度つくと分解されにくいためなかなか減らないのが特徴。
ビール酵母
ビール酵母とは、麦汁を発酵させる時に使われる酵母。 ビール酵母が発酵するとビールになる。 ビール酵母には生活に必要なビタミン・アミノ酸が...
Pマーク
Pマークとは、財団法人 日本情報処理開発協会(JIPDEC)によって運用されている制度。 Pマークは、プライバシーマークの呼び名。 個人情報の取扱いを適切に行っ...
ピーカンナッツ
ピーカンナッツとは、クルミ科の落葉高木のナッツ。 ペカンナッツとも呼ばれている。 アメリカでは古くから栄養食、常備食として知られており、クリスマスの料理...
標準化(ISO)
標準化とは、ISOでの重要な考え方の1つ。 ・個々のものが標準的なところに近づいていくこと。また、個々のものを標準的なところに近づけること。 ・標準を決めて資材・製品などの規...
品質目標
品質目標とは、品質方針を達成する為に部門毎に定める、品質を対象とした目標。
品質マネジメントシステム文書
品質マネジメントシステム文書とは、品質マネジメントシステムに関わる文書の総称。 品質マネジメントシステム文書は、大分類として文書と記録に分類される。
品質マネジメントシステム
品質マネジメントシステムとは、会社(組織)の仕事の質を対象とし、PDCAのサイクルを繰返しながら、お客様満足度の向上を追求して行く仕組み。
品質方針
品質方針とは、経営者が公表した品質に関する企業(組織)目標或いは企業(組織)の方向性。
品質保証部
品質保証部とは、製品及びサービスに対する品質保証体制の運営管理やISOの推進を行っている部署。ISOの認証取得前は取得事務局がとして品質保証部として設立されるケースもある。
品質管理
品質管理とは、製品の品質を一定のものに安定させ、かつ向上させる為の様々な管理。また製造現場での品質検査のほか、非生産部門での業務遂行の質を高める総合的品質管理をも含む。 <stro...
ひばりのポーズ
ひばりのポーズとは、太ももの付け根にあるリンパを刺激し、便秘や冷え、肩こりを改善するヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 ?足の親指を重ねず、膝を閉めて正座をする。<br...
ピラミッドのポーズ
ピラミッドのポーズとは、全身の血行がよくなり排泄を促すヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 肩や背中が伸びてこりも改善する。 ?うつぶせになり、息を吸いながらお尻...
ピラミッドの変形ポーズ
ピラミッドの変形ポーズとは、内臓の浄化作用を高めるヨガ(ホットヨガ)のポーズ。 ?息を吸いながら足をそろえて前屈をする。手は、真下ではなく前方に手をつく。<br /...
Vinotheque(雑誌)
Vinotheque(雑誌)とは、日本で唯一20年以上続くワイン専門月刊誌。 ワイン産地現地取材レポートを中心に常に、最新のワイン情報を掲載。「ヴィノテーク」はテーマを持って、世界で産さ...
ヒドロキシフルオロケイ酸
ヒドロキシフルオロケイ酸とは、タルクを主原料にし、更に精製を加えた白色の粉。 不純物が少なく、品質が安定しているのが特徴。なめらかで付着力が強く、とても安定した白色性を持つ。...
ヒアルロン酸ナトリウム 
ヒアルロン酸ナトリウムとは、ヒアルロン酸のナトリウム塩。 ニワトリのトサカなどの動物由来、または微生物発酵により得られる白色?淡黄色の粉末。 保水性や浸透性に優れ、皮膚に...
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸とは、哺乳動物の結合組織に分布している酸性ムコ多糖類で、水分を結びつかせて細胞同士を接着するゼリー状の物質。 皮膚によく吸収されてのびがよくべとつかず、角質層の水...
ピロリドンカルボン酸ナトリウム...
ピロリドンカルボン酸ナトリウムとは、アミノ酸の一種であるグルタミン酸の脱水反応により得られる無臭の固体。 ピロリドンカルボン酸はもともと皮膚の中に存在しており、吸湿効果はグリ...
ピスタチオナッツ
ピスタチオナッツとは、ウルシ科カイノキ属の樹木の実。種子はピスタチオグリーンと呼ばれる緑色が残り、味は他のナッツ類と異なる独特の風味があり、「ナッツの女王」とも呼ばれる。 ピ...
ピーナッツ
ピーナッツとは、落花生の英名。 主成分は、脂質が半分近く。たんぱく質の質は、量的には大豆に及ばないものの、肝臓の働きを助けるメチオニンを含んでいる。また、ビタミンB群、ビタミ...
落花生
落花生とは、マメ科ラッカセイ属の一年草。別名はナンキンマメ(南京豆)、英語では、ピーナッツ。 主成分は、脂質が半分近く。たんぱく質の質は、量的には大豆に及ばないものの、肝臓の...
干物(ひもの)
干物(ひもの)とは、新鮮な魚を開いて塩水につけた後に、乾燥したもの。かつては天日干しだったが、最近は減塩志向のため食塩の使用量が低いため、低温で通風乾燥させたものが多くなっている。...
BSR
BSRとは、米国の民間団体。 ビジネスフォーソーシャルレスポンシビィティの略。 BSRでは、CSRを以下のように定義している 『CSRとは、社会が企業に対して抱く、倫理的、商業...
ひじき
ひじきは、ホンダワラ科の海藻で、日本近海の波の荒い外海の岩礁に育つ。 カルシウムや鉄分が非常に豊富で、骨や歯の成長、貧血予防に有効。また、ひじきはその成分の約...
百楽
百楽(HYAKURAKU)とは、健康で快適で美的なライフスタイルを追求し、提案するアッパーミドルのご夫婦のための月刊誌。 メインテーマは、「アンチエイジング」(抗加齢医学)!<...
ピラティスダイエット
ピラティスダイエットとは、ドイツ人のジョセフ・ピラテス(ピラティス)が考案した健康法。後にニューヨークで教えるようになって広まるようになり、ハリウッドの有名俳優や女優も自分のボディ...
ビール酵母ダイエット
ビール酵母ダイエットとは、ビール酵母の中に含まれるグルカン、マンナンという多糖体が水分を吸収して満腹感になるため食事量が減る他、食物繊維が腸内環境を整えて便秘を改善する効果があるダ...
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸とは、保湿成分のひとつで、もともと皮膚に多く存在していて、肌の潤いや弾力を担っている成分。 皮膚に存在するヒアルロン酸は30才前後を境に急激に減少し、しわや乾燥肌の...
ひまわり油
ひまわり油は、太陽の光をいっぱいに吸収して育つ、ひまわりの種子から作られるため、各種ビタミンやミネラルを豊富に含んでいる。 特に、ビタミンEはオリーブオイルの5倍に相当し、植物...
ヒマシ油
ヒマシ油とは、トウゴマという植物の種子の皮をはがし、機械的に圧搾して得た液状の油脂である。 ヒマシ油は、繊維質が多い殻皮と、 油とタンパク質を含む核または内胚乳(ないはいにゅう...
白檀(びゃくだん)
白檀(びゃくだん)とは、香木の一種で、その香りには人間の精神を落ち着ける作用がある。サンダルウッドとも呼ばれる。 白檀は、インド、インドネシア、オーストラリア...
ヒーリングアート
ヒーリングアートとは、「癒し」をもたらす芸術のこと。ヒーリングの一種。 絵画の分野に多く取り入れられており、美しい風景や自然をテーマにしたもの、心を落ち着かせ...
ヒーリングミュージック
ヒーリングミュージックとは、癒しや医療の専門家も使っている音楽。 欧米ではすでに医療やスポーツに採り入れられている。 水の流れ、波の音、野生のイルカの鳴き声、自然の臨場感...
ヒーリング
ヒーリングとは、癒しと同意語。 現在では、リラクゼーションという感じの軽い意味から、難病やトラウマからの開放も含めて、心と身体の健康を回復する、という意味でも『ヒーリ...
ピラティスポーズ
ピラティスポーズとは、ピラティスのエクサイズ時にとるポーズ。
ピラティススタジオ
ピラティススタジオとは、ピラティスを教える教室(スタジオ)。 最近は、フィットネススクールでピラティスコースなどがある。
渡辺満里菜さん
渡辺満里奈さんは、「渡辺満里菜の ピラティス道」という本を出版している。 <出版社からのコメント> 正しい呼吸、約1時間のエクササイズで美しいボディライン、健康なカラダ...
ピラティス教室
ピラティス教室とは、ピラティスを教える教室。 フィットネスクラブなどでも教室は開講している。
ピラティス
ピラティスとは、非常にゆっくりとした動きが主体のエクササイズの一種である。 ドイツ人のジョセフ・ピラティスが1920年代に開発した運動法。 ピラティスはさま...
漂白剤
漂白剤とは、食品の色調を整えるため、原料などに含まれる好ましくない色素成分や着色物質を無色にして白くしたり、きれいで鮮明な色調に整える目的で使用される添加物。 亜塩素酸ナトリ...
びわ
びわには、ビタミンA(β-カロテン)や、カリウム、カルシウム、食物繊維などの栄養成分が含まれる。 多く含まれる、β-カロテンには体内の免疫力を高める効果が期待できる。 果実...
びわ
びわには、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB群、ビタミンCなどの栄養素が含まれる。 β-カロテンの含有量が果物の中でも多い方で、2個食べれば、1日の必要量の約5分の1が摂取...
ビオトープ
ビオトープとは、本来の生態系が保たれた空間の意味。 ビオトープ(Biotop)とはもともとギリシャ語で「bio=生き物 + top=住むところ」という意味の造語。 人工的に植物や魚、昆虫が...
ビタミンB2
ビタミンB2とは、細胞の再生や成長を促進する働きのあるビタミンで、健康な皮膚、髪、爪をつくるのに役立つ。そのほか、脂質の代謝を促進し、糖質の代謝も促す。ビタミンB2</strong...
ピーマン
ピーマンは、南アフリカの原産で、唐辛子を品種改良し辛味をなくしたもの。 ビタミンCが多く含まれており、肌荒れ改善や風邪の予防に効果的。 緑色のピーマン...
ビタミンE
ビタミンEとは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素。不足すると、しみができたり、血行が悪くなって、冷え性、肩こり、頭痛、しもやけなどの症状が出...
ビタミンD
ビタミンDとは、腸管でカルシウムやリンの吸収を促し、骨や歯の形成を助ける栄養素。 正常な骨の発育に必要不可欠な栄養素で、紫外線を浴びることにより体内で合成される。余り日光に当たらな...
ビタミンC
ビタミンCとは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素。また、コラーゲンの生成、毛細血管、歯、軟骨、結合組織の健在、鉄分吸収にも必要な栄養素である。血中コレス...
ビタミンB12
ビタミンB12とは、赤血球の形成を助ける栄養素。不足することで悪性貧血になると、体がだるくなったり、めまい、動悸、手足がしびれるといった症状が出てくる。また、神経過敏になる、ふさぎ...
ビタミンB6
ビタミンB6とは、たんぱく質の代謝を促し、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素。腸内細菌によって合成されることがあるので、欠乏症が起こりにくいといわれているが、抗生物質を長期間服用し...
ビタミンB1
ビタミンB1とは、ごはんやパン、砂糖などの糖質を分解する酵素を助け、エネルギーにかえてる働きや皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをもつ栄養素。 不足すると、糖質のエネルギー代謝...
ビタミンA
ビタミンAとは、視力の維持を助け、皮膚や粘膜の健康維持を助ける、肺・気管支などの呼吸器系統の病気の感染に対して抵抗力をつける、成長を促進するなどの働きをもつ栄養素。その他にも、ガン...

>>トップページへ戻る