会員登録する(無料)



カテゴリ一覧

索引 R

RNA
RNAには、「遺伝情報を伝達しタンパク質合成の鋳型となるアダプター分子」であるメッセンジャーRNA(mRNA)と「タンパク質合成の介在をするアダプター分子」であるトランスファーRNA(tRNA)がある...
レッドデータブック
レッドデータブックとは、「全世界の絶滅のおそれのある動植物のリスト」。 レッドデータブックは、国際自然保護連合(IUCN)によって1966年から発行。 <<stro...
リターナブル・ビン
リターナブル・ビンとは、ビールやお酒、ソフトドリンクなどの容器で、飲み終わった後に回収・再利用されるビン。 <リターナブル・ビンの特徴> リサイクルの...
リスクヘッジ
リスクヘッジとは、起こりうるリスクの程度を定性的かつ定量的に予測して、リスクに対応できる体制を取って備えること。 リスクヘッジは、商品先物取引で使われた用語。...
リスクコミュニケーション
リスクコミュニケーションとは、化学物質や環境汚染などにより人類や生態系が受ける影響(リスク)について、企業や地域住民、消費者、行政などが意見交換・対話を通じて相互理解を深め、適切な...
リサイクルマーク
リサイクルマークとは、消費者がその製品がリサイクルできるかどうかを判別するために設けられたマーク。 <リサイクルマークの例> リサイクルマーク</s...
リサイクルポート
リサイクルポートとは、広域的な静脈(リサイクル)物流ネットワークの拠点となる港湾のこと。 総合静脈物流拠点港と呼ばれる。 <リサイクルポートへの取り組...
リサイクル製品認定制度
リサイクル製品認定制度とは、リサイクル製品を都道府県が認定し、県や市町村が率先して利用しながら、リサイクルの推進を図っていく制度。 <リサイクル製品認定制度...
リサイクル券
リサイクル券とは、リサイクル料金を支払ったことを証明するために発行される書面のこと。 家電や自動車をリサイクルするとき、ユーザーは家電リサイクル法や自動車リサイクル法で決めら...
ローズヒップ
ローズヒップとは、南米、チリのアンデス山脈の麓に群生している野いばら(野ばら)は、毎年5弁のうすピンクの可憐な花を咲かせ、やがて真っ赤な実を稔らせます。 ちなみに、、...
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーとは、働き蜂が極微量分泌する乳白色クリーム状の物質です。女王蜂の餌として与えられるため、「王乳」又は「女王蜂のミルク」と呼ばれています。 ローヤルゼリー<...
レスポンシブルケア
レスポンシブルケアとは、化学物質を製造したり、取り扱う企業が、化学物質の開発から製造、流通、使用、消費、廃棄までの全ライフサイクルに渡って環境や健康、安全面の対策を行い、改善をし、...
リスクマネジメント
リスクマネジメントとは、企業経営には様々なリスクを管理すること。 日本語では、危機管理ともいう <リスクマネジメントの対象となるリスク...
レピュテーション
レピュテーションとは、企業に対して世間や人々が抱く印象の総体を指す言葉。 日本語では、「評判」と訳されている。 不祥事の発生などによって、企業のレピュテーション</...
リサイクル法
リサイクル法とは、リサイクルの促進により廃棄物の量を減らして、資源の有効活用を図る法律のこと。分別回収がしやすいように材質を表示する、廃棄物を再資源化する、副産物の利用を促す、など...
RNA
RNAとは、天然の酵母からとれ、ビタミンEの400倍も強力な抗酸化作用を持つ成分。 肌に吸収されやすく、他の抗酸化ビタミンのビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなどの抗酸化作用を...
リユース
リユースとは、必要なくなった製品などを捨てるのではなく、洗浄したり修理したりして再利用する活動を指す。ビールやジュースなどのビンを回収し再利用する「リターナルビン」などが代表的な例...
リデュース
リデュースとは、リユース、リサイクルをする前にごみの量そのものを減らす活動を指す。ごみの発生抑制とも言う。企業としては、原材料の再利用を繰り返すことにより材料の使用量を減らす、生産...
リサイクル
リサイクルとは、資源や廃棄物の再利用・再資源化する活動を指す 新聞紙や牛乳パックなどの古紙から再生紙をつくったり、生ごみから堆肥をつくったりして、資源や廃棄物を再利用・再資源化する...

>>トップページへ戻る