会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引し

co2排出係数
CO2排出係数とは、電気の供給1kWhあたりどれだけのCO2を排出しているかを示す数値です。 経済産業省・環境省令第3号に定めるCO2排出係数のデフォルト値が0.000555t-CO2です。
強肴(しいざかな)
強肴(しいざかな)とは、懐石料理で、一汁三菜の他に出される料理。 進肴(すすめざかな)、追肴(おいざかな)ともいう。
小児鍼
小児鍼とは、病気の予防と健康維持を主な目的に、生後20日くらいから8歳くらいまでの小児に対して行う鍼治療。 小児鍼の場合は、専用の治療器具による皮膚への軽い接触...
柔道整復術
柔道整復術とは、「接骨」や「整骨」、「ほねつぎ」といった名称で古来から親しまれてきた、民間療法。 柔道整復術は日本古来の医術の一つで、元々は「柔術」の活法を基...
指圧
指圧とは、奈良時代に中国から日本に伝えられたあんま術に、明治時代にアメリカから伝えられ、カイロプラクティックやオステオパシーなどの技法を取り入れた手技療法。 指圧</str...
白色脂肪細胞
白色脂肪細胞とは、一般に脂肪細胞といわれている脂肪のこと。 人間の脂肪細胞は大きく白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2つに分類することができる。 白...
ジャンクフード
ジャンクフードとは、塩分や糖分、脂肪分が多く、ビタミン類が乏しく、栄養価値が低い食品で、英語でJunk-food、つまり、「ガラクタのような食べ物」という意味をもつ。 <br /...
条件付き特定保健用食品
条件付き特定保健用食品とは、特定保健用食品のうち、その許可等に際し要求される科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品について限定的な科学...
シルバーマーク
シルバーマークとは、シルバーサービスの種類ごとに基準を設け、しっかりと基準を満たした事業者 (事業所)に対して交付されるマーク。 シルバーマークは、利用...
縞インゲン
縞インゲンとは、さやに特徴的な縞模様が入っているいんげん豆。 しかしゆでてしまうと縞模様は消え、鮮やかなグリーンになる。とても柔らかくすじっぽくない。 縞インゲン...
四角豆
四角豆とは、マメ科のツル性植物。若いサヤを食べる。 四角豆の英名は「winged bean」で、直訳すると「翼豆」。その名の通りヒラヒラと飛んでいってしまいそうな翼を持...
シンインテグレーション
シンインテグレーションとは、慢性的な身体の緊張をほぐし、深部結合組織に働きかけるボディワーク。 指、手、ひじを使って、身体の中に張り巡らされた筋膜と呼ばれるものに圧力とエネル...
治部煮(石川県)
治部煮とは、石川県を代表する郷土料理。 治部煮は、葛(くず)をまぶしたとろりとした鴨肉に、すだれ麩、百合根、しいたけ、ほうれん草などを取り合わせた煮物。鴨の肉...
しもつかれ(栃木県)
しもつかれとは、 栃木県を中心にその近辺で冬季に限って作られる郷土料理。 しもつかれは、正月料理で残った新巻鮭の頭、節分で残った煎り大豆や人参、大根のすりおろ...
じゃっぱ汁(青森県)
じゃっぱ汁とは、 タラを丸ごと一匹使った、津軽の代表的な郷土料理。 タラのあらや内臓を豆腐・大根・ネギなどと味噌で煮込んだ汁。 「じゃっぱ」とは、青森弁で「残り物・いらな...
ジンギスカン(北海道)
ジンギスカンとは、かぶとの形をした鉄鍋の上で羊肉を焼いて食べる北海道の郷土料理。 鍋のふちを野菜で囲んで、てっぺんに肉を乗せて焼き、伝い落ちてくる肉汁を、野菜と一緒に食べるの...
ジャズダンス
ジャズダンスとは、基本としているのはバレエで、バレエよりももっとリズミカルに、自由に踊れるダンス。 ジャズダンスはジャズの音楽で踊ることもあるが、ジ...
ジェネリック医薬品
ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬の独占的販売期間(有効性・安全性を検証する再審査期間及び特許期間)が終了した後に発売される、新薬と同じ有効成分で効能・効果、用法・用量が同...
三味線(しゃみせん)
三味線(しゃみせん)とは、弦楽器であり、弦(糸)を弾いて音を出す撥弦楽器。 三味線の演奏には基本的にはヘラ状の撥(ばち)を用いるが、三味線...
尺八(しゃくはち)
尺八(しゃくはち)とは、竹で出来た日本の伝統的な楽器。 もともとは、禅僧が瞑想するための法器だった。 尺八は、前面背面合わせて五つの穴の塞ぎ具合と、吹...
植物性乳酸菌
植物性乳酸菌とは、米や麦、果物などの植物をエサに増殖する乳酸菌。 乳酸菌とは、乳糖やブドウ糖などの糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称。 乳酸菌には、植物性乳酸...
しらす丼<神奈川県>
しらす丼とは、神奈川県の郷土料理の一つで、シラスをご飯をもった丼の上に乗せ、タレや醤油をかけるといったシンプルな丼物。 江ノ島には、しらす丼を食べさせてくれる...
しっぽくうどん
しっぽくうどんとは、讃岐(香川県)の冬の代表的な郷土料理。 季節の野菜を、汁とともに煮込む方法で、ゆでたうどんの上から共に煮た野菜をかけたもの。年末には年越しそばの代わりに食...
上新粉
上新粉とは、精白したうるち米を水に浸けた後、粉砕して乾燥させた米粉のこと。 米粉とも呼ばれ、粒子の粗いのが並新粉、細かいのが上新粉、特に細かいのが上用粉と呼ば...
シークァーサー(ひらみレモン)
シークァーサー(ひらみレモン)とは、泡盛に入れたり、ジュースにしたり、料理に使用したりする沖縄ではポピュラーな果物の一つ。 他の果物に較べて「ノビレチン」や「タンゲレチン」と...
植物ステロール
植物ステロールとは、果物、野菜、穀物などに含まれるステロールという成分のことを指す。 植物ステロールには、動脈硬化の要因となるコレステロールの吸収を妨げる効果...
植物たんぱく
植物たんぱくとは、大豆や小麦などに含まれるたんぱく質のこと。 植物から抽出したたんぱく質を原料とした食品は、「植物たんぱく食品」や「植物たんぱく加工品...
食育の日
食育の日とは、毎月19日。 食育基本法に基づき、平成18年3月に食育推進会議において作成された「食育基本計画」の中で、毎日19日は「食育の日」とすることが定め...
食育月間
食育月間とは、毎年6月。 食育基本法に基づき、平成18年3月に食育推進会議において作成された「食育基本計画」の中で、毎年6月は「食育月間」とすることが定められた...
食育基本法
「食育基本法」とは、食育に関する基本理念を定め、国民の健康と、豊かな人間性を育むため、食育の推進を課題とし、現在及び将来にわたる、健康で文化的な国民の生活と、豊かで活力ある社会の実...
地ビール
地ビールとは、 地酒にならって、その土地のビール、つまり地元産の原材料でつくり地元で飲まれる、その土地に根ざしたビールといったような意味。 日本に「地ビール」が誕生したのは 199...
ジャパニーズウイスキー
ジャパニーズウイスキー とは、日本でつくられているウイスキーの総称で、世界の5大ウイスキーの一つ。 スコッチウイスキーと似たタイプで、味わいはソフト。樽による熟成香がおだやかで...
七輪(しちりん)
七輪(しちりん)とは、木炭や豆炭を燃料に使用する調理用の炉(いろり)。 炭火で調理する際には適した調理器具であり、燃焼効率も非常に良い。 七輪の語源は...
炸鏈(ジャーレン)
炸鏈(ジャーレン)とは、中国料理で使われる穴杓子(あなしゃくし)のこと。 漏勺(ローシャオ)とも呼ばれる。 炸鏈は鉄製で、片手鍋の底一面に多数の小さい穴をあけたような形を...
しゃぶしゃぶ鍋
しゃぶしゃぶ鍋とは、中央に煙突のような筒がついている鍋。 むらなく熱が回り、保温性もあるのが特徴。
シンイ(コブシ)
シンイ(コブシ)とは、鼻炎を目的とした民間薬や葛根湯加川キュウ辛夷 (かっこんとうかせんきゅうしんい)などの漢方薬に利用される生薬。 山野に自生、または観賞用として栽培されるモ...
ショウキョウ
ショウキョウとは、ショウガの根を乾燥させたもので毛細血管の血流を良くし、血中コレステロールを下げるなどの効果がある生薬。 葛根湯など多くの漢方薬に配合されるほか、香辛料として...
シャゼンシ(オオバコ)
シャゼンシ(オオバコ)とは、利尿、鎮咳、去痰、止瀉作用目的で漢方薬などに配合される生薬。 道端によく見られるオオバコ科の多年草で、夏に長い茎の頂端に穂状の小花をつける。 ...
芍薬(シャクヤク)
芍薬(シャクヤク)とは、 葛根湯、当帰芍薬散などの漢方薬に、筋肉のこり、腹痛、下痢などを目的として配合され、家庭薬の原料にも婦人薬などに使用される生薬。 観賞用、薬用として各地...
地黄(ジオウ)
地黄(ジオウ)とは、血を補って滋養する効果で知られている生薬で、八味地黄丸(はちみじおうがん)、 六味丸(ろくみがん)などの漢方処方に配合される。 ゴマノハグサ科の多年草...
JHFA
JHFAとは、「JAPAN HEALTH FOOD AUTHORIZATION」の略。 JHFAは、財団法人日本健康・栄養食品協会が健康補助食品に対して一定の規格基準を設け、その基準を満たした食...
CCM
CCMとは、クエン酸リンゴ酸カルシウム。 CCMは、カルシウムにクエン酸とリンゴ酸を一定の比率に従って配合したもの。 <CCMの特徴> ク...
CAE
CAEとは、植物性のヤシ油脂肪酸とアミノ酸のL?アルギニンを結合したエステルを、皮膚の天然成分のピロリドンカルボン酸で中和した塩である。 CAEは、安全性に問題の多...
心拍数
心拍数とは、心臓が1分間に血液を送り出す回数をカウントした数値。 運動をすると、筋肉が酸素を大量に必要とするために、心臓は平常時より活発に動いて多くの酸素を含んだ血液を送り出す...
新陳代謝
新陳代謝とは、体の古い細胞から新しい細胞に入れ替わること。 新陳代謝が低下することで疲れがとれない、傷の直りが悪い、やせにくい、 お酒が抜けないなどのト...
心電図検査
心電図検査とは、心臓が収縮するとき発生する非常に弱い電流の変化をグラフに記録する検査。心臓の疾患に関わる検査の中でも比較的簡単に行えるので、病気発見の第一の手がかりとしてよく用いら...
心筋梗塞
心筋梗塞とは、心臓の冠状動脈が血栓などによってふさがり、血液が心臓に送り込まれないため酸素と栄養の供給が止まり、心筋が死んでしまう病気。 <心筋梗塞の症状>...
シリコン樹脂
シリコン樹脂とは、淡灰色半透明な粘性の駅、またはワセリン様の物質。 シリコン樹脂は、化粧品には消泡剤、撥水剤、油分などの目的でしようされている。
自律神経失調症
自律神経失調症とは、不規則な生活習慣などにより、体を働かせる交感神経と副交感神経のバランスが乱れる状態。内臓や器官の病変によるものではないので病院で検査しても異常なしといわれる場合...
自律神経
自律神経には自律神経中枢からの下りの命令を伝える交感神経や副交感神経などの遠心性神経と内臓の情報を司令塔に報告する上りの求心性神経である内臓近く神経からなる。 神経系の司令...
消石灰
消石灰とは、白色の粉末でにおいはない水酸化カルシウム。 <消石灰の特徴> 消石灰の水溶液はアルカリ性である。 脱毛用のpHをあげ、...
女性ホルモン
女性ホルモンとは、女性特有の体つきや体のリズムを司るホルモン。 <女性ホルモンの特徴> 女性ホルモンには、卵巣内の卵胞から分泌される「...
生薬
生薬とは、漢方薬と民間薬に大別される。 <生薬:漢方薬> 漢方薬と呼ばれるものは、漢方々剤に組み込まれる草根木皮および果実、種子をいい、2種類以上組み合...
焼酎
焼酎とは、蒸留酒の一種でアルコール度数が45度以下のもの。 <焼酎の定義> 酒税法では「アルコール含有物を蒸留した酒類」のうち、以下の条件を満たす酒類を焼酎としている。<b...
受動喫煙
受動喫煙とは、たばこ点火部より立ち上る煙(副流煙9と喫煙者が吸い込んだ煙(主流煙)の吐き出された煙とが混ざった煙を自分の意思とは関係なく吸い込むこと。 受動喫煙</strong...
腫瘍
腫瘍とは、新生物(neoplasm)とほぼ同義に用いられ、「自律的な増殖をするようになった細胞(cell)の集団」を意味する。 腫瘍が大きく、手術の危険が高いものはあらかじめ...
シューフィッター
シューフィッターとは、生活者の健康管理の一翼を担うとの自覚にたって、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を修得し、足の疾病予防の観点から正しくあった靴を販売するシューフィッティングの...
シャンプー
シャンプーとは、頭髪、頭皮の種々の汚れ、皮脂、フケ、整髪料の残ったものを除去して、頭髪、頭皮を洗浄するもの。 <良いシャンプーの条件> シャン...
ジャムウ
ジャムウとはジャワ語、インドネシア語で「客、もてなす、植物等から作られたクスリ」という意味がある。各家庭等で受け継がれてきたインドネシアの伝統的な知恵の結晶。ハーブ等の天然材料を調...
シモン・シモン芋
シモンとは、ブラジル原産のヒルガオ科の植物。 シモン(シモン芋)は、ブラジル原産の白さつまいもで、ブラジル連邦国立農科大学のシモン教授によって発見され、シモン(シモン芋)と名づけ...
しみ
しみとは、顔にできる褐色の色素班点。 しみは、中年以降の女性に多くみられる。 <しみの特徴> 形は不規則であるが、境界が比較的は...
脂肪酸
脂肪酸とは、鎖式モノカルボン酸の総称で、RCOOHの様な一般式で表される化合物。 脂肪酸は天然油脂、ロウなどにエステル類として存在している。 飽和脂肪酸、不飽...
脂肪吸引
脂肪吸引とは脂肪細胞そのものを取り除くこと。 脂肪吸引は、太るための材料=脂肪細胞をなくしてしまおうとする発想。 肥満のもとである脂肪細胞を取ってしまうのでリバウンドの心...
脂肪
脂肪とは、油脂類の中では融点が高く常温で固体のもの。 脂肪は、ステアリン酸、パルミチン酸などの飽和脂肪酸を多く含有する。
歯肉炎
歯肉炎とは、歯肉のみに炎症が起きているもので、歯周病の一歩手前の病気。 健康な歯肉はうすいピンク色で引き締まっているが歯肉炎になると歯肉が赤くはれてきたり出血する。 原因...
シナモン
シナモンとは、東南アジア原産で、クスノキ科の木の樹皮を乾燥させた香辛料。 独特の甘味と香りがあり、洋菓子やパンなどに使われることが多い。シナモンは抗菌性物質としても有名。 ...
自然化粧品
自然化粧品とは、天然原料を主体として作られた化粧品で、乳化剤なども合成界面活性剤などを使用せず、天然界に存在する乳化作用をもった原料だけで乳化されたもの。 <自然化...
歯周病
歯周病とは細菌が歯肉に炎症をひき起こし、歯槽骨を溶かしてしまうのが、歯周病(歯槽膿漏)。歯垢や歯石がたまると、歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖す。この細菌が歯周...
子宮内膜症
子宮内膜症とは、子宮内膜の組織が卵巣内や子宮周囲、子宮の壁、子宮を腰と支える靭帯、膀胱や直腸の近くなど、子宮の内側以外の場所にできる病気。
色素
色素とは、ものを着色するもの。 <色素の種類>  ・自然界に存在する天然色素、  ・コールタールを原料としてごうせいされるものをタール色素 ...
紫外線吸収剤
紫外線吸収剤とは、紫外線を選択的に吸収して有害な紫外線からか皮膚をまもるために配合されたもの。
樹木医
樹木医とは、天然記念物のような樹木の診断や管理をしたり、巨樹の移植や治療ばかりでなく、街路樹や公園、家庭の庭木など広範囲にわたって樹木を扱う仕事。 専業樹木医の他に、建設業、...
森林官
森林官とは、大雨の後の土砂崩れなどが無いか見て回ったり、販売可能な木を選ぶ収穫調査、植林や間伐の際の指示・監督などを行う仕事。 森林官は、巡視や調査業務を中心...
ジロール(girolle)
ジロール(girolle 仏)とは、フランス料理によく使われるラッパ状のキノコ。 日本で「杏子茸」と呼ばれているもので、その名のとおりアンズに似た香りがする。 初夏から秋まで長...
シャルキトリー(charcuterie)
シャルキトリー(charcuterie)とは、フランス語で、 ハム、ソーセージ、テリーヌなどの、豚肉加工食品。 または、それらを売る店のこと(ドイツ語のデリカテッセンと同義)。
ジゴ(gigot)
ジゴ(gigot)とは、フランス料理、羊(ひつじ)のもも肉のこと。
板ずり
板ずりとは、ふきやきゅうりなどを色よく仕上げるために行う下ごしらえの方法。 材料をまな板にのせ、塩をたっぷりとふり、両手のひらで押さえながら転がす。 生で食べるときは洗...
シュトーレン
シュトーレンとは、甘めのパン生地にレーズンやピール、木の実などを混ぜ、焼き上げた クリスマス用のパン。 ドイツのザクセン州の州都 ドレスデンのクリスマス時期の郷土菓子。<br...
シェリーグラス
シェリーグラスとは、シェリー(スペイン産のフォーティファイド・ワイン)を味わう時のグラス。 リキュール・グラスより、ひとまわり大きく、スリムな形をしている。 カクテルやウ...
シャンパングラス
シャンパングラスには、口の広いソーサー型と、細身で背の高いフルート型がある。 フルート型は発泡性のお酒に向いている。 ※シャンパングラスのような脚つき...
シードル
シードルとは、りんごを原料にしてつくられた醸造酒のこと。 シードルの製造法はほとんどワインと同じだが、りんご果汁だけからつくられ、炭酸ガスを含んだ 発...
シャンパン
シャンパンとは、 フランスのシャンパーニュ地方でつくられるスパークリングワイン※のこと。 シャンパーニュの特定地域でつくられたもの以外は、シャンパンという名...
白ワイン
白ワインとは、葡萄を圧搾してつくった果汁だけを発酵させてつくられる。 主に淡色葡萄(緑色など)だけを使うが、まれに黒葡萄が用いられることもある(主に、シャンパンで使われる)。...
信州味噌(しんしゅうみそ)
信州味噌(しんしゅうみそ)とは、味噌の全国生産量の約30%を占める米味噌。 淡色辛口味噌の代表でやや酸味のあるさわやかな香りが特徴の味噌。 <信州味噌...
小龍包(ショ ウロンポウ)
小龍包 (ショ ウロンポウ)とは、上海地方の名物料理。 皮は餃子よりも少し薄く、形は日本料理の巾着卵のように先端がすぼまったように閉じられ、 中の具には肉汁を含んだ肉あ...
香片茶(シャンペンツアー)
香片茶(シャンペンツアー)とは、ジャスミン茶のこと。 半醗酵茶である青茶に、香りのよいジャスミンの花を加えたもの。 北京を中心と した中国大陸北東部で好まれている。
四川料理
四川料理とは、 中国の西部、揚子江上流、四川省の料理。 四川省は内陸部に位置するため、食材に海産物を使うことは少ない。 酸(酸味)、甜(甘味)、鹹(塩味)、麻(しびれ)...
醤(ジャン)
醤(ジャン)とは、みそや、ペースト状の調味料全般を指す言葉で、 数多くの種類がある。 例えば、豆板醤、甜麺醤、XO醤など。
シュペートレーゼ
シュペートレーゼとは、遅摘みした葡萄より造られるワインで、普通の収穫より最低1週間以上遅く収穫され、地域の決められた果汁糖度をクリアしたブドウが原料となる。 濃度も高くなるが...
シャルドネ
シャルドネとは、ブルゴーニュの白ワイン用のブドウ品種。 作り方によって,シャブリのようなキリッとした辛口から、コルトン・シャルルマーニュのような 重厚なワインまでさまざま...
絞り器
絞り器とは、柑橘系の果物などの果汁を一気に絞り出す調理器具。 円すい形の突起部に柑橘系の果物などを押し付けて果汁を絞り出す。
塩もみ
塩もみとは、材料に塩をふって手でもむこと。 もんだ後に水気を絞る。 薄味が付く上に、塩の浸透圧効果で水分が抜けて歯ざわりがよくなる。 きゅうりの酢の物やかぶや大根...
塩茹で
塩茹でとは、塩を加えて茹でること。 主にほうれん草や小松菜などの青菜やさやえんどうやグリーンピースなどの 緑色の野菜を色よくゆでるために用いられる。 熱湯に塩を加...
直火焼き(じかびやき)
直火焼き(じかびやき)とは、鍋やフライパンを使わずに、材料に直接火をあてて妬く方法。 魚や肉、野菜などを焼き網で焼いたりする。 焼き色が程よくつき、香ばしく調理できる。...
敷き昆布
敷き昆布とは、昆布を土鍋や鍋の下に敷き、材料や水を加えて火にかける方法。 湯豆腐、ちり鍋、おでんなどによく用いられる。 昆布のうま味が煮汁に溶け出し、全体に味わい深くな...
下煮(したに)
下煮(したに)とは、前もって下味をつけておくこと。 椀だねや混ぜご飯の具などによく用いられる。 かたくて煮えにくい材料や、味がしみにくい材料も下煮をす...
下茹で(したゆで)
下茹で(したゆで)とは、材料をあらかじめ茹でておくこと。 アクの強い野菜や火の通りにくい材料を料理するときに用いられる。 煮物に加えられる青菜を前もって色よくゆでておく...
室温に戻す
室温に戻すとは・・・ 冷蔵庫で保存した卵や肉、バターなどの材料を室温と同じぐらいの温度(常温)にすること。 室温に戻すことによって、中心部と表面の温度...
治部煮(じぶに)
治部煮(じぶに)とは、金沢を代表する郷土料理。 葛(くず)をまぶしたとろりとした鴨肉に、すだれ麩、百合根、しいたけ、ほうれん草などを 取り合わせた煮物。
締める(しめる)
締める(しめる)とは、主に塩をふったり、酢に浸して身をひき締めること。 材料をより一層美味しくし、保存性を高める働きがある。
霜降りにする
霜降りにするとは・・・ 魚介類や肉などをさっと熱湯に通し、表面を白くして霜が降りたような状態にすること。 霜降りにするときは、中まで火が通らないように...
出世魚(しゅっせうお)
出世魚(しゅっせうお)とは、成長するにつれて名前が変わる魚。 鰤(ぶり)や、鱸(すずき)、さわら、ぼらなどが代表的。 縁起の良い魚として、祝いの膳によく用いられる。
醤油洗い(しょうゆあらい)
醤油洗い(しょうゆあらい)とは・・・ 材料にしょうゆをふって余計な水分を除くこと。 代表例が、「ほうれん草のおひたし」。 茹でて水気を絞ったほうれん草にしょう油を...
白煮(しらに)
白煮(しらに)とは、白い材料の白さを生かして煮上げる方法。 うど、れんこん、里芋、かぶ、イカ、白魚などをしょう油を全く使わないか、 うすくちしょう油か白しょう油を少量使...
芯抜器
芯抜器とは、芯や種のある食材に対して、実の部分を残し、芯や種を抜きとる時に使用する調理器具。 よく利用されるもので、りんご芯抜器、オリーブ芯抜器</st...
樹脂系アロマオイル
樹脂系アロマオイルとは、重厚で甘い香りが持続するのが特徴。 精油は、樹脂(木のヤニ)から抽出される。 【代表的な樹脂系アロマオイル】<b...
樹木系アロマオイル
樹木系アロマオイルとは、森林浴をしているような、フレッシュで心地の良い香りの精油。 精油は樹木の皮、枝、葉などから抽出される。 【代表...
シバナンダ・ヨガ
シバナンダ・ヨガとは、元西洋医学の医師であったスワミ・シバナンダという人が、それまでにあったヨガを西洋医学を否定することなく、体系的にまとめ直したヨガ</str...
白樺(シラカバ・バーチ)
シラカバ(バーチ)とは、寒冷地では生長が速い落葉樹で、日本では長野県の県木に指定され、白い樹皮の美しさが高原のシンボルとして親しまれている。 シラカバの樹液に...
ジュニパー(セイヨウビャクシン...
ジュニパー(セイヨウビャクシン・セイヨウネズ)とは、ヒノキ科のハーブ。 ジュニパーは、ドイツではかなり昔から重要なスパイスとしても使われてき...
ジョチュウギク(シロバナムシヨ...
ジョチュウギク(シロバナムシヨケギク、ピレスラム、ムシヨケギク)とは、キク科の多年草ハーブ。 天然の殺虫剤だが、哺乳動物には無害なため、人、動物の皮膚に付く害...
食育エキスパート
食育エキスパートとは、「食育」の観点から、食生活を豊かですばらしいものにするための知識やノウハウを認定するための検定。食育エキスパートは、服部栄養専門学校公認の検...
スイートバジル
スイートバジルとは、インド・東南アジア原産のしそ科の1年草。ハーブの王様とも言われ、あらゆる料理に使われる。 日当たりの良い場所できちんと水やりをすれば、家庭栽培も簡単。 <str...
じゅんさい
じゅんさいとは、沼や池に自生するスイレン科の若芽。 じゅんさいは表面のヌルッとした食感が特徴で、その成分はムチン。ムチンはタンパク質の消化吸収を高める働きが...
ししゃも
ししゃもとは、北海道の太平洋側が主産地の日本固有の貴重な魚で、秋に海から川を遡上して産卵する特異な生態を持っている。この産卵期に遡上した「子持ちししゃも」は逸品で...
重曹(じゅうそう)
重曹とは、化学名を炭酸水素ナトリウムといい、別名、重炭酸ソーダとも言われている。 重曹の水溶液は弱りアルカリ性を示し、研磨効果があることから、磨き粉や消臭剤、...
神社
神社とは、日本古来の神を祀る祭祀施設。 神社は、神が鎮座する本殿、儀礼を行う拝殿、神域と俗界を隔てる鳥居などから構成される。 <神社と環境> 古来...
人口問題
人口問題とは、人口増加により発生する貧困問題/食糧問題/環境問題のこと。 世界の人口は、20世紀に入ってから急速に増え続け、現在63億人を超えると推計されている。中でも発展途上...
静脈産業
静脈産業とは、廃棄物の処理やリサイクルに関わる産業。 廃棄物の運搬や処理業、リサイクル製品への加工や流通などを含む。 <静脈産業のこれから> 循環...
情報開示支援システム
情報開示支援システムとは、産業廃棄物処理事業振興財団の「産廃ネット」上で運営しているシステム。 登録産廃業者の情報は誰もがネット上で閲覧可能。 <a href="http://www.sanpai...
準廃棄物
準廃棄物とは、「廃棄物」ではないが、廃棄物と同等の適正処理が求められるため、一定の規制をかけるための新たな概念。長野県の廃棄物条例案に登場してきた新しい規制の枠組み。 <<st...
循環型社会白書
循環型社会白書とは、循環型社会の構築に向け、廃棄物、リサイクルの現状や、廃棄物を減らす手段などをまとめたもの。 循環型社会白書は、2001年度版より発行。 <循環型社会白書...
重金属
重金属とは、比重が水(1g/cm3)の4?5倍以上あるの金属のこと。 <重金属と環境問題> 重金属には、イタイイタイ病を引き起こしたカドミウム、水俣病の...
地盤沈下
地盤沈下とは、地面が沈下していく現象のこと。典型七公害の一つ。 <地盤沈下の原因/引き起こす問題> 地下水や天然ガスなど資源の過剰な採取、建築構造物等...
自動車リサイクル
自動車リサイクルとは、製品としての寿命を終えた自動車の部品などを再利用すること。 <自動車リサイクルの取り組み> 通商産業省が「使用済み自動車リサイク...
自動車公害
自動車公害とは自動車による様々な公害。 <自動車公害の種類>  ・交通事故  ・騒音と振動  ・排気ガスによる大気汚染  ・交通渋滞と駐...
自転車利用環境総合整備事業
自転車利用環境総合整備事業とは、地球温暖化防止や自動車排ガス対策、渋滞緩和対策の一環として、都市における日常的な交通手段として自転車利用を促進するための制度。
自己処理型トイレ
自己処理型トイレとは、トイレとし尿処理装置が一体化あるいは隣接する構造のトイレ。 し尿をその場で燃焼したり、土壌で浄化したり、生物・化学的に処理して処理水を循環利用するなどの...
事業系一般廃棄物
事業系一般廃棄物とは、商店、事務所、工場などから排出される廃棄物のうち、廃掃法で指定された19種類の産業廃棄物以外の廃棄物。
事業協同組合
事業協同組合とは、中小・零細企業などが同じ目的や志をもって経営の合理化などを行うものが組合。 <事業協同組合の特徴> 事業協同組合は各...
森林浴
森林浴とは、新鮮な空気、静けさなどを求めて森林に入ることによって、心身をリフレッシュし、健康の維持などを図ること。 <森林浴の効用> 森林浴の効用には、  ・森林...
森林認証制度
森林認証制度とは、適正に管理された森林を認証する制度。 <森林認証制度の目的> 森林から生産、製造された木材製品に認証マークをつけて流通させることで、...
森林呼吸源
森林呼吸源とは、大気中のCO2(二酸化炭素)を吸収・固定する働きに注目した森林の捉え方。
森林管理
森林管理とは、森林を適切な管理・経営を持続的に行っていくこと。 <森林管理方法> 国際的な森林認証NGOであるFSCは、森林管理の原則...
森林開拓
森林開拓とは、農業や放牧のための伐採や火入れ、木材資源の利用などの為に森林を開拓すること。 <森林開拓の実態> 森林開拓による地球の森林の被覆率の減少...
親水
親水とは、水に触れたり、接したりして水に親しむこと。 <親水の方法> 「水に親しむ」ことだけでなく、公園を整備したり、魚類や昆虫などとの共存を目指した...
新宿御苑「環境の杜」構想
新宿御苑「環境の杜」構想とは、環境省が打ち出した構想で、園内に希少野生植物の絶滅防止に向けた栽培地などの施設を整備し、環境の視点から積極的に活用して行くこと。 <新宿御苑、...
審査登録機関
審査登録機関とは、国際標準化機構(ISO)が制定する環境マネジメントシステム規格に、事業者が適合しているかどうかを審査する機関。 <日本の審査登録機関> 環境マネジメント...
新エネルギー
新エネルギーとは、太陽光、風力などの自然エネルギーや燃料電池などの新たな技術によって、クリーンなエネルギー。 資源量の限界と二酸化炭素の排出問題から、化石燃料に代わる新しいエ...
知床
知床は、北海道の北東端、網走支庁斜里町と根室支庁羅臼町にまたがって、基部の幅約25km、先端までの長さ約65kmの半島。 <知床の自然/世界遺産> 知...
食品廃棄物
食品廃棄物とは、レストランや家庭などから排出される生ごみのこと。 <食品廃棄物の量> 年間発生量は1940万トンと試算されており、事業系が940万トン、家庭系...
食品トレイ
食品トレイとは、スーパーなどで使用されている発泡スチロール製の食品包装容器。 <食品トレイの普及> 食品トレイは、鮮度保持などの便利性...
食品循環資源再生利用促進法
食品循環資源再生利用促進法とは、食品製造業などから排出される食品廃棄物の発生抑制と減量化を行ない、飼肥料などの原材料としての利用を進めることを目的とする法律。 食品循...
食品安全基本法
食品安全基本法とは、BSEや遺伝子組み換え作物など食生活を取り巻く環境の変化に対応するため、国民の健康保護を最重要課題として位置付け、食品によるリスク評価、管理のあり方などを定めた...
食育
食育とは、「食」の教育のこと。 国は、子どもの頃からの食生活の改善を重視し、教育現場での「食の学習」を拡大しようとさまざまな施策を展開している。
少子高齢化
少子高齢化とは、少子化/高齢化が同時に起こること。 <少子化社会とは> 18歳未満の子どもの数が65歳以上の高齢者よりも少なくなった社会のことを「少子社会」と呼ぶ。日本は19...
硝酸性窒素
硝酸性窒素とは、窒素化合物のうち硝酸性塩のこと。 <硝酸性窒素と環境問題> 農用地に撒かれた窒素肥料や、野積み・素掘りされた家畜ふん尿が土壌に吸着され...
省エネ
省エネとは、家庭やオフィスでのエネルギー消費を抑える活動。 省エネに関して定めた省エネ法がある。
シュレッダーダスト
シュレッダーダストとは、プラスチックやガラス、ゴムなど、比重の軽いものから成る廃棄物。 廃棄物から鉄や非鉄金属を選り分けて販売するシュレッダー業者が、廃車などを工業用シュレッ...
取水制限
取水制限とは、異常少雨などによりダム等の貯水量が減少した時に、河川からの取水量を制限すること。
臭素系難燃剤
臭素系難燃剤とは、製品などを燃えにくくする難燃剤の1種。 <臭素系難燃剤の有害性> 以前は、塩素系難燃剤が使用されていたが、有害物質発生の問題から臭素系...
臭素化ダイオキシン
臭素化ダイオキシンとは、ダイオキシンの塩素部分が臭素に置き換わったもの。 <臭素化ダイオキシンの発生原因> 臭素系難燃剤を加えたプラスチックを製造・加...
臭気判定士
臭気判定士とは、悪臭の強さを測定するための国家資格。 悪臭防止法の改正により需要が増えるとみられている。 <臭気判定士資格制度設立の背景> 悪臭は...
臭気指数規制
臭気指数規制とは、三点比較式臭袋法などのように人の臭覚を使って臭いのキツさを判断し、その結果から算出された「臭気指数」を使って工場などからの悪臭の排出を規制すること。 <<st...
臭化メチル
臭化メチルとは、無色、無臭の圧縮液化ガスで空気より重く、加熱、燃焼すると分解して臭化水素や臭素などの有毒で腐食性の物質を生じる。 <臭化メチルの問題点><br ...
しゃ水工
しゃ水工とは、廃棄物の最終処分場において、処分場表面からの雨水等の浸入や、底部からの浸出水の漏水を防ぐための設備・システムのこと。 <しゃ水工の例> ...
社会投資ファンド
社会投資ファンドとは、民間資金が主導し、その立ち上げ時に公的資金を導入し設立したファンドによって、私的利益を追求する市場経済ではなされないような投資を行い、得られた資本や設備を私的...
社会資本整備重点計画
社会資本整備重点計画とは、国土交通省が所管する9つの事業分野別計画(道路・交通安全施設・空港・港湾・都 市公園・下水道・治水・急傾斜地・海岸)を1本化したもの。 <...
シビル・アクション
シビル・アクションとは、水道水汚染により大勢が死亡した事件をめぐる訴訟を追ったノンフィクション小説。著者はジョナサン・ハー。 <シビル・アクションの内容><b...
指標生物
指標生物とは、環境汚染の調査の対象となる生物。 指標生物には、環境変化の影響を受けやすい生物が選定される。 1984年(昭和59)年、水質などの環境の状態を...
シニアボランティア
シニアボランティアとは、定年を迎えたり、子育てに区切がついたりといった人生の転換期を迎えた人が、それまでの仕事、環境とはまったく違う場所で、それまでに得た知識、技能、経験、趣味など...
室内空気汚染
室内空気汚染とは、家の中など室内における空気の汚染。 <室内空気汚染の背景(原因)> 高気密住宅の増加に加え、特に新築の建物の場合、建築材に用いられて...
室内環境汚染
室内環境汚染とは、タバコ等による室内の環境汚染のこと。 <室内環境汚染の例> 室内環境汚染には  ・在郷軍人病(レジオネラ症)  ・シックビル症候群等
湿地
湿地とは、淡水、汽水、塩水が永久的または一時的に表面を覆っている地域。 <湿地の特徴> 湿地は、特有の環境にあり、生産力に富むことから...
シックハウス症候群
シックハウス症候群とは、住宅建材や壁紙、家具などに含まれるホルムアルデヒドやトルエンなどの化学物質によってひきおこされる、めまいや吐き気、頭痛などの症状。 シックハウス症候...
自然冷媒
自然冷媒とは、冷蔵庫や冷凍庫の冷媒として用いられる、炭化水素単体もしくは混合ガス。 <自然冷媒の名前の由来> アンモニアやイソブタン、イゾブタンとプロ...
自然保護
自然保護とは、自然環境や野生生物、生態系を、人間活動などによる衰退・絶滅から保護すること。 <自然保護の歴史> 自然保護発祥の地と言われるイギリスをは...
自然の権利
自然の権利とは、動植物などの自然にも、人間と同じように「権利」を認めるとする法学上の考え方。 <自然の権利に基づいた訴訟> 奄美大島の乱開発による自然...
自然体験
自然体験とは、自然の中で遊び、自然を体験して理解を深めること。 <自然体験の現状> 現在は、自然体験が減ってきている。その為、環境省では、自然とのふれ...
自然食品
自然食品とは、農薬や化学肥料などをできるだけ使わずに栽培された農産物、合成飼料を使わないで育てた畜産物、魚介類、遺伝子組み換え農作物を使っていない食品。 <自然食品<...
自然再生推進法
自然再生推進法とは、「自然再生」「生物多様性」をキーワードとした社会作り、地球環境保全を目的とした法律。 2003年1月1日から施行。 <自然再生推進法の...
自然再生事業
自然再生事業とは、破壊された自然や生態系の復元を試みる事業のこと。 <自然再生事業の例> 河川では、直線化した川筋を蛇行した流れに戻したり、植生を回復...
自然再生基本方針
自然再生基本方針とは、自然再生推進法に基づき、損なわれた自然環境を再生するために必要な事業の考え方や視点/手順を示したもの。 <自然再生基本方針の目的><br ...
自然公園
自然公園とは、優れた自然環境を保護し、適正な利用を進めることを目的に指定されたもの。 <自然公園の種類> 環境大臣が指定する国立公園、国定公園、 ...
自然エネルギー
自然エネルギーとは、  風力エネルギー/太陽光エネルギー/バイオマスエネルギー  小水力エネルギー/波力エネルギー/潮力エネルギーなど  自然由来で環境負荷が小さく...
自然維持地域
自然維持地域とは、原生自然が残る地域や野生生物の生息・生育地域など、自然環境保全のために維持すべきとして示された地域のこと。 <自然維持地域の例>  ...
資源回収
資源回収とは、廃棄物の中から古紙、鉄やアルミニウムなどの金属、ガラスびん、古布などの有価物を資源として回収すること。 <資源回収の方法>  ・自治体に...
紫外線
紫外線とは、太陽光線の1種。太陽光線は、波長の違いによって、可視光線、目には見えない紫外線と赤外線に分かれる。 <紫外線の人体への影響> 紫外線...
持続可能な開発のための教育の10...
持続可能な開発のための教育の10年とは、持続可能な開発の実現のために必要な教育への取り組みを推進するための、国連によるキャンペーン。 2005年から2014年までが期間。 「持続可...
樟脳(しょうのう)
樟脳(しょうのう)とは、くすの木からとれる精油成分で、医薬品として虫除けに使われ、化粧品成分としては荒れ防止の薬効成分として配合される。別名、カンフル。 樟脳...
下地
下地とは、メイクのベースとなる乳液や美容液・ジェルやクリームのことをいい、メイクベースともいう。 下地は、肌質や日々のメイクの仕方、外の環境(湿度や乾燥の程度...
シルク
シルクとは、蚕の繭からとれる繊維状のタンパクで、パウダーとして化粧品原料や美容健康食としても用いられている。シルクのタンパク質は、人体で作ることのできない8種類の必...
ジェル
ジェルとは、「ゼリー状の」という意味があり、弾力性のあるゲルよりも水分が多く柔軟性が高い状態。
CMC
CMCとはカルボキシメチルセルロースのこと。 数あるセルロースの中ででもポピュラーなもので、化粧品原料をはじめ様々な産業分野で用いられている、非常に機能性の高いもの。 <s...
鹿ケ谷かぼちゃ(ししがたにかぼ...
鹿ケ谷かぼちゃ(ししがたにかぼちゃ)とは、ひょうたんに似たおもしろい形をした京野菜。 昔から京都では、「おかぼ」と呼び、人気のある京野菜。<br...
聖護院大根
聖護院大根(しょうごいんだいこん)とは、約百六十年前、左京区聖護院の農家が尾張の長大根から作り出した京野菜。大きくて丸い聖護院大根は、もともと長い大根だった。<br /...
GPT
GPTとは、Glutamic pyruvic transaminase(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)の略で、GOTと同じくトランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素。 GPT...
GPMSP
GPMSPとは、Good Post Marketing Surveillance Practiceの略。 GPMSPは、医薬品の市販後調査の実施に関する基準。 新薬だけでなく、 すべての医薬品が対象となる...
GOT
GOTとは、Glutamic-oxaloacetic transaminase(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)の略。 GOTは、トランスアミナーゼというアミノ酸の合成に必要な酵素。<br...
GMP
GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略。 GMPは、製造管理及び品質管理規則のこと。 安心して使うことができる品質の良い医薬品、医療用具などを供給するた...
GLP
GLPとは、Good Laboratory Practiceの略。 GLPは、医薬品の安全性試験の実施に関する基準。 非臨床試験(動物試験等)が対象となる。
GCP
GCPとは、Good Clinical Practiceの略。 GCPは、医薬品の臨床試験の実施に関する基準。 治験が倫理的な配慮のもとに、科学的に適正に実施されることを目的として...
CRO
CROとは、開発業務受託機関(治験依頼者の治験に係わる業務を治験依頼者から受託する個人又は組織・団体)
CRM法
CRM法とは、ベイズ流統計を応用して、それまで得られた情報(安全性、有効性)を早期に最大限に利用して、逐次、それらの情報を基に最適かつ安全な用量の割付および臨床的な判断(試験中断・終...
CPP
CPPとは、カゼインホスホペプチド(Casein Phosphopeptide)の略で、牛乳の主要たんぱく質であるカゼインが酵素分解されてできる成分。 CPPは、カルシウムが腸内でリン...
シジュウム茶
シジュウム茶とは、熱帯アメリカ原産のフトモモ科シジュウム属の果樹の葉を煎じて作られた健康茶。 シジュウムの葉には、葉の部分にインスリン様成分...
脂溶性ビタミン
脂溶性ビタミンとは、油や脂溶性溶媒によく溶け、水には溶けないビタミンを指す。 脂溶性ビタミンには、ビタミンA、D、E、Kなどがあり、体内に入ると、主に、肝臓や...
初回訪問(ISO)
初回訪問とは、ISO審査機関が審査対象の企業を訪問し、マネジメントシステムの構築度を検証すること。位置付けとしては、予備審査とほぼ同義。
自然観察指導員
自然観察指導員とは、身近な自然を市民に紹介するボランティアリーダーとして資格。 自然観察会を通して、自然保護を促進する役割を担う。 自然観察指導員</stron...
森林破壊
森林破壊とは、人間の活動により森林が減少しているという環境問題。 世界の森林は、地球の陸地面積の約30%を占め、2000年現在約38.7億ha(ヘクタール)ある。しかし、...
持続可能な開発
持続可能な開発とは、将来の世代も開発が持続できるように、現在の開発を抑制したものにしようという意味。 「環境と開発に関する世界委員会」(委員長:ブルントラント・ノールウェー首...
自動車リサイクル法
自動車リサイクル法とは、2005年1月から施行された自動車リサイクルをメーカー、消費者に義務付ける法律で、「循環型社会形成推進法」の理念に基づき制定。 <自動車リサイクル...
JI
JIとは、Joint Implementationの略。 先進国と「市場経済移行国」が共同でCO2などの温室効果ガス削減にあたること 地球温暖化対策にあたり複数の国が技術、ノウハウ、資金を持ち寄...
CDM
CDMとは、Clean Development Mechanismの略。 日本語では、クリーン開発メカニズムと言われる。 京都議定書に盛り込まれた温室効果ガスの削減目標を達成するために導入された「柔軟...
循環型社会
循環型社会とは、環境への負荷を減らすため、自然界から採取する資源をできるだけ少なくし、それを有効に使うことによって、廃棄されるものを最小限におさえる社会のこと。 循環型社会を...
シルクパウダー
シルクパウダーとは、カイコの絹繊維を構成している繊維状タンパクの粉末。 アミノ酸組成が人間の皮膚や毛髪を構成するアミノ酸組成比と類似しているので、皮膚や毛髪に対して高い親和性...
省エネ法
省エネ法とは、燃料資源の有効な利用を目的として、第2次石油危機後の79年に制定された法律。正式には、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」という。省エネ法 は、工場、建築物、機械器具...
循環型社会形成推進基本法
循環型社会形成推進基本法とは、廃棄物・リサイクル対策で環境基本法の示す理念の実現に寄与することを目的として制定された法律。2000年6月2日公布・施行。 循環型社会形成推進基本法の...
持続可能性
持続可能性とは、サステナビリティと同義語。 企業に於ける持続可能性(サステナビリティ)とは、環境問題などに対する取り組みに加え、取引関係や雇用などの経済的側面、従業員に対する...
シェーブルチーズ
シェーブルチーズとは、山羊の乳で作られたタイプのナチュラルチーズ。 「シェーブル」というのはフランス語で「山羊」のこと。 山羊の乳を搾るのは2月中旬から...
白カビチーズ
白カビチーズとは、表面に植え付けた白カビによって、表面から中心に向けて熟成させるナチュラルチーズ。 白カビチーズの内部はクリーム色で、熟成が...
植物性グリセリン
植物性グリセリン植物油脂より石けんまたは脂肪酸を製造する際の副生物を精製したもので、無色無臭、シロップ状の甘味のある粘性液体。 水分を吸収する性質があり、保湿効果を目的に多く...
シェリー・アンダーソン氏
シェリー・アンダーソン氏は、米国の心理学者。 社会学者ポール・レイと共にLohas(Lifestyles Of Health And Sustainability の頭文字をつないだ造語)を提唱した。ロハス(Lohas)とは...
シアバター
シアバターとは、中央アフリカに広く分布するシアの種子から得られる脂肪。 脂肪酸と栄養分を豊富に含み、肌をソフトに保つ。 日焼けを保護するともいわれている。 アフリカ...
白ざら糖
白ざら糖(しろざらとう)は、結晶がグラニュー糖より大きく、無色透明で光沢のある砂糖。 一般的に家庭で使われることは少なく、高級菓子やゼリー、果実酒などに多く使われている。 ...
上白糖
上白糖(じょうはくとう)とは、結晶が細かく、しっとりとしたソフトな風味の砂糖で、料理、お菓子、飲み物など何にでも合う万能タイプの砂糖の一種。 日本で使用されている砂糖のうち約...
CSR担当大臣
CSR担当大臣とは、2001年に英国(イギリス)で世界で初めて設置された大臣。 2002年には、フランスでも設置された。日本では未設置。 CSR大臣は、CSRを普及させるカタリスト(触媒...
島へ。(雑誌)
雑誌『島へ。』とは、スローフード・スローライフあふれる「島時間の過ごし方」を紹介。 海風舎が発刊。 ・島旅ガイド情報 ・島のお嫁さん募集 ・島の求人情報 など<b...
自休自足
自休自足とは、田舎での自給自足の生活を行うことを応援する雑誌。 第一プログレスが発刊。 ・スローライフ・イズ・ビューティフル ・庭を森にした人 ・保存版!田舎移...
舌出しダイエット
舌出しダイエットとは、顔を上に向けて数秒間舌を出すことで、二重アゴが解消して小顔になるというダイエット方法。 アゴの根元はちょうど舌の根元とつながっているので、上を向いて舌を...
焼酎ダイエット
焼酎ダイエットとは、ビールや日本酒を飲むよりも、適量の本格焼酎を飲むことで血液がサラサラになり、全身の細胞が活性化して老化を防止しカロリーも抑えられるというダイエット方法。 <p...
時間差ダイエット
時間差ダイエットとは、一日に食べる量は同じなのに、食べる順番やタイミングを変えたりして少しだけ生活習慣を変化させるだけでダイエット効果が出るという方法。 時間差ダイエットは...
塩もみダイエット
塩もみダイエットとは、からだの気になる部分に塩をもみこみがらマッサージすることにより、発汗作用を高め、新陳代謝をよくして痩せるというダイエット方法。塩もみダイエットには、脂肪燃焼効...
シリアルダイエット
シリアルダイエットとは、栄養バランスに優れていて低カロリーのシリアルを食事の代わりに摂ることで、食事量もカロリーも減り、カラダに必要な栄養もしっかり摂れるというダイエット方法。...
ジャスミン茶
ジャスミン茶は、釜入りした緑茶に、ジャスミンの新鮮な花の香りをつけたお茶のこと。 中国では花茶と呼び、中でもジャスミン茶は北京など中国北部を中心に日常的に飲まれている。 ...
シェードツリーコーヒー
シェードツリーコーヒーは、森林で覆われた土地で、多様な生態系の保全や渡り鳥の保護に配慮して生産されているコーヒーのこと。
ジャワ
ジャワ (Java) とは、インドネシア、ジャワ島原産の茶葉。 飲みやすい紅茶で、強くて若い爽やかな香りと、さっぱりとした口当たりのよさが特長。香りやコクはやや弱め。 【淹れ...
シッキム
シッキムとは、ネパールとの国境地帯、シッキムが原産の茶葉。 シッキムは生産量が少なく良質なお茶を生産するため、価格は高め。 シッキムはダージリンと同じ花の香りだが、さらに...
シティロースト
シティローストとは、コーヒーの焙煎度合いのひとつで、深炒の状態をいう。 焙煎後の色は、鮮やかなコーヒーブラウン。 最も標準的な炒り方で、喫茶店や家庭で普通に味わっている深...
シナモンロースト
シナモンローストとは、コーヒーの焙煎方法のひとつで、浅炒の状態をいう。 焙煎後の色は、シナモン色。 ごく浅い炒り方なので、強い酸味とこうばしい香りが楽しめ、ブラックコーヒ...
メリディア
メリディアとは、国内未承認の肥満治療薬である。高い肥満治療効果があるが、副作用も大きく、個人での判断による服用は避けるべき。 メリディアは、ダイエット薬として注目を集めている...
しめじ
しめじには、ビタミンD、ビタミンB2、食物繊維などの栄養成分が含まれる。 食物繊維が豊富に含まれ、便秘解消に働きかける他、血圧や血中のコレステロールを下げ、高血圧や動脈硬化の...
干ししいたけ
干ししいたけ(干し椎茸)には、ビタミンD、ビタミンB群、食物繊維などの栄養素成分が含まれる食材。 <干ししいたけの特徴> 生しいたけに...
しいたけ
しいたけ(椎茸)には、ビタミンD、ビタミンB群、食物繊維などの栄養素成分が含まれる。 食物繊維が多く含まれ、便秘の解消の他、血圧や血中のコレステロールを下げ、高血圧や動脈硬...
脂肪肝
脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたまった状態で、肝臓の肥満症のことを指す。 脂肪肝は肝臓の脂肪率が高いことを指し、フォアグラと同じ状態である。人間の場合は危険な状態であるので対処...
しょうが紅茶
しょうが紅茶とは、紅茶にしょうがを入れたもので、新陳代謝を高めてくれる健康茶である。ジンジャーティーともいう。 しょうが紅茶は、紅茶にしょうがの絞り汁やすりおろしたものを入れ...
シェイプアップスパ
シェイプアップスパとは、トウガラシエキス、グレープフルーツエキスほか、発汗性ハーブを数種類に海塩をいれた入浴剤。大量の発汗を促すと共にエネルギーを消費するといわれている。2週間でフ...
しじみ
しじみ(蜆)には、たんぱく質、鉄、ビタミンB2、ビタミンB12、カルシウムなどの栄養成分が含まれる。 たんぱく質については、量は少ないながらも卵や牛肉に匹敵するくらいの良質なもの...
シリコンバレー事件
シリコンバレー事件とは、1980年、アメリカのカルフォルニア州で先天異常の子供が多いことが発覚した事件。 半導体工場の有機塩素系溶剤が貯蔵用地下タンクから漏れ、住民の飲料水用の井...
食物連鎖
食物連鎖とは、ある地域に住む動物の間には、AがBに食われ、BがCに食われるという一連の関係性があることをいう。 例えば、植物プランクトン⇒動物プランクトン⇒小魚⇒大型魚⇒人間など...
循環型社会形成推進基本法
循環型社会形成推進基本法とは、社会を循環型にしていくための基本的な認識/方針/考え方を示し、国民/事業者/国が適切な役割分担をするべきであることが述べられたもの。2000年に制定。<br ...
資源有効利用促進法
資源有効利用促進法とは、1991年に制定された「再生資源利用促進法」を2000年に改正したもの。 使用済み物品等や副産物の発生抑制、事業者による廃製品の回収・リサイクルの強化、回収し...
資源生産性
資源生産性とは、資源投入に対して得られる財・サービスの生産量で表したもの。少ない資源をより有効に活用し、より高い効果を生み出した割合。エコ効率と同じ概念。
GRI
GRIとは、Global Reporting Initiativeの略。 持続可能性報告の国際的なガイドラインを策定する目的で、1997年に設立された組織。環境NGOのセリーズが、UNEPに呼びかけて設立した。企業、...
ショ糖エステル
ショ糖エステルとは、油脂から得られる脂肪酸と砂糖を反応させて製造される乳化剤のひとつ。 <ショ糖エステルの特徴> 親水性と親油性のバランスの幅が他の乳...
ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステルとは、油脂から得られる脂肪酸と砂糖を反応させて製造される乳化剤のひとつ。 ショ糖脂肪酸エステルには、親水性と親油性のバランスの幅が他の乳化...
食品添加物
食品添加物とは、食品衛生法第4条第2項では、「食品の製造の過程において又は加工若しくは保存の目的で、食品に添加、混和、浸潤その他の方法によって使用するものをいう。」と定義されている。...
しょうが(生姜)
しょうが(生姜)には、カリウム、カルシウムなどの栄養素が含まれている。 栄養的には目立つものはないが、ジンゲロンとショウガオールという辛味成分を含む生...
CSR
CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略。 日本語では、企業の社会的責任と訳される。 CSRでは、広い意味で社会的責任を位置付けている。 企業は事業活動を行なう中...
GRIサステナビリティガイドライ...
GRIサステナビリティガイドラインとは、持続可能な社会の実現ために組織が発行する報告書の 世界的な作成基準として作成されたガイドライン。 報告書の質、厳密さ、利便性の向上な...
じゃがいも
じゃがいもには、ビタミンC、カリウムなどが豊富に含まれている。 でんぷんに守られているため、加熱をしても他の野菜に比べビタミンCが壊れにくいのが特徴。またカリウムを非常に多く...
春菊(シュンギク)
春菊(シュンギク)には、葉緑素、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンK、 カルシウム、鉄分などが含まれる。ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンCは、特...
しそ(紫蘇・シソ)
しそ(紫蘇・シソ)には、青じそと赤じそがある。 大葉と呼ばれる緑色の青じそのほうがビタミンなどの栄養素を多く含んでいる。<b...
ししとう
ししとうとは、唐辛子の甘味種。 成熟すると赤くかたくなるが、普段食べているのは熟していないもの。 ししとうは、免疫機能を高め、疲労を回復させるはたらき...
脂質
脂質とは、たんぱく質や糖質に比べて、少量で大きなエネルギーになる非常に効率のよいエネルギー補充栄養素である。またホルモンや細胞膜、角膜などの構成成分となるほか、ビタミンA、ビタミン...
食物繊維
食物繊維とは、糖分の吸収速度をゆるやかにし、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれるたり、血液中のコレステロール値を減少させて、動脈硬化症や胆石症を予防する働きのある栄養素。また、発...
白醤油
白醤油とは、江戸末期から明治のころに愛知県碧南地方で誕生。薄口よりさらに淡いこはく色が特徴。100ml中に含まれる塩分は15?17%。主原料は脱皮、精白した小麦。淡白な味の中に甘味...
醤油
醤油とは、大豆と小麦を塩水につけて発酵させたものの上澄み。原料の大豆の多くは輸入に頼っており、遺伝子組み換え大豆が使われている可能性は否定できない。遺伝子組み換え作物を使用した場合...
賞味期限
賞味期限とは、製造後6日以上もつ食品に表示される。これらの食品は殺菌されているので長い間もつ。 ただ、美味しさはだんだんと落ちていくため、賞味期限はおいしく食べられる期間とい...
消費期限
消費期限とは、腐りやすい食品に表示され、これらの食品は完全には殺菌おらず、製造後5日以内に消費する必要があるものに表示される。 この期限を越えると食中毒の危険があるため必ず守...
自主採種
自主採種とは、自分の畑で栽培した種子を採り、その種子でまた野菜を栽培する。この方法を繰り返すことによって、その土地にあった作物を栽培できる。
食塩
食塩とは、大量生産と純度の高さから「化学塩」とも呼ばれるが、塩を化学合成しているわけではなくイオン交換膜法のによって海水を濃縮している。 ナトリウムの量が99.9%と純粋に近...
JAS法
JAS法とは、食料品などについての規格や表示のルールを定めることにより、消費者が正しい情報を得て安心して商品を購入できるようにするとともに、良い商品を消費者に届けようとする生産者の...
新式醸造
新式醸造とは、醤油の製造方法の一つで、アミノ酸液(化学的にたんぱく質を分解させたもの)を発酵させて本醸造で作ったもろみを加えて醤油を作る製法。 アミノ酸液を加えることにより、...
新米
新米とは、食糧管理制度で定められている、収穫年の11月1日から一年間有効な表記。 翌年11月からは古米、翌々年からは古々米となる。

>>トップページへ戻る