きのまま オフィシャルサポーター

株式会社トーシンパートナーズ

株式会社トーシンパートナーズのロゴ

トーシンパートナーズはお客様と共存共栄がモットーです。

会社情報

会社名 株式会社トーシンパートナーズ
事業内容 マンションの企画・開発・販売
不動産の売買・仲介事業
不動産の賃貸事業
設立 平成元年2月18日
代表者 代表取締役社長 吉田 隆也 
住所 〒180-0004 
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
社員数 グループ全体:230名 (うち株式会社トーシンパートナーズ188名/株式会社トーシンコミュニティー42名)
サイトhttp://www.tohshin.co.jp/

環境宣言

株式会社トーシンパートナーズのサイトキャプ
  • 1、CO2削減につながる活動を応援する
  • 2、節水節電をこまめに行う
  • 3、省エネ商品を積極的に購入する事を心がける
  • 4、ごみ(廃棄物)の分別を行い、再利用を心がける
  • 5、自社サービス・商品はできるだけ環境に意識して積極的に行う

広報インタビュー

  • Q1.御社のサービスについて教えてください。
  • A.トーシンパートナーズでは、マンション経営に安心なバックアップ体制を備えています。
     オーナー様の手を煩わせないTOSシステムという管理代行システム、または借り上げシステムの二つのマネージメントタイプがあります。
     また、建物の価値を維持させるメンテナンスも各種設備管理や点検、修繕、清掃などの管理も行います。
     マンションの管理組合設立や運営のサポートをすることで、居住者様の満足感を高めます。
     これにより、オーナー様にご満足いただけるマンション経営を行っていただけるのです。
  • Q2.御社の強みは?
  • A.建物そのものの魅力を維持することで、業界トップ水準の入居率を誇ります。
     TOSシステムによって入居者の満足感を得られ、居心地のいい住環境を維持します。
     2013年は管理委託数が8800戸超に対して、入居率は98%以上でした。
     2012年も同様98%以下になった月はありません。
     賃貸情報雑誌やネット広告などへのアプローチや、入退去者へのケアを徹底するので、入居率が高い数字をマークするのです。
     オーナー様にとっては何より満足のいく内容となります。
  • Q3.地球環境についてどのような問題意識を持っていますか?
  • A.不動産を扱う企業として地球環境を守るマインドを大事にしています。
     具体的には「木づかい運動」として暮らしにどんどん国産間伐材を使用することで、日本の森を保全するエコ活動です。
     間伐材プランターは国産ヒノキ100%でできています。
     間伐材を利用することは、日本の森の成長を守ることであり、制作費の一部は日本木材総合センターに寄付しています。
     森を育てることは、CO2の排出を止め、地球温暖化を防止する役割を持ちます。
  • Q4.地球グリーン化プロジェクトにご参加頂いた理由をお聞かせください。
  • A.当社の経営理念は、グループ一丸となり、当社を取り巻く人々と「共存共栄」していくことです。
     人間と自然もまた、共存共栄してこそ、よりよい環境が生まれるのではないでしょうか。
     そして、よりよい環境を提供することが、不動産業を営む当社の役目です。
     その思いから、地球グリーン化プロジェクトに賛同し参加させて頂きました。 
  • Q5.最後に、今後の目標を聞かせてください。
  • A.これからの企業は、社会への貢献も重要な活動です。
     当社も高齢者施設でのボランティアや障碍者スポーツ大会への協賛、日本赤十字協会東京支部へのAED寄贈、
     年間2回社内での献血活動、道路清掃活動などで、社会に役立つよう様々な試みを行っています。
     こうして色んな社会に触れ合うことで様々な社会のニーズに接し、さらに当社の事業が社会に貢献するように努力しています。
     お客様と共存共栄するために、今後も活動していきます。

編集者コメント

これだけの社会活動をなさっているのは、企業として素晴らしいものだと思います。
それだけいろんな面から人の暮らしを見つめることで、事業そのものにも生かされているのだなと納得しました。
共存共栄というモットーも、このような実際の取り組み・方針から生まれるんですね。

>>トップページへ戻る